138件中 21 - 30件表示
  • 青森テレビ東京支社

    青森テレビ東京支社から見た七十七銀行七十七銀行

    〒104-0061東京都中央区銀座4丁目14番11号の七十七ビル7階青森テレビ東京支社 フレッシュアイペディアより)

  • 77BANK

    77BANKから見た七十七銀行七十七銀行

    77BANK フレッシュアイペディアより)

  • 第七十七国立銀行

    第七十七国立銀行から見た七十七銀行七十七銀行

    第七十七国立銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 平七夕まつり

    平七夕まつりから見た七十七銀行七十七銀行

    大戦景気最中の1919年(大正8年)1月29日、宮城県仙台市に本店を置く七十七銀行が、福島県石城郡平町(現・いわき市平)に支店を出した。この平支店が同年夏に仙台七夕にならって七夕飾りを始めると、周辺の商店街でも七夕祭りを始めた。これが当祭の始まりとされている。平七夕まつり フレッシュアイペディアより)

  • 遠藤敬止

    遠藤敬止から見た七十七銀行七十七銀行

    遠藤 敬止(えんどう けいし、嘉永4年(1851年) - 明治37年(1904年))は、幕末期の武士(会津藩士)、明治期の大蔵官僚、七十七銀行第二代・四代頭取、仙台商工会議所初代会頭。遠藤敬止 フレッシュアイペディアより)

  • 遠藤敬止

    遠藤敬止から見た第七十七国立銀行七十七銀行

    嘉永4年(1851年)、会津藩士・遠藤清直の長男として江戸に生まれる。幕府の開成所に学んだ後、戊辰戦争、鳥羽・伏見の戦いの際には会津軍として歴戦し、鶴ヶ城の籠城戦に加わりのち敗れて江戸にて謹慎生活を送る。独学で英学を修め、慶應義塾に入って経済学を学ぶ。大蔵省に銀行事務講習所が創設されると、講師として出仕。渋沢栄一に見出されて第一国立銀行勤務後、第七十七国立銀行頭取となり、仙台商業会議所会頭ほか、会津銀行設立や学校の創立など多くの事業を支援。明治23年(1890年)に鶴ヶ城の払下げが決定すると、募金を集めて私財を投げ打って2,500円で鶴ヶ城は払下げられ、旧藩主松平家に寄贈した。鶴ヶ城城保存の恩人として北出丸に顕彰碑が建立され、顕彰会が毎年開催されている。遠藤敬止 フレッシュアイペディアより)

  • 宮城学院女子短期大学

    宮城学院女子短期大学から見た七十七銀行七十七銀行

    全学科を含めると、ソフトバンクテレコム・三井住友海上火災保険・ユアテック・大正製薬・パナソニック・七十七銀行・徳陽シティ銀行・住友生命保険・日本生命保険・ミサワホーム・東北電力・日本銀行・明治安田生命保険・東日本旅客鉄道・三菱UFJ信託銀行など一般企業への就職者が多いものとなっていた。食物専攻では栄養士、保育科では保育所や幼稚園への就職者が多いものとなっていた。宮城学院女子短期大学 フレッシュアイペディアより)

  • 勝股康行

    勝股康行から見た七十七銀行七十七銀行

    勝股康行(かつまた やすゆき、1932年(昭和7年)12月28日 - )は、日本の銀行家。元七十七銀行頭取・会長。旭日中綬章 2004年(平成16年)。勝股康行 フレッシュアイペディアより)

  • 早川智寛

    早川智寛から見た七十七銀行七十七銀行

    1887年(明治20年)、官吏の職を離れて、早川組を設立、東北地方や北海道で土木事業を行うなどして財を成した。1891年(明治24年)、仙台商工会議所の初代会頭に就任、在任中には仙台?山形間の鉄道建設を政府に請願するなど努力した。1898年(明治31年)、国立銀行から株式会社に転換した七十七銀行(仙台市)の監査役に就任したが、このとき同銀行の専務取締役に就任したのは、後に第4代仙台市長となる和達孚嘉であった。早川智寛 フレッシュアイペディアより)

  • 松倉恂

    松倉恂から見た七十七銀行七十七銀行

    慶應義塾を出た後は、仙台藩より伊達家家令を仰せつけられ、愛媛、岩手の各県に出仕。仙台区の「郡区町村編制法」によって、旧仙台城下は仙台区とされ、県は区役所を建てて初代仙台区長(現在の仙台市長)に就任した。松倉の仙台市の発展に寄与するところは大きく、富田鉄之助や遠藤敬止と共に東華学校・宮城英学校の創設や国立七十七銀行設立に尽力。他、大槻文彦と共に明治26年(1893年)に郷土史を研究する「仙台文摩会」を結成し、図書の収集保存に務めた。松倉恂 フレッシュアイペディアより)

138件中 21 - 30件表示

「七十七銀行」のニューストピックワード