七十七銀行野球部 ニュース&Wiki etc.

七十七銀行硬式野球部(しちじゅうしちぎんこうこうしきやきゅうぶ)は、宮城県仙台市に本拠地を置き、日本野球連盟に所属する社会人野球チームである(練習グラウンドは宮城県黒川郡富谷町に所在する)。 (出典:Wikipedia)

「七十七銀行野球部」Q&A

  • Q&A

    将来わたしは、社会人野球がやりたいと思っています。 東北での就職を希望しており、…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2014年8月14日 05:25

  • Q&A

    今年の七十七銀行硬式野球部は強いですか。

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2013年1月30日 19:58

  • Q&A

    都市対抗野球大会の楽しみ方・・・ いよいよ明日、8月27日(金)から、 第81回 都…

    [続きを読む]

    回答数:3質問日時 - 2010年8月26日 19:18

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「七十七銀行硬式野球部」のつながり調べ

  • JT硬式野球部

    JT硬式野球部から見た七十七銀行硬式野球部

    1980年、当時の日本専売公社東北支社と同仙台工場の軟式野球部が統合し、硬式野球部に再編。同時にチーム名を日本専売公社東北硬式野球部(呼称「専売東北」)とした。その後専売公社の民営化、CI導入などにより3度の名称変更を経る中で東北の強豪として全国大会の常連となる。しかし、たばこ需要の減少から本社がスポーツ部門の再編を進める中、2003年に仙台工場が閉鎖されたのに伴い、次年度限りでの廃部を発表される。最後の夏となった2004年、理事会推薦特別枠で1年限りの増枠となった東北第3代表で都市対抗野球大会に出場。七十七銀行硬式野球部とともにベスト4まで進出し、東北旋風を巻き起こした。チーム創設3年目から23年間在籍し続ける「ミスターJT」こと原野優選手など、個性の強い選手が多い名チームであった。(JT硬式野球部 フレッシュアイペディアより)

  • JR西日本硬式野球部

    JR西日本硬式野球部から見た七十七銀行硬式野球部

    1935年に創部した「広島鉄道局」が前身。当時は全国各地に強豪鉄道局チームが存在し、全国大会への出場は果たせなかった。1950年の組織改正で「広島鉄道管理局」に改称。さらに国鉄民営化で「JR西日本」に改称した。1999年に全国大会初出場、2004年の日本選手権1回戦で七十七銀行を相手に2大大会初のタイブレークが適用される激戦を制し、全国大会初勝利を挙げた。ちなみに、都市対抗野球大会は未出場である。(JR西日本硬式野球部 フレッシュアイペディアより)

「七十七銀行硬式野球部」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「七十七銀行野球部」のニューストピックワード