92件中 51 - 60件表示
  • 一酸化炭素

    一酸化炭素から見た共鳴構造

    上のような3つの共鳴構造を持つが、どれもオクテット則は満たさない。だが三重結合性が強いため、電気陰性度がC2O \overrightarrow\leftarrow CO + H2一酸化炭素 フレッシュアイペディアより)

  • 一酸化炭素

    一酸化炭素から見た不随意運動

    高次機能障害、多幸症、パーキンソニズム、意識障害、不随意運動等の症状がみられ、中毒初期同様高圧酸素療法やTRH療法を実施する。軽度の場合、数ヶ月の入院治療と合わせて1年程度で徐々に軽快するが、淡蒼球の壊死が重度に進んでしまった場合などは回復しない。一酸化炭素 フレッシュアイペディアより)

  • 一酸化炭素

    一酸化炭素から見たアルデヒド

    Ar−I + H2 (アルコール) + (Pd触媒) → Ar−CHO (アルデヒドの合成:ホルミル化)一酸化炭素 フレッシュアイペディアより)

  • 一酸化炭素

    一酸化炭素から見た金属

    高温では強い還元作用を示し、各種重金属酸化物を還元して単体金属を生成する。常温では遷移金属に配位して種々の金属カルボニルを形成する。その中のニッケルカルボニル (Ni(CO)4) は、かつてニッケル精製の中間体として用いられていた。一酸化炭素 フレッシュアイペディアより)

  • 一酸化炭素

    一酸化炭素から見た不均化

    炭素や、それを含む有機物が燃焼すると二酸化炭素が発生するが、酸素の不十分な環境で燃焼(不完全燃焼)が起こると一酸化炭素が発生する。さらに高温あるいは触媒存在下では C と CO2 とに分解(不均化)するし、一酸化炭素自身も酸素の存在下で燃焼する。一酸化炭素 フレッシュアイペディアより)

  • 一酸化炭素

    一酸化炭素から見たコンピュータ断層撮影

    頭部CT検査では、脳の浮腫(酸素不足による)や淡蒼球の低吸収域化(チトクロームCオキシダーゼ活性の低下による)がみられる。一酸化炭素 フレッシュアイペディアより)

  • 一酸化炭素

    一酸化炭素から見た脳波

    脳波検査では、徐波化や低電位が出現する。一酸化炭素 フレッシュアイペディアより)

  • 一酸化炭素

    一酸化炭素から見た大脳基底核

    一酸化炭素はヘモグロビンと強力に結びつくほか脂肪組織や脳細胞に蓄積される傾向があり、酸素吸入による洗い出しは数日から数十日を要することがある。また、脳細胞(特に大脳基底核)への直接的な障害作用もあるため、後遺症としてパーキンソニズム(大脳基底核の障害による)やしびれ(異常感覚)を来すことが多い。一酸化炭素 フレッシュアイペディアより)

  • 一酸化炭素

    一酸化炭素から見たしびれ

    一酸化炭素はヘモグロビンと強力に結びつくほか脂肪組織や脳細胞に蓄積される傾向があり、酸素吸入による洗い出しは数日から数十日を要することがある。また、脳細胞(特に大脳基底核)への直接的な障害作用もあるため、後遺症としてパーキンソニズム(大脳基底核の障害による)やしびれ(異常感覚)を来すことが多い。一酸化炭素 フレッシュアイペディアより)

  • 一酸化炭素

    一酸化炭素から見たカップリング反応

    例えば、ハロゲン化アリール(芳香族ハロゲン化物)にパラジウムなどの遷移金属触媒と求核剤を加えてクロスカップリングさせる際、一酸化炭素を共存させるとカルボニル基の挿入が起こる。一酸化炭素 フレッシュアイペディアより)

92件中 51 - 60件表示

「一酸化炭素中毒」のニューストピックワード