527件中 71 - 80件表示
  • 一酸化炭素デヒドロゲナーゼ (シトクロムb-561)

    一酸化炭素デヒドロゲナーゼ (シトクロムb-561)から見た一酸化炭素一酸化炭素

    反応式の通り、この酵素の基質は一酸化炭素と水とフェリシトクロムb-561、生成物は二酸化炭素とH+とフェロシトクロムb-561である。一酸化炭素デヒドロゲナーゼ (シトクロムb-561) フレッシュアイペディアより)

  • 低酸素症

    低酸素症から見た一酸化炭素中毒一酸化炭素

    肺胞換気不全などによる呼吸の障害、一酸化炭素中毒などによる血液の酸素運搬量の減少、シアン化合物中毒などによる組織自体が代謝できない場合などによるさまざまな原因が挙げられる。低酸素症 フレッシュアイペディアより)

  • 二塩化ポロニウム

    二塩化ポロニウムから見た一酸化炭素一酸化炭素

    PoCl2 は、金属ポロニウムのハロゲン化あるいは四塩化ポロニウム PoCl4 の脱ハロゲン化によって得られる。PoCl4 を脱ハロゲン化するには、少し湿らせた PoCl4 を二酸化硫黄によって300 で還元するか、熱した PoCl4 を一酸化炭素または硫化水素気流中150 で還元する方法がある。二塩化ポロニウム フレッシュアイペディアより)

  • 二元化合物

    二元化合物から見た一酸化炭素一酸化炭素

    二元化合物(にげんかごうぶつ、)とは、全く異なる2種類の元素を含む化合物である。共有結合性二元化合物には、水 (H2O)、一酸化炭素 (CO)、六フッ化硫黄 (SF6) などがある。イオン結合性二元化合物には、塩化カルシウム (CaCl2)、フッ化ナトリウム (NaF)、酸化マグネシウム (MgO) などがある。二元化合物 フレッシュアイペディアより)

  • ガス漏れ

    ガス漏れから見た一酸化炭素一酸化炭素

    また、2010年3月25日、四国ガスが13Aに全面転換されて日本国内から一酸化炭素を含む一般熱機器用ガスは根絶されている。つまり、家庭のガスが部屋内に充満しても毒性により死ぬ事はなく、自殺も不可能である(爆発の危険性はある)。ガス漏れ フレッシュアイペディアより)

  • 臭化カルボニル

    臭化カルボニルから見た一酸化炭素一酸化炭素

    四臭化炭素に硫酸を加えることにより生成される。低温の状況下でも一酸化炭素と臭素とに分解する。臭化カルボニル フレッシュアイペディアより)

  • ガス工場

    ガス工場から見た一酸化炭素一酸化炭素

    石炭ガスの工場では、石炭をコークス炉と呼ばれる炉に投入し高温で乾留する。約300度前後から石炭は軟化溶融し始め、二酸化炭素、一酸化炭素、水素、メタンなどのガス類に水蒸気、コールタールやベンゾールなどが発生し、最後にコークスが残る。高温乾留の場合、ガスが20 - 24パーセント、タールが4 - 5パーセント、ベンゾールが約1パーセント、コークスが60 - 70パーセント程度得られる。コークス炉から取り出されたガスは冷却され、水の中を通すことでコールタールやアンモニアなどが除かれる。さらに含まれている硫黄分などを除くために触媒の中を通して、最終的なガスが得られる。ガス工場 フレッシュアイペディアより)

  • シクロペンタンペントン

    シクロペンタンペントンから見た一酸化炭素一酸化炭素

    シクロペンタンペントン()は、化学式C5O5で表される化合物である。ロイコン酸とも呼ばれる。シクロペンタンの各位がケトン基に置き換わったもので、一酸化炭素の五量体である。シクロペンタンペントン フレッシュアイペディアより)

  • 大気汚染注意報

    大気汚染注意報から見た一酸化炭素一酸化炭素

    大気汚染注意報(たいきおせんちゅういほう)とは、大気中の大気汚染物質の濃度が増加して一定のレベルに達した場合に、都道府県が発令する情報。光化学オキシダント濃度の増加時(光化学スモッグの発生時)に発表される光化学スモッグ警報(こうかがく-けいほう)や光化学スモッグ注意報(こうかがく-ちゅういほう)などもこの1種。光化学オキシダントのほか、硫黄酸化物、二酸化窒素、一酸化炭素、浮遊粒子状物質(SPM)の合計5種が対象。大気汚染注意報 フレッシュアイペディアより)

  • オーラ (人工衛星)

    オーラ (人工衛星)から見た一酸化炭素一酸化炭素

    TES ? 赤外線波長で対流圏オゾンや一酸化炭素、メタン、窒素酸化物を測定する。オーラ (人工衛星) フレッシュアイペディアより)

527件中 71 - 80件表示

「一酸化炭素中毒」のニューストピックワード