前へ 1 2 3 4 5 6
55件中 1 - 10件表示
  • 一酸化炭素

    一酸化炭素から見た食品衛生法

    1980年代に入ると、日本のマグロ輸入量が急増。日本発の技術として一酸化炭素の処理方法は、輸出先の国々を中心に世界的に広まることとなった。こうした処理技術は消費者が判断する鮮度の基準を狂わせ、食中毒の原因にもなりかねないことから、1994年には、食品衛生法で禁止されることとなった。しかし、世界中に広まった技術を根絶することは難しく、未だに利用する海外の業者は多いとされる。現在でも輸入加工食品の一部で一酸化炭素処理が発覚する事例がしばしば発生する。一酸化炭素処理されたマグロは「COマグロ」と呼ばれることがある。一酸化炭素 フレッシュアイペディアより)

  • 一酸化炭素

    一酸化炭素から見た塩素

    アルケンに対しても、適切な触媒の作用でホルミル基 (−CHO) の付加を行うことができる。これをヒドロホルミル化、あるいはオキソ法とよび、各種アルデヒドの工業的な製法のひとつである。また、日光や触媒により塩素と反応させるとホスゲン(COCl、工業化学上重要な化合物、かつて毒ガスとして用いられていた)が得られる。一酸化炭素 フレッシュアイペディアより)

  • 一酸化炭素

    一酸化炭素から見たマグロ

    日本では古くから、カツオやマグロなどの鮮魚として出回る魚介を一酸化炭素処理すると、刺身にした際に発色が良くなり新鮮そうに見えることが広く知られていた。一酸化炭素 フレッシュアイペディアより)

  • 一酸化炭素

    一酸化炭素から見た食中毒

    1980年代に入ると、日本のマグロ輸入量が急増。日本発の技術として一酸化炭素の処理方法は、輸出先の国々を中心に世界的に広まることとなった。こうした処理技術は消費者が判断する鮮度の基準を狂わせ、食中毒の原因にもなりかねないことから、1994年には、食品衛生法で禁止されることとなった。しかし、世界中に広まった技術を根絶することは難しく、未だに利用する海外の業者は多いとされる。現在でも輸入加工食品の一部で一酸化炭素処理が発覚する事例がしばしば発生する。一酸化炭素処理されたマグロは「COマグロ」と呼ばれることがある。一酸化炭素 フレッシュアイペディアより)

  • 一酸化炭素

    一酸化炭素から見たホスゲン

    アルケンに対しても、適切な触媒の作用でホルミル基 (−CHO) の付加を行うことができる。これをヒドロホルミル化、あるいはオキソ法とよび、各種アルデヒドの工業的な製法のひとつである。また、日光や触媒により塩素と反応させるとホスゲン(COCl、工業化学上重要な化合物、かつて毒ガスとして用いられていた)が得られる。一酸化炭素 フレッシュアイペディアより)

  • 一酸化炭素

    一酸化炭素から見た消費者

    1980年代に入ると、日本のマグロ輸入量が急増。日本発の技術として一酸化炭素の処理方法は、輸出先の国々を中心に世界的に広まることとなった。こうした処理技術は消費者が判断する鮮度の基準を狂わせ、食中毒の原因にもなりかねないことから、1994年には、食品衛生法で禁止されることとなった。しかし、世界中に広まった技術を根絶することは難しく、未だに利用する海外の業者は多いとされる。現在でも輸入加工食品の一部で一酸化炭素処理が発覚する事例がしばしば発生する。一酸化炭素処理されたマグロは「COマグロ」と呼ばれることがある。一酸化炭素 フレッシュアイペディアより)

  • 一酸化炭素

    一酸化炭素から見た炭素

    一酸化炭素(いっさんかたんそ、carbon monoxide)は、炭素の酸化物の1種であり、常温・常圧で無色・無臭・可燃性の気体である。一酸化炭素中毒の原因となる。化学式は CO と表される。一酸化炭素 フレッシュアイペディアより)

  • 一酸化炭素

    一酸化炭素から見た酸化物

    一酸化炭素(いっさんかたんそ、carbon monoxide)は、炭素の酸化物の1種であり、常温・常圧で無色・無臭・可燃性の気体である。一酸化炭素中毒の原因となる。化学式は CO と表される。一酸化炭素 フレッシュアイペディアより)

  • 一酸化炭素

    一酸化炭素から見た酸素

    炭素や、それを含む有機物が燃焼すると二酸化炭素が発生するが、酸素の供給が不充分な環境で燃焼(不完全燃焼)が起こると一酸化炭素が発生する。さらに高温あるいは触媒存在下では C と CO とに分解(不均化)し、一酸化炭素自身も酸素の存在下で青い炎を上げて燃焼する。一酸化炭素 フレッシュアイペディアより)

  • 一酸化炭素

    一酸化炭素から見た不完全燃焼

    炭素や、それを含む有機物が燃焼すると二酸化炭素が発生するが、酸素の供給が不充分な環境で燃焼(不完全燃焼)が起こると一酸化炭素が発生する。さらに高温あるいは触媒存在下では C と CO とに分解(不均化)し、一酸化炭素自身も酸素の存在下で青い炎を上げて燃焼する。一酸化炭素 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6
55件中 1 - 10件表示