55件中 31 - 40件表示
  • 一酸化炭素

    一酸化炭素から見たメトミオグロビン

    一酸化炭素がミオグロビンに結びつくとカルボキシミオグロビンになり、鮮やかな赤色を呈する。このカルボキシミオグロビンは、酸素が結びついたミオグロビンや酸化されて茶色を呈するメトミオグロビンよりもより安定した物質である。この安定した色が通常のパックよりもあたかも長持ちして新鮮なように見えることとなる。一酸化炭素 フレッシュアイペディアより)

  • 一酸化炭素

    一酸化炭素から見た共鳴構造

    上のような3つの共鳴構造を持つ。だが三重結合性が強いため、電気陰性度がC{C} + H2O -> {CO} + H2一酸化炭素 フレッシュアイペディアより)

  • 一酸化炭素

    一酸化炭素から見たアルデヒド

    {Ar} - {I} + {CO} + H2 (アルコール) + (Pd触媒)-> {Ar} - CHO (アルデヒドの合成:ホルミル化)一酸化炭素 フレッシュアイペディアより)

  • 一酸化炭素

    一酸化炭素から見た金属

    高温では強い還元作用を示し、各種重金属酸化物を還元して単体金属を生成する。常温では遷移金属に配位して種々の金属カルボニルを形成する。その中のニッケルカルボニル (Ni(CO)) は、かつてニッケル精製の中間体として用いられていた。一酸化炭素 フレッシュアイペディアより)

  • 一酸化炭素

    一酸化炭素から見た不均化

    炭素や、それを含む有機物が燃焼すると二酸化炭素が発生するが、酸素の供給が不充分な環境で燃焼(不完全燃焼)が起こると一酸化炭素が発生する。さらに高温あるいは触媒存在下では C と CO とに分解(不均化)し、一酸化炭素自身も酸素の存在下で青い炎を上げて燃焼する。一酸化炭素 フレッシュアイペディアより)

  • 一酸化炭素

    一酸化炭素から見たカツオ

    日本では古くから、カツオやマグロなどの鮮魚として出回る魚介を一酸化炭素処理すると、刺身にした際に発色が良くなり新鮮そうに見えることが広く知られていた。一酸化炭素 フレッシュアイペディアより)

  • 一酸化炭素

    一酸化炭素から見たカップリング反応

    例えば、ハロゲン化アリール(芳香族ハロゲン化物)にパラジウムなどの遷移金属触媒と求核剤を加えてクロスカップリングさせる際、一酸化炭素を共存させるとカルボニル基の挿入が起こる。一酸化炭素 フレッシュアイペディアより)

  • 一酸化炭素

    一酸化炭素から見た刺身

    日本では古くから、カツオやマグロなどの鮮魚として出回る魚介を一酸化炭素処理すると、刺身にした際に発色が良くなり新鮮そうに見えることが広く知られていた。一酸化炭素 フレッシュアイペディアより)

  • 一酸化炭素

    一酸化炭素から見た脱水反応

    実験室で作る時は、ギ酸を濃硫酸で脱水するとできる。この時、一酸化炭素 フレッシュアイペディアより)

  • 一酸化炭素

    一酸化炭素から見た燃焼

    炭素や、それを含む有機物が燃焼すると二酸化炭素が発生するが、酸素の供給が不充分な環境で燃焼(不完全燃焼)が起こると一酸化炭素が発生する。さらに高温あるいは触媒存在下では C と CO とに分解(不均化)し、一酸化炭素自身も酸素の存在下で青い炎を上げて燃焼する。一酸化炭素 フレッシュアイペディアより)

55件中 31 - 40件表示