102件中 61 - 70件表示
  • 七十七銀行

    七十七銀行から見た宇和島藩

    第七十七国立銀行の設立に当たっては、渋沢栄一が大きく関わっている。元々国立銀行条例の起草に関わっており、大蔵省に入る動機を作ってくれた伊達宗城は元宇和島藩主であり、仙台と宇和島は伊達氏つながりの血縁関係の都市でもある。このような背景から、渋沢は東北の振興にも関心を持ち、その核たる国立銀行設立を目指す氏家グループにアドバイスを送った。更に、設立に際しては自ら資本を出資し、自ら頭取を務める第一国立銀行から人材を派遣するなど、物心ともに第七十七国立銀行を支援した。第2代、4代の頭取の遠藤敬止は渋沢の推薦であった。七十七銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 七十七銀行

    七十七銀行から見た国立銀行条例

    1872年(明治5年)に制定された国立銀行条例によって全国が銀行設立ブームで沸き返る中、仙台でも銀行設立の動きが活発化した。元仙台藩士の氏家厚時を中心とするグループは、当時第一国立銀行と三井銀行の出張所しかなかった宮城県の現状を憂い、地元に基盤を置く銀行の設立を決意。1878年(明治11年)2月に大蔵省に願書を提出した。願書は程なく認可され、同年12月9日、「第七十七国立銀行」として業務を開始した。初代頭取には氏家が就任した。七十七銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 七十七銀行

    七十七銀行から見た劣後ローン

    震災に伴い、2011年4月には公的資金の導入を検討しているとされ、これに備えた優先株に関する定款変更を行ったが、同年12月には、優先株方式での申請を見送ったうえで、劣後ローン方式による200億円の資本注入を正式に申請した。七十七銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 七十七銀行

    七十七銀行から見た宮城県立こども病院

    仙台市においては、全ての公営企業(仙台市ガス局・仙台市交通局・仙台市水道局)における出納取扱金融機関でもあるが、宮城県については病院事業を除く全ての公営企業の出納取扱金融機関で、病院事業が除外されたのは、県立病院が従来仙台市になかったことによる。2003年(平成15年)に開院した宮城県立こども病院(現在は、地方独立行政法人宮城県立こども病院による運営)が仙台市初の施設となった。七十七銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 七十七銀行

    七十七銀行から見た仙台区

    1878年(明治11年)12月: 仙台区大町一丁目40番()七十七銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 七十七銀行

    七十七銀行から見た仙台89ERS

    仙台89ERS(ユニフォームのパンツスポンサー)七十七銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 七十七銀行

    七十七銀行から見た泉区 (仙台市)

    2007年(平成19年)8月に泉区から富谷町にかけての明石南・明石台・新富谷ガーデンシティ地区をエリアとする「明石台支店」を開設した。七十七銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 七十七銀行

    七十七銀行から見た宮城町

    また、杜せきのした支店(名取市)・岩沼西支店(岩沼市)といった個人向け支店を順次開設した。2008年(平成20年)11月には、旧宮城町地区2つめの支店となる栗生支店(所在地は落合)が開設された。こちらはフルバンキング店舗となる。七十七銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 七十七銀行

    七十七銀行から見た大蔵省

    1872年(明治5年)に制定された国立銀行条例によって全国が銀行設立ブームで沸き返る中、仙台でも銀行設立の動きが活発化した。元仙台藩士の氏家厚時を中心とするグループは、当時第一国立銀行と三井銀行の出張所しかなかった宮城県の現状を憂い、地元に基盤を置く銀行の設立を決意。1878年(明治11年)2月に大蔵省に願書を提出した。願書は程なく認可され、同年12月9日、「第七十七国立銀行」として業務を開始した。初代頭取には氏家が就任した。七十七銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 七十七銀行

    七十七銀行から見た泉中央副都心

    2008年(平成20年)に入ると、泉中央副都心(泉区)と長町副都心(太白区)の店舗にエリア制を導入し、泉支店・長町支店を母店とする体制に移行した。太白区エリアでは、その子店の一つとして富沢支店を開設した。七十七銀行 フレッシュアイペディアより)

102件中 61 - 70件表示

「七十七銀行」のニューストピックワード