122件中 61 - 70件表示
  • 七十七銀行

    七十七銀行から見た長町副都心

    2008年(平成20年)11月には、旧宮城町地区2店目となる栗生支店(所在地は落合)を、さらに県内としては5年半ぶりの新店舗として2014年6月9日、長町南支店を開設した。 両店ともフルバンキングでの営業を行うとしている。七十七銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 七十七銀行

    七十七銀行から見た仙台のスポーツ

    キャラクターICキャッシュカードは、2008年(平成20年)3月26日より発行開始となった。コツコツくん・ナナちゃんのオリジナルキャラクターではなく、楽天イーグルス(クラッチ・クラッチーナ・Mr.カラスコ)、ベガルタ仙台(ベガッ太)、仙台89ERS(ティナ)があしらわれた、地元プロスポーツチームのキャラクター3種類を採用している。七十七銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 七十七銀行

    七十七銀行から見た福島県

    宮城県内(仙台市内62ヶ店)には厚い店舗網を築く上、準本拠地と位置づける福島県には浜通りの都市を主体に展開するほか、法人営業部を含めて数えると東北地方すべての県に拠点を構えている。2011年(平成23年)9月には、名古屋支店開設以来となる県外店として北上支店の開設を予定していた。しかし東日本大震災などの影響から開設は無期延期とされていたが、2012年(平成24年)6月25日、フルバンキング店として出店されている。七十七銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 七十七銀行

    七十七銀行から見たコンビニATM

    ATMについてもIC化・生体認証取引対応を進めるなど攻勢に転じた。2006年(平成18年)8月21日にICキャッシュカードの導入を開始(発行開始は8月14日)、同時に生体認証取引に対応し、掌認証を採用した。カード到着後に生体認証の登録を口座店窓口で行うことで生体認証での取引が可能になる。それぞれのデザインに、磁気ストライプのある他行利用可能型と磁気ストライプのない自行限定型の2種類があるが、自行限定型の場合は、生体認証の登録がない場合でICカード対応ATMであってもコンビニATMでの利用ができない。七十七銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 七十七銀行

    七十七銀行から見た宇和島藩

    第七十七国立銀行の設立に当たっては、渋沢栄一が大きく関わっている。元々国立銀行条例の起草に関わっており、大蔵省に入る動機を作ってくれた伊達宗城は元宇和島藩主であり、仙台と宇和島は伊達氏つながりの血縁関係の都市でもある。このような背景から、渋沢は東北の振興にも関心を持ち、その核たる国立銀行設立を目指す氏家グループにアドバイスを送った。更に、設立に際しては自ら資本を出資し、自ら頭取を務める第一国立銀行から人材を派遣するなど、物心ともに第七十七国立銀行を支援した。第2代、4代の頭取の遠藤敬止は渋沢の推薦であった。七十七銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 七十七銀行

    七十七銀行から見た預金通帳

    2013年3月11日以降に、口座開設ないしは満行に伴う繰越した場合に発行される通帳から、環境配慮型の素材を使用し、かつ磁気に強いHi-Coの磁気ストライプがついた各種通帳へ切り替えとなっている。七十七銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 七十七銀行

    七十七銀行から見た国立銀行条例

    1872年(明治5年)に制定された国立銀行条例によって全国が銀行設立ブームで沸き返る中、仙台でも銀行設立の動きが活発化した。元仙台藩士の氏家厚時を中心とするグループは、当時第一国立銀行と三井銀行の出張所しかなかった宮城県の現状を憂い、地元に基盤を置く銀行の設立を決意。1878年(明治11年)2月に大蔵省に願書を提出した。願書は程なく認可され、同年12月9日、「第七十七国立銀行」として業務を開始した。初代頭取には氏家が就任した。七十七銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 七十七銀行

    七十七銀行から見た仙台89ERS

    仙台89ERS(ユニフォームのパンツスポンサー)七十七銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 七十七銀行

    七十七銀行から見た大蔵省

    1872年(明治5年)に制定された国立銀行条例によって全国が銀行設立ブームで沸き返る中、仙台でも銀行設立の動きが活発化した。元仙台藩士の氏家厚時を中心とするグループは、当時第一国立銀行と三井銀行の出張所しかなかった宮城県の現状を憂い、地元に基盤を置く銀行の設立を決意。1878年(明治11年)2月に大蔵省に願書を提出した。願書は程なく認可され、同年12月9日、「第七十七国立銀行」として業務を開始した。初代頭取には氏家が就任した。七十七銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 七十七銀行

    七十七銀行から見た情報処理システム

    同行における情報処理システムは、第二次長期経営計画で策定されたオンライン化推進の計画に沿って、1970年(昭和45年)11月為替システムが稼働したことに端を発する。また、この間には電子計算機を収容するため東二番丁に事務センターを建設するも、事務量の増大化に伴う狭隘化の懸念が出てきたため、1974年(昭和49年)7月には木町通2丁目に従来比、4倍強の床面積を誇る地上7階、地下1階からなる新事務センターが竣工した。そして、創業百周年を目前に控えた1978年(昭和53年)10月、融資オンラインシステムの稼働により同行における総合オンラインシステムは全面稼働となった。また1983年(昭和58年)1月には、富士通とともに構築した営業店の改善ニーズを反映させた第二次オンラインシステムが稼働を開始した。七十七銀行 フレッシュアイペディアより)

122件中 61 - 70件表示

「七十七銀行」のニューストピックワード