55件中 21 - 30件表示
  • 一酸化炭素

    一酸化炭素から見た電気陰性度

    上のような3つの共鳴構造を持つ。だが三重結合性が強いため、電気陰性度がC{C} + H2O -> {CO} + H2一酸化炭素 フレッシュアイペディアより)

  • 一酸化炭素

    一酸化炭素から見たピコメートル

    この分子は様々な点で窒素分子(N)に似ている。分子量28.0で窒素分子とほぼ同じ。結合長は112.8 pmに対して窒素は109.8 pm。三重結合性を帯びるところも同じである。結合解離エネルギーは1072 kJ/molで窒素の942 kJ/molに近いがそれより強く、知られている最強の化学結合の一つである。これらの理由から、融点 (68 K)・沸点 (81 K)も窒素の融点 (63 K)・沸点(77 K)と近くなっている。一酸化炭素 フレッシュアイペディアより)

  • 一酸化炭素

    一酸化炭素から見たガッターマン・コッホ反応

    ほか、一酸化炭素を利用する人名反応として、ガッターマン・コッホ反応 (Gattermann-Koch reaction)、コッホ・ハーフ反応 (Koch-Haaf reaction) などが知られる。一酸化炭素 フレッシュアイペディアより)

  • 一酸化炭素

    一酸化炭素から見た気体

    一酸化炭素(いっさんかたんそ、carbon monoxide)は、炭素の酸化物の1種であり、常温・常圧で無色・無臭・可燃性の気体である。一酸化炭素中毒の原因となる。化学式は CO と表される。一酸化炭素 フレッシュアイペディアより)

  • 一酸化炭素

    一酸化炭素から見た窒素分子

    この分子は様々な点で窒素分子(N)に似ている。分子量28.0で窒素分子とほぼ同じ。結合長は112.8 pmに対して窒素は109.8 pm。三重結合性を帯びるところも同じである。結合解離エネルギーは1072 kJ/molで窒素の942 kJ/molに近いがそれより強く、知られている最強の化学結合の一つである。これらの理由から、融点 (68 K)・沸点 (81 K)も窒素の融点 (63 K)・沸点(77 K)と近くなっている。一酸化炭素 フレッシュアイペディアより)

  • 一酸化炭素

    一酸化炭素から見た酸化

    一酸化炭素がミオグロビンに結びつくとカルボキシミオグロビンになり、鮮やかな赤色を呈する。このカルボキシミオグロビンは、酸素が結びついたミオグロビンや酸化されて茶色を呈するメトミオグロビンよりもより安定した物質である。この安定した色が通常のパックよりもあたかも長持ちして新鮮なように見えることとなる。一酸化炭素 フレッシュアイペディアより)

  • 一酸化炭素

    一酸化炭素から見た求核剤

    例えば、ハロゲン化アリール(芳香族ハロゲン化物)にパラジウムなどの遷移金属触媒と求核剤を加えてクロスカップリングさせる際、一酸化炭素を共存させるとカルボニル基の挿入が起こる。一酸化炭素 フレッシュアイペディアより)

  • 一酸化炭素

    一酸化炭素から見たパラジウム

    例えば、ハロゲン化アリール(芳香族ハロゲン化物)にパラジウムなどの遷移金属触媒と求核剤を加えてクロスカップリングさせる際、一酸化炭素を共存させるとカルボニル基の挿入が起こる。一酸化炭素 フレッシュアイペディアより)

  • 一酸化炭素

    一酸化炭素から見たエステル

    {Ar} - {I} + {CO} + ROH (アルコール)+ (Pd触媒)-> {Ar} - C(=O)\ - OR(エステルの合成:アルコキシカルボニル化)一酸化炭素 フレッシュアイペディアより)

  • 一酸化炭素

    一酸化炭素から見た化学式

    一酸化炭素(いっさんかたんそ、carbon monoxide)は、炭素の酸化物の1種であり、常温・常圧で無色・無臭・可燃性の気体である。一酸化炭素中毒の原因となる。化学式は CO と表される。一酸化炭素 フレッシュアイペディアより)

55件中 21 - 30件表示