1 2 3 4 5 6 次へ
55件中 51 - 55件表示
  • 一酸化炭素

    一酸化炭素から見たギ酸

    実験室で作る時は、ギ酸を濃硫酸で脱水するとできる。この時、一酸化炭素 フレッシュアイペディアより)

  • 一酸化炭素

    一酸化炭素から見たミオグロビン

    一酸化炭素がミオグロビンに結びつくとカルボキシミオグロビンになり、鮮やかな赤色を呈する。このカルボキシミオグロビンは、酸素が結びついたミオグロビンや酸化されて茶色を呈するメトミオグロビンよりもより安定した物質である。この安定した色が通常のパックよりもあたかも長持ちして新鮮なように見えることとなる。一酸化炭素 フレッシュアイペディアより)

  • 一酸化炭素

    一酸化炭素から見たハロゲン化アリール

    例えば、ハロゲン化アリール(芳香族ハロゲン化物)にパラジウムなどの遷移金属触媒と求核剤を加えてクロスカップリングさせる際、一酸化炭素を共存させるとカルボニル基の挿入が起こる。一酸化炭素 フレッシュアイペディアより)

  • 一酸化炭素

    一酸化炭素から見たアルケン

    アルケンに対しても、適切な触媒の作用でホルミル基 (−CHO) の付加を行うことができる。これをヒドロホルミル化、あるいはオキソ法とよび、各種アルデヒドの工業的な製法のひとつである。また、日光や触媒により塩素と反応させるとホスゲン(COCl、工業化学上重要な化合物、かつて毒ガスとして用いられていた)が得られる。一酸化炭素 フレッシュアイペディアより)

  • 一酸化炭素

    一酸化炭素から見たヘモグロビン

    一酸化炭素は無色で無臭ながら、ヒトなどにとっては有毒である。と言うのも、一酸化炭素はヘモグロビンに対する親和性が酸素よりも高いため、一旦ヘモグロビンに一酸化炭素が結合してしまうと、酸素の運搬ができなくなるからである。このような理由で全身に様々な症状が現れた状態が一酸化炭素中毒である。一酸化炭素中毒になった患者は、軽症ならば回復し得るものの、重症になると後遺症が残る場合もあり、さらに最悪の場合は死亡する。一酸化炭素 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 次へ
55件中 51 - 55件表示