102件中 11 - 20件表示
  • 七十七銀行

    七十七銀行から見た日本橋 (東京都中央区)

    1997年(平成9年)10月の東証の制度改革で、場勘業務は清算銀行制度に改組されたが、七十七銀行は引き続き清算銀行に指定された。2003年(平成15年)1月、日本証券クリアリング機構の業務開始に伴い、同機構の指定する資金決済銀行となり、同行日本橋支店(1965年の<新>東京支店開設により<旧>東京支店から改称)が業務を行っている。七十七銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 七十七銀行

    七十七銀行から見たICキャッシュカード

    ATMについてもIC化・生体認証取引対応を進めるなど攻勢に転じた。2006年(平成18年)8月21日にICキャッシュカードの導入を開始(発行開始は8月14日)、同時に生体認証取引に対応し、掌認証を採用した。カード到着後に生体認証の登録を口座店窓口で行うことで生体認証での取引が可能になる。七十七銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 七十七銀行

    七十七銀行から見た空中店舗

    2013年4月22日より、東京支店が入居するビルの建て替えに伴い、同店を築地に所在するビルに仮店舗を設置して空中店舗化(ATMは入居ビルの1Fに設置予定)し、同居する東京事務所は日本橋支店が入居するビルに仮移設する予定である。七十七銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 七十七銀行

    七十七銀行から見た国立銀行 (明治)

    国立銀行としては77番目に設立された、第七十七国立銀行を源流とする、東北6県では最大手となる金融機関。七十七銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 七十七銀行

    七十七銀行から見た三井銀行

    1872年(明治5年)に制定された国立銀行条例によって全国が銀行設立ブームで沸き返る中、仙台でも銀行設立の動きが活発化した。元仙台藩士の氏家厚時を中心とするグループは、当時第一国立銀行と三井銀行の出張所しかなかった宮城県の現状を憂い、地元に基盤を置く銀行の設立を決意。1878年(明治11年)2月に大蔵省に願書を提出した。願書は程なく認可され、同年12月9日、「第七十七国立銀行」として業務を開始した。初代頭取には氏家が就任した。七十七銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 七十七銀行

    七十七銀行から見たブランチインブランチ

    被災した店舗に関しては、ブランチインブランチ化や仮店舗設置を含む移転等の施策により現在は、ほぼ震災前の営業体制へと復している。七十七銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 七十七銀行

    七十七銀行から見た渋沢栄一

    第七十七国立銀行の設立に当たっては、渋沢栄一が大きく関わっている。元々国立銀行条例の起草に関わっており、大蔵省に入る動機を作ってくれた伊達宗城は元宇和島藩主であり、仙台と宇和島は伊達氏つながりの血縁関係の都市でもある。このような背景から、渋沢は東北の振興にも関心を持ち、その核たる国立銀行設立を目指す氏家グループにアドバイスを送った。更に、設立に際しては自ら資本を出資し、自ら頭取を務める第一国立銀行から人材を派遣するなど、物心ともに第七十七国立銀行を支援した。第2代、4代の頭取の遠藤敬止は渋沢の推薦であった。七十七銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 七十七銀行

    七十七銀行から見た伊達宗城

    第七十七国立銀行の設立に当たっては、渋沢栄一が大きく関わっている。元々国立銀行条例の起草に関わっており、大蔵省に入る動機を作ってくれた伊達宗城は元宇和島藩主であり、仙台と宇和島は伊達氏つながりの血縁関係の都市でもある。このような背景から、渋沢は東北の振興にも関心を持ち、その核たる国立銀行設立を目指す氏家グループにアドバイスを送った。更に、設立に際しては自ら資本を出資し、自ら頭取を務める第一国立銀行から人材を派遣するなど、物心ともに第七十七国立銀行を支援した。第2代、4代の頭取の遠藤敬止は渋沢の推薦であった。七十七銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 七十七銀行

    七十七銀行から見た札幌市

    法人営業部を含めて数えると、東北地方すべての県に拠点を構えている。宮城県内のほか、準本拠地と位置づける福島県には浜通りの都市を主体に展開するほか、札幌支店・盛岡支店・秋田支店・山形支店も有する。2011年(平成23年)9月には、名古屋支店開設以来となる県外店、北上支店の開設を予定していたが、東日本大震災などの影響により、開設時期については無期延期となっていた。しかし同年11月、開設を2012年(平成24年)6月をめどとし個人・法人を総合的に扱う、フルバンキング店とする方針を明らかにした。そして6月25日に正式に開店した。七十七銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 七十七銀行

    七十七銀行から見た東北楽天ゴールデンイーグルス

    キャラクターICキャッシュカードは、2008年(平成20年)3月26日より発行開始となった。コツコツくん・ナナちゃんのオリジナルキャラクターではなく、楽天イーグルス(クラッチ・クラッチーナ・Mr.カラスコ)、ベガルタ仙台(ベガッ太)、仙台89ERS(ティナ)があしらわれた、地元プロスポーツチームのキャラクター3種類を採用している。七十七銀行 フレッシュアイペディアより)

102件中 11 - 20件表示

「七十七銀行」のニューストピックワード