55件中 11 - 20件表示
  • 一酸化炭素

    一酸化炭素から見た結合解離エネルギー

    この分子は様々な点で窒素分子(N)に似ている。分子量28.0で窒素分子とほぼ同じ。結合長は112.8 pmに対して窒素は109.8 pm。三重結合性を帯びるところも同じである。結合解離エネルギーは1072 kJ/molで窒素の942 kJ/molに近いがそれより強く、知られている最強の化学結合の一つである。これらの理由から、融点 (68 K)・沸点 (81 K)も窒素の融点 (63 K)・沸点(77 K)と近くなっている。一酸化炭素 フレッシュアイペディアより)

  • 一酸化炭素

    一酸化炭素から見たヒドロホルミル化

    アルケンに対しても、適切な触媒の作用でホルミル基 (−CHO) の付加を行うことができる。これをヒドロホルミル化、あるいはオキソ法とよび、各種アルデヒドの工業的な製法のひとつである。また、日光や触媒により塩素と反応させるとホスゲン(COCl、工業化学上重要な化合物、かつて毒ガスとして用いられていた)が得られる。一酸化炭素 フレッシュアイペディアより)

  • 一酸化炭素

    一酸化炭素から見た水上置換

    の反応が起こる。一酸化炭素は水に溶けにくいので、水上置換で集めることができる。一酸化炭素 フレッシュアイペディアより)

  • 一酸化炭素

    一酸化炭素から見たC1化学

    一酸化炭素はC1化学の分野において、重要な原料化合物である。また、有機化学においてはカルボニル基の原料として、無機化学においては配位子として、一酸化炭素の応用範囲は広い。一酸化炭素 フレッシュアイペディアより)

  • 一酸化炭素

    一酸化炭素から見たカルボニル

    高温では強い還元作用を示し、各種重金属酸化物を還元して単体金属を生成する。常温では遷移金属に配位して種々の金属カルボニルを形成する。その中のニッケルカルボニル (Ni(CO)) は、かつてニッケル精製の中間体として用いられていた。一酸化炭素 フレッシュアイペディアより)

  • 一酸化炭素

    一酸化炭素から見た有機物

    炭素や、それを含む有機物が燃焼すると二酸化炭素が発生するが、酸素の供給が不充分な環境で燃焼(不完全燃焼)が起こると一酸化炭素が発生する。さらに高温あるいは触媒存在下では C と CO とに分解(不均化)し、一酸化炭素自身も酸素の存在下で青い炎を上げて燃焼する。一酸化炭素 フレッシュアイペディアより)

  • 一酸化炭素

    一酸化炭素から見た北陸トンネル火災事故

    北陸トンネル火災事故 - 30名の犠牲者がすべて一酸化炭素中毒死だった。一酸化炭素 フレッシュアイペディアより)

  • 一酸化炭素

    一酸化炭素から見た還元

    高温では強い還元作用を示し、各種重金属酸化物を還元して単体金属を生成する。常温では遷移金属に配位して種々の金属カルボニルを形成する。その中のニッケルカルボニル (Ni(CO)) は、かつてニッケル精製の中間体として用いられていた。一酸化炭素 フレッシュアイペディアより)

  • 一酸化炭素

    一酸化炭素から見たカルボニル基

    一酸化炭素はC1化学の分野において、重要な原料化合物である。また、有機化学においてはカルボニル基の原料として、無機化学においては配位子として、一酸化炭素の応用範囲は広い。一酸化炭素 フレッシュアイペディアより)

  • 一酸化炭素

    一酸化炭素から見た分子量

    この分子は様々な点で窒素分子(N)に似ている。分子量28.0で窒素分子とほぼ同じ。結合長は112.8 pmに対して窒素は109.8 pm。三重結合性を帯びるところも同じである。結合解離エネルギーは1072 kJ/molで窒素の942 kJ/molに近いがそれより強く、知られている最強の化学結合の一つである。これらの理由から、融点 (68 K)・沸点 (81 K)も窒素の融点 (63 K)・沸点(77 K)と近くなっている。一酸化炭素 フレッシュアイペディアより)

55件中 11 - 20件表示