前へ 1 2 3
26件中 1 - 10件表示
  • 都市対抗野球大会

    都市対抗野球大会から見た七十七銀行硬式野球部七十七銀行硬式野球部

    この制度において、2003年からまでの間に、実際に適用された試合は第76回大会1回戦の七十七銀行対デュプロ戦(延長14回からタイブレークに入り、延長15回の末、七十七銀行 9x-8 デュプロ)の1試合のみであった。都市対抗野球大会 フレッシュアイペディアより)

  • 相沢滋

    相沢滋から見た七十七銀行硬式野球部七十七銀行硬式野球部

    相沢 滋(あいざわ しげる)は、社会人野球の選手(投手)。七十七銀行所属。相沢滋 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋利信

    高橋利信から見た七十七銀行硬式野球部七十七銀行硬式野球部

    高橋 利信(たかはし としのぶ、1974年11月7日 - )は、社会人野球の選手(内野手)。七十七銀行所属。高橋利信 フレッシュアイペディアより)

  • 佐々木弥

    佐々木弥から見た七十七銀行硬式野球部七十七銀行硬式野球部

    大きな転機となったのは同年の第77回都市対抗野球大会。七十七銀行から補強した高橋利信、岩手21赤べこ野球軍団から補強した高倉啓司に挟まれるように4番に座った佐々木は打棒を爆発させる。1回戦(対伯和ビクトリーズ(東広島市)戦)ではノーヒットと振るわなかったが、2回戦(対JR東海(名古屋市)戦)では0?2のビハインドで迎えた7回裏に反撃ののろしとなるホームランを打ち、準々決勝(対ホンダ(狭山市)戦)では4四死球で出塁、準決勝(対日本通運(さいたま市)戦)では0?3で迎えた3回表に反撃の開始となるソロホームランを打ち込んだだけでなく、3?5で迎えた7回表には逆転のグランドスラムをレフトスタンドに叩き込んだ。そして決勝戦(対日産自動車(横須賀市)戦)でも1安打を放ち、チームの初優勝に貢献。橋戸賞(MVP)こそ5試合登板のエース・野田正義に譲ったが、3本塁打が評価され、打撃賞と大会優秀選手(一塁手部門)を受賞した。また、同年の社会人ベストナイン(一塁手部門)も受賞した。佐々木弥 フレッシュアイペディアより)

  • JT硬式野球部

    JT硬式野球部から見た七十七銀行硬式野球部七十七銀行硬式野球部

    しかし、たばこ需要の減少から本社がスポーツ部門の再編を進める中、に仙台工場が閉鎖されたのに伴い、翌限りでの廃部が発表される。最後の夏となった2004年は、理事会推薦特別枠で1年限りの増枠となった東北第3代表で都市対抗野球に出場。七十七銀行とともにベスト4まで進出し、東北旋風を巻き起こした。JT硬式野球部 フレッシュアイペディアより)

  • 第75回都市対抗野球大会

    第75回都市対抗野球大会から見た七十七銀行硬式野球部七十七銀行硬式野球部

    日本野球連盟推薦枠で単年増枠された東北地区からは仙台市の3チームが出場。うち、今大会で初勝利を挙げた七十七銀行とこの年限りでの廃部が決まっていたJTはともに初のベスト4に進出。東北勢がベスト4に2チーム進出という史上初の「東北旋風」が巻き起こった。第75回都市対抗野球大会 フレッシュアイペディアより)

  • JR東日本東北硬式野球部

    JR東日本東北硬式野球部から見た七十七銀行硬式野球部七十七銀行硬式野球部

    近年では七十七銀行とともに東北勢の核となる活躍を見せている。2011年(平成23年)の東日本大震災を受け、一時活動を休止して本業に専念した。これを乗り越えて出場した第82回都市対抗野球大会ではチーム史上初のベスト4に進出した。これに敬意を表して、特別に「がんばろう!!日本特別賞」が大会本部より授与された。JR東日本東北硬式野球部 フレッシュアイペディアより)

  • 第28回社会人野球日本選手権大会

    第28回社会人野球日本選手権大会から見た七十七銀行硬式野球部七十七銀行硬式野球部

    七十七銀行は活動21年目、一光は活動8年目、松山フェニックスは活動2年目でそれぞれ初の全国大会出場となった。その他、都市対抗野球では常連のいすゞ自動車とJR東日本が秋初出場となった。第28回社会人野球日本選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 小林敦 (野球)

    小林敦 (野球)から見た七十七銀行硬式野球部七十七銀行硬式野球部

    大学卒業後は七十七銀行に入行。1年目から日本選手権、東京スポニチ大会などで全国経験を果たす。第81回都市対抗野球東北2次予選では、第2代表決定戦の対TDK戦で3安打7奪三振無四球完封で敢闘賞を受賞した。その一方で、銀行員として、同行の県庁支店で窓口業務に就いていた。小林敦 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • きらやか銀行硬式野球部

    きらやか銀行硬式野球部から見た七十七銀行硬式野球部七十七銀行硬式野球部

    2011年、都市対抗野球の東北予選において、山形県勢としては61年ぶりの代表決定戦に駒を進めたが、仙台市の2チーム(JR東日本東北、七十七銀行)に連敗して全国大会初出場を逃した。きらやか銀行硬式野球部 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
26件中 1 - 10件表示

「七十七銀行野球部」のニューストピックワード