26件中 11 - 20件表示
  • 森内壽春

    森内壽春から見た七十七銀行硬式野球部七十七銀行硬式野球部

    の日本選手権の東北予選では七十七銀行の小林敦と延長17回を投げ合い、お互いに完投して0対0で引き分け再試合となった。この試合で215球を投げたが、さらに翌日の再試合でもリリーフ登板してチームを日本選手権出場に導いている。は東日本大震災の後およそ2ヶ月は社業に専念し、その後は代行バスの案内業務の合間などに練習を続けた。同年の第82回都市対抗野球大会では、プロ野球ドラフト会議直前に行われた1回戦の対三菱重工横浜戦(10月24日)で史上2人目となる完全試合を達成しドラフト候補に急浮上した。森内壽春 フレッシュアイペディアより)

  • 相原和友

    相原和友から見た七十七銀行硬式野球部七十七銀行硬式野球部

    には七十七銀行に加入。同年の第83回都市対抗野球2次予選東北大会では、エース阿部博文が不在の中、相原は6月6日の敗者復活戦で148球を投げ、翌々日の8日に行われた第2代表決定戦の日本製紙石巻戦では、9回1失点で完投勝利を挙げ敢闘賞を受賞。チームは6年連続で都市対抗への出場を決めた。第83回都市対抗野球大会では、初戦のNTT西日本戦で7回1/3を2失点に抑えたが、チームは敗退した。同年の第38回社会人野球日本選手権大会では、2回戦のバイタルネット戦で9回を投げ被安打10・先頭打者の出塁5という内容であったが、1失点に抑えチームは勝利した。相原和友 フレッシュアイペディアより)

  • 東日本大震災によるスポーツへの影響

    東日本大震災によるスポーツへの影響から見た七十七銀行硬式野球部七十七銀行硬式野球部

    企業チームの一部は、野球の練習を一時的に取りやめたほか、本拠地を離れての活動を余儀なくされた。JR東日本東北や七十七銀行の選手は社業に専念した。また、日本製紙石巻は練習グラウンドを自衛隊が使用したため、旭川など他地区の工場を転々とした。東日本大震災によるスポーツへの影響 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の野球

    2007年の野球から見た七十七銀行硬式野球部七十七銀行硬式野球部

    優勝:七十七銀行(2年連続2回目)2007年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 大原慎司

    大原慎司から見た七十七銀行硬式野球部七十七銀行硬式野球部

    には、投手陣の柱として、都市対抗や日本選手権の東北大会に登板。チームが本大会への出場を逃した都市対抗には、七十七銀行の補強選手として出場した。この年のNPBドラフト会議で、横浜ベイスターズから5巡目で指名。契約金4,000万円、年俸1,000万円という条件で契約した(金額は推定)。背番号は41。大原慎司 フレッシュアイペディアより)

  • 東北福祉大学硬式野球部

    東北福祉大学硬式野球部から見た七十七銀行硬式野球部七十七銀行硬式野球部

    村瀬公三(七十七銀行硬式野球部:元監督、東北福祉大学硬式野球部:助監督)東北福祉大学硬式野球部 フレッシュアイペディアより)

  • JR西日本硬式野球部

    JR西日本硬式野球部から見た七十七銀行硬式野球部七十七銀行硬式野球部

    1935年に創部した「広島鉄道局」が前身。当時は全国各地に強豪鉄道局チームが存在し、全国大会への出場は果たせなかった。1950年の組織改正で「広島鉄道管理局」に改称。さらに国鉄民営化で「JR西日本」に改称した。1999年に全国大会初出場、2004年の日本選手権1回戦で七十七銀行を相手に2大大会初のタイブレークが適用される激戦を制し、全国大会初勝利を挙げた。JR西日本硬式野球部 フレッシュアイペディアより)

  • 江井康胤

    江井康胤から見た七十七銀行硬式野球部七十七銀行硬式野球部

    JTのみならず他チームの補強としても活躍し、東北地区を代表する打者となった江井だったが、2003年末に衝撃的な知らせが飛び込む。所属するJTがチームを2004年シーズン限りで廃部すると発表したのであった。動揺が走る中、ベテランとなっていた江井は若手選手を自ら引っ張り、第75回都市対抗野球大会出場にこぎつける。チームは同じく東北代表で出場した七十七銀行とともに快進撃を続け、今までチャレンジして跳ね返されてきた準々決勝も乗り越え、初の準決勝進出。王子製紙の前に敗れ、優勝はならなかったが、JTの廃部を前に大きな輝きを見せた。江井康胤 フレッシュアイペディアより)

  • 山路哲生 (大学野球指導者)

    山路哲生 (大学野球指導者)から見た七十七銀行硬式野球部七十七銀行硬式野球部

    相原和友(投手) - 七十七銀行→東北楽天ゴールデンイーグルス山路哲生 (大学野球指導者) フレッシュアイペディアより)

  • 相沢晋

    相沢晋から見た七十七銀行硬式野球部七十七銀行硬式野球部

    からは、社会人野球の日本製紙石巻に所属。10月にコーチ兼任となった。の第84回都市対抗野球2次予選東北大会では、第1代表決定戦でTDKを相手に9回無失点(被安打5)で無四球完封勝利し、チームは全国大会への出場を決めた。第84回都市対抗野球大会(全国大会)では、1回戦の信越硬式野球クラブ戦で2回3失点だったものの、七十七銀行から補強選手として参加していた相原和友がその後を7回無失点に抑えてチームは勝利した。2回戦のJFE西日本戦では、相沢が6回無失点(被安打3)に抑え、チームは勝利した。相沢晋 フレッシュアイペディアより)

26件中 11 - 20件表示

「七十七銀行野球部」のニューストピックワード