485件中 71 - 80件表示
  • マススペクトル

    マススペクトルから見た一酸化炭素一酸化炭素

    質量分析計がどれだけ近い m/z 値を持つ2つのピークを十分に分離できるか、ということを示す値に分解能 R がある。R が大きいほど小さな質量差のピークを分離して検出することができる。高分解能の装置を用いれば、一酸化炭素(CO、質量27.9949)、窒素分子(N2、質量28.0061)、エチレン(C2H4、分子量28.0313)も別個の質量を持った分子として観測できる。小数点以下4桁以上の精度で得られたマススペクトルは高分解能質量分析スペクトル(HRMS、ハイマス、ミリマス)と呼ばれ、化合物の同定に用いられる。マススペクトル フレッシュアイペディアより)

  • 大気汚染注意報

    大気汚染注意報から見た一酸化炭素一酸化炭素

    大気汚染注意報(たいきおせんちゅういほう)とは、大気中の大気汚染物質の濃度が増加して一定のレベルに達した場合に、都道府県が発令する情報。光化学オキシダント濃度の増加時(光化学スモッグの発生時)に発表される光化学スモッグ警報(こうかがく-けいほう)や光化学スモッグ注意報(こうかがく-ちゅういほう)などもこの1種。光化学オキシダントのほか、硫黄酸化物、二酸化窒素、一酸化炭素、浮遊粒子状物質(SPM)の合計5種が対象。大気汚染注意報 フレッシュアイペディアより)

  • 炭鉱災害による一酸化炭素中毒症に関する特別措置法

    炭鉱災害による一酸化炭素中毒症に関する特別措置法から見た一酸化炭素一酸化炭素

    炭鉱災害による一酸化炭素中毒症に関する臨時措置法(たんこうさいがいによるいっさんかたんそちゅうどくしょうにかんするりんじそちほう)は、炭鉱災害による一酸化炭素中毒症に関し、一酸化炭素中毒症にかかつた労働者に対して特別の保護措置を講ずること等により、労働者の福祉の増進に寄与することを目的として制定された法律である。炭鉱災害による一酸化炭素中毒症に関する特別措置法 フレッシュアイペディアより)

  • p-トルアルデヒド

    p-トルアルデヒドから見た一酸化炭素一酸化炭素

    p-トルアルデヒド (p-tolualdehyde) もしくは 4-メチルベンズアルデヒド (4-methylbenzaldehyde) は、単純な芳香族アルデヒドの一つ。市販されているが、ガッターマン・コッホ反応によりトルエン、一酸化炭素、塩酸から合成できる。p-トルアルデヒド フレッシュアイペディアより)

  • 焼死

    焼死から見た一酸化炭素中毒一酸化炭素

    焼死(しょうし)とは事故や火事などで焼け死ぬことをいう。広義には、一酸化炭素中毒や煙等によって窒息死したのち死体が焼けてしまうことも焼死といわれる。焼死 フレッシュアイペディアより)

  • ヘキサカルボニルクロム

    ヘキサカルボニルクロムから見た一酸化炭素一酸化炭素

    テトラヒドロフラン (THF) 溶液中の Cr(CO)6 を加熱するか光分解すると、CO 配位子を1つ失って Cr(CO)5(THF) となる。同様に芳香族溶液中の Cr(CO)6 を加熱すると、3つの CO 配位子の置換が起こる。ヘキサカルボニルクロム フレッシュアイペディアより)

  • 二次空気導入装置

    二次空気導入装置から見た一酸化炭素一酸化炭素

    これ以降の二次空気導入装置は、場合によっては二系統の噴射位置の切り替えを行うようになった。初期の二次空気導入装置に見られた燃焼室にほど近い元々の空気噴射位置はアップストリーム側と呼ばれるようになり、暖機運転中などエンジンが冷えている際にキャブレターのチョーク機構や、燃料噴射装置の冷間増量の作動により発生する濃い排気ガスを速やかに浄化させるため、この位置で空気を噴射することで排ガスの再燃焼させると共に、再燃焼の熱で触媒コンバータを作動温度(:en:Operating temperature)に出来るだけ早く到達させる効果を発揮した。エンジンが暖まると空気噴射位置は燃焼室からやや離れた位置の触媒内部または触媒後方の排気管内などのダウンストリーム側と呼ばれる箇所に切り替わり、触媒コンバータで処理しきれなかった炭化水素(HC)や一酸化炭素(CO)の浄化を補助することになる。二次空気導入装置 フレッシュアイペディアより)

  • ヘムエリスリン

    ヘムエリスリンから見た一酸化炭素一酸化炭素

    一酸化炭素へのヘムエリスリンの親和性は、ヘモグロビンと異なりとても小さく、ヘムエリスリンを持つ生物は一酸化炭素に対して抵抗性がある。これはヘムエリスリンの結合の仕方によるもので、一酸化炭素との結合状態が安定でないためである。ヘムエリスリン フレッシュアイペディアより)

  • エルンスト・フィッシャー

    エルンスト・フィッシャーから見た一酸化炭素一酸化炭素

    無機化学科の教授ヴァルター・ヒーバー (Walter Hieber) の助手となり、学位論文「亜ジチオン酸塩およびスルホキシル酸塩存在下での一酸化炭素とニッケル(II) 塩の反応機構」を作成した。1952年に博士号を取得し、遷移金属と有機金属化学の研究を続け、教授資格審査論文「シクロペンタジエンとインデンの金属錯体」を書いた。1955年にミュンヘン工科大学の講師に着任し、1957年にミュンヘン大学の准教授に昇進、1959年には教授となった。エルンスト・フィッシャー フレッシュアイペディアより)

  • ゲルシュタイン報告

    ゲルシュタイン報告から見た一酸化炭素一酸化炭素

    ゲルシュタインは1930年代の反ナチ運動で活躍した。彼は何度か逮捕され、1938年にはヴェルツァイム(Welzeim)強制収容所に投獄された。だが1941年には父親の助力により衛生学の専門家として武装親衛隊に入隊が許された。彼には青酸を含むさまざまな殺虫剤を使用する技能があった。青酸はホロコーストのガス室に使用されたチクロンBの有効成分である。ゲルシュタインは1942年にベウジェツ強制収容所で行われていた、ディーゼル発電機から発生する一酸化炭素を使った初期の絶滅行為に立ち会っている。彼はこの作業に深く関わることとなり、実際に、絶滅収容所に配送されたガスの受取書の多くに彼の名前が見られる。一方そのころ、彼は中立国や連合国にホロコーストについて知らせようとしている。しかし彼の報告はほとんどの国で信用されなかった。ゲルシュタイン報告 フレッシュアイペディアより)

485件中 71 - 80件表示

「一酸化炭素中毒」のニューストピックワード