527件中 81 - 90件表示
  • カルボニル基

    カルボニル基から見た一酸化炭素一酸化炭素

    一酸化炭素が配位子として金属上に結合しているとき、カルボニルと呼ばれる。カルボニル基 フレッシュアイペディアより)

  • 硫黄回収装置

    硫黄回収装置から見た一酸化炭素一酸化炭素

    硫黄回収装置で処理した後のガスをテールガスという。これは硫化水素、水素、一酸化炭素などを含んでいるので、燃焼炉での燃焼処理するかテールガス処理装置で脱硫処理してから排ガスとして大気放出する。硫黄回収装置 フレッシュアイペディアより)

  • 溶融塩電解

    溶融塩電解から見た一酸化炭素一酸化炭素

    アルミニウムは世界的にホール・エルー法(Hall-Héroult process)により精錬されている。氷晶石とフッ化ナトリウムを電気炉で1,010で融解させ、これに原料のアルミナを溶解し、黒鉛電極で電気分解を行う。分解されたアルミニウム(液体)は陰極に溜まり、酸素は陽極の黒鉛と反応して二酸化炭素となり、さらに反応して一酸化炭素となる。溶融塩電解 フレッシュアイペディアより)

  • 炭鉱災害による一酸化炭素中毒症に関する特別措置法

    炭鉱災害による一酸化炭素中毒症に関する特別措置法から見た一酸化炭素一酸化炭素

    炭鉱災害による一酸化炭素中毒症に関する臨時措置法(たんこうさいがいによるいっさんかたんそちゅうどくしょうにかんするりんじそちほう)は、炭鉱災害による一酸化炭素中毒症に関し、一酸化炭素中毒症にかかつた労働者に対して特別の保護措置を講ずること等により、労働者の福祉の増進に寄与することを目的として制定された法律である。炭鉱災害による一酸化炭素中毒症に関する特別措置法 フレッシュアイペディアより)

  • 1968年の日本の女性史

    1968年の日本の女性史から見た一酸化炭素中毒一酸化炭素

    11月9日-12月27日 三井三池労組一酸化炭素中毒患者と主婦60人、会社側の遺族補償打ち切りに抗議して坑内に座り込み、翌年2月まで継続1968年の日本の女性史 フレッシュアイペディアより)

  • モンサント法

    モンサント法から見た一酸化炭素一酸化炭素

    この触媒反応における活性種はcis-1−アニオンである。触媒サイクルは6段階になり、上図中央にあたるメタノールがヨウ化メチルに転換する反応とヨウ化アセチルの加水分解による酢酸の生成の2反応にはロジウム触媒は関与しない。まず始めに、cis-2−にヨウ化メチルが酸化的付加して八面体形分子構造の3−が生成する。このアニオンは配位子のCO挿入反応によって速やかにカルボニル基が生成され、5配位のアセチル錯体である4−が生成する。この5配位錯体は一酸化炭素と反応して6配位のジカルボニル錯体となり、還元的脱離によってアセチルヨウ素が遊離して再び活性種であるcis-5−に戻る。遊離したアセチルヨウ素は加水分解して酢酸およびヨウ化水素となり、ヨウ化水素はメタノールと反応して再びヨウ化メチルが生成される。モンサント法 フレッシュアイペディアより)

  • 木ノ俣用水

    木ノ俣用水から見た一酸化炭素一酸化炭素

    この時期の新木ノ俣用水では、那須野が原の農業史上類を見ないとも形容される大事故が起こっている。事故の発端は国営那須野が原開拓建設事業が開始される直前の1966年(昭和41年)6月末に発生した、台風4号(昭和41年台風第4号)による増水で、このとき新木ノ俣用水の上流部で大正時代に掘られた水路トンネル(木ノ俣隧道)内の土砂が40mに渡って崩壊し、農業上重要な時期に水田への供給が行えなくなるという事態が発生した。このとき用水路の水を必要とする地元住人60人前後を動員し、トンネル内の土砂を取り除く復旧作業が行われたのだが、その作業中の7月8日午後、照明のために持ち込まれたガソリンエンジン発電機から発生した排気ガスを原因として、トンネル内で一酸化炭素中毒事故が発生。現場が山中であったことや、気象条件の悪さも重なって救援も難航し、女性6人を含む25人の死者と多くの要治療者を出す惨事を引き起こした。この事故は全国で報道され国会でも取り上げられたほか、多くの救援が寄せられるなど、結果的には水不足と戦う農民の苦境を全国に知らしめ、また地元の結束を強める結果に繋がったとも言われ、これをきっかけとして国営那須野が原開拓建設事業の着工は予定よりも早められることになった。木ノ俣用水 フレッシュアイペディアより)

  • シントン

    シントンから見た一酸化炭素一酸化炭素

    C1シントン - 二酸化炭素、一酸化炭素、シアン化物シントン フレッシュアイペディアより)

  • Candidatus Desulforudis audaxviator

    Candidatus Desulforudis audaxviatorから見た一酸化炭素一酸化炭素

    流体中に含まれる一酸化炭素 (CO) 。Candidatus Desulforudis audaxviator フレッシュアイペディアより)

  • ボロキシン

    ボロキシンから見た一酸化炭素一酸化炭素

    1930年代に発見されたように、ボロキシンは対応するボロン酸の脱水縮合によって合成され、この脱水反応は脱水剤もしくは高圧下での加熱によって進行させることができる。また、一酸化炭素とジボランを水素化ホウ素リチウムを触媒として反応させトリメチルボロキシンを得るような合成法によってもボロキシンを合成することができる。ボロキシン フレッシュアイペディアより)

527件中 81 - 90件表示