92件中 81 - 90件表示
  • 一酸化炭素

    一酸化炭素から見た配位結合

    高温では強い還元作用を示し、各種重金属酸化物を還元して単体金属を生成する。常温では遷移金属に配位して種々の金属カルボニルを形成する。その中のニッケルカルボニル (Ni(CO)4) は、かつてニッケル精製の中間体として用いられていた。一酸化炭素 フレッシュアイペディアより)

  • 一酸化炭素

    一酸化炭素から見た重金属

    高温では強い還元作用を示し、各種重金属酸化物を還元して単体金属を生成する。常温では遷移金属に配位して種々の金属カルボニルを形成する。その中のニッケルカルボニル (Ni(CO)4) は、かつてニッケル精製の中間体として用いられていた。一酸化炭素 フレッシュアイペディアより)

  • 一酸化炭素

    一酸化炭素から見た毒ガス

    また、日光や触媒により塩素と反応させるとホスゲン(COCl2、工業化学上重要な化合物、かつて毒ガスとして用いられていた)が得られる。一酸化炭素 フレッシュアイペディアより)

  • 一酸化炭素

    一酸化炭素から見た濃硫酸

    実験室で作るときは、ギ酸を濃硫酸で脱水するとできる。このとき、一酸化炭素 フレッシュアイペディアより)

  • 一酸化炭素

    一酸化炭素から見た二酸化炭素

    炭素や、それを含む有機物が燃焼すると二酸化炭素が発生するが、酸素の不十分な環境で燃焼(不完全燃焼)が起こると一酸化炭素が発生する。さらに高温あるいは触媒存在下では C と CO2 とに分解(不均化)するし、一酸化炭素自身も酸素の存在下で燃焼する。一酸化炭素 フレッシュアイペディアより)

  • 一酸化炭素

    一酸化炭素から見た都市ガス

    なお、過去には都市ガスには一酸化炭素が含まれる石炭ガスが使われていたため、ガス漏れによる中毒事故が発生したが(2007年にも北見市で大規模なガス漏れによる死亡事故があった)、2010年3月25日に四国ガスが天然ガスへ転換したのを最後に、日本国内で供給される都市ガスは全域で一酸化炭素を含まないものとなり、ガス漏れによる一酸化炭素中毒は起こらなくなった。タバコの煙にも多量に含まれており、循環器系に多大な負担を及ぼす。一酸化炭素 フレッシュアイペディアより)

  • 一酸化炭素

    一酸化炭素から見たギ酸

    実験室で作るときは、ギ酸を濃硫酸で脱水するとできる。このとき、一酸化炭素 フレッシュアイペディアより)

  • 一酸化炭素

    一酸化炭素から見たミオグロビン

    一酸化炭素がミオグロビンに結びつくとカルボキシミオグロビンになり、鮮やかな赤色を呈する。このカルボキシミオグロビンは、酸素が結びついたミオグロビンや酸化されて茶色を呈するメトミオグロビンよりもより安定した物質である。この安定した色が通常のパックよりもあたかも長持ちして新鮮なように見えることとなる。一酸化炭素 フレッシュアイペディアより)

  • 一酸化炭素

    一酸化炭素から見たハロゲン化アリール

    例えば、ハロゲン化アリール(芳香族ハロゲン化物)にパラジウムなどの遷移金属触媒と求核剤を加えてクロスカップリングさせる際、一酸化炭素を共存させるとカルボニル基の挿入が起こる。一酸化炭素 フレッシュアイペディアより)

  • 一酸化炭素

    一酸化炭素から見たアルケン

    アルケンに対しても、適切な触媒の作用でホルミル基 (−CHO) の付加を行うことができる。これをヒドロホルミル化、あるいはオキソ法とよび、各種アルデヒドの工業的な製法のひとつである。一酸化炭素 フレッシュアイペディアより)

92件中 81 - 90件表示

「一酸化炭素中毒」のニューストピックワード