92件中 11 - 20件表示
  • 一酸化炭素

    一酸化炭素から見たホスゲン

    また、日光や触媒により塩素と反応させるとホスゲン(COCl2、工業化学上重要な化合物、かつて毒ガスとして用いられていた)が得られる。一酸化炭素 フレッシュアイペディアより)

  • 一酸化炭素

    一酸化炭素から見た消費者

    1980年代に入ると、日本のマグロ輸入量が急増。日本発の技術として一酸化炭素の処理方法は、輸出先の国々を中心に世界的に広まることとなった。こうした処理技術は消費者が判断する鮮度の基準を狂わせ、食中毒の原因にもなりかねないことから、1994年には、食品衛生法で禁止されることとなった。しかし、世界中に広まった技術は根絶やしすることは難しく、未だに利用する海外の業者は多いとされる。現在でも輸入加工食品の一部で一酸化炭素処理が発覚する事例がしばしば発生する。一酸化炭素処理されたマグロは「COマグロ」と呼ばれることがある。一酸化炭素 フレッシュアイペディアより)

  • 一酸化炭素

    一酸化炭素から見た喫煙

    なお、過去には都市ガスには一酸化炭素が含まれる石炭ガスが使われていたため、ガス漏れによる中毒事故が発生したが(2007年にも北見市で大規模なガス漏れによる死亡事故があった)、2010年3月25日に四国ガスが天然ガスへ転換したのを最後に、日本国内で供給される都市ガスは全域で一酸化炭素を含まないものとなり、ガス漏れによる一酸化炭素中毒は起こらなくなった。タバコの煙にも多量に含まれており、循環器系に多大な負担を及ぼす。一酸化炭素 フレッシュアイペディアより)

  • 一酸化炭素

    一酸化炭素から見た大気汚染

    このため、大気汚染に係る環境基準については「1時間値の1日平均値が 10 ppm 以下であり、かつ、8時間平均値が 20 ppm 以下であること」とされ、また、労働安全衛生法に基づく事務所衛生基準規則では、事務所の室内における濃度について 50 ppm 以下(空気調和設備または機械換気設備のある事務所では 10 ppm 以下)とするよう定められている。一酸化炭素 フレッシュアイペディアより)

  • 一酸化炭素

    一酸化炭素から見た四国ガス

    なお、過去には都市ガスには一酸化炭素が含まれる石炭ガスが使われていたため、ガス漏れによる中毒事故が発生したが(2007年にも北見市で大規模なガス漏れによる死亡事故があった)、2010年3月25日に四国ガスが天然ガスへ転換したのを最後に、日本国内で供給される都市ガスは全域で一酸化炭素を含まないものとなり、ガス漏れによる一酸化炭素中毒は起こらなくなった。タバコの煙にも多量に含まれており、循環器系に多大な負担を及ぼす。一酸化炭素 フレッシュアイペディアより)

  • 一酸化炭素

    一酸化炭素から見たパーキンソニズム

    一酸化炭素はヘモグロビンと強力に結びつくほか脂肪組織や脳細胞に蓄積される傾向があり、酸素吸入による洗い出しは数日から数十日を要することがある。また、脳細胞(特に大脳基底核)への直接的な障害作用もあるため、後遺症としてパーキンソニズム(大脳基底核の障害による)やしびれ(異常感覚)を来すことが多い。一酸化炭素 フレッシュアイペディアより)

  • 一酸化炭素

    一酸化炭素から見た酸素

    炭素や、それを含む有機物が燃焼すると二酸化炭素が発生するが、酸素の不十分な環境で燃焼(不完全燃焼)が起こると一酸化炭素が発生する。さらに高温あるいは触媒存在下では C と CO2 とに分解(不均化)するし、一酸化炭素自身も酸素の存在下で燃焼する。一酸化炭素 フレッシュアイペディアより)

  • 一酸化炭素

    一酸化炭素から見た不完全燃焼

    炭素や、それを含む有機物が燃焼すると二酸化炭素が発生するが、酸素の不十分な環境で燃焼(不完全燃焼)が起こると一酸化炭素が発生する。さらに高温あるいは触媒存在下では C と CO2 とに分解(不均化)するし、一酸化炭素自身も酸素の存在下で燃焼する。一酸化炭素 フレッシュアイペディアより)

  • 一酸化炭素

    一酸化炭素から見た結合解離エネルギー

    この分子は様々な点で窒素分子(N2)に似ている。分子量28.0で窒素分子とほぼ同じ。結合長は112.8 pmに対して窒素は109.8 pm。三重結合性を帯びるところも同じである。結合解離エネルギーは1072 kJ/molで窒素の942 kJ/molに近いがそれより強く、知られている最強の化学結合の一つである。これらの理由から、融点(68 K)・沸点(81 K)も窒素の融点(63 K)・沸点(77 K)と近くなっている。一酸化炭素 フレッシュアイペディアより)

  • 一酸化炭素

    一酸化炭素から見たヒドロホルミル化

    アルケンに対しても、適切な触媒の作用でホルミル基 (−CHO) の付加を行うことができる。これをヒドロホルミル化、あるいはオキソ法とよび、各種アルデヒドの工業的な製法のひとつである。一酸化炭素 フレッシュアイペディアより)

92件中 11 - 20件表示

「一酸化炭素中毒」のニューストピックワード