122件中 71 - 80件表示
  • 七十七銀行

    七十七銀行から見た東二番丁通り

    1958年(昭和33年)10月: 仙台市東二番丁(。広瀬通との交差点北東角。跡地は朝日生命仙台本町ビル)七十七銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 七十七銀行

    七十七銀行から見た訴訟

    2012年9月11日、同店従業員3名の遺族が安全への配慮を怠ったとして、同行を相手に計約2億3500万円の損害賠償を求める訴訟を仙台地裁に起こした。2014年2月25日、同地裁は「屋上を超えるような20メートル近い巨大津波の予見は困難」として賠償請求を棄却する判決を下した。遺族側はこの判決を不服として控訴した。判決を受け同行は、「12人の行員・スタッフを失った悲しみに変わりはない。防災への取り組みや意識を一層高めたい」とのコメントを発表した。七十七銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 七十七銀行

    七十七銀行から見た平 (いわき市)

    平七夕まつり(支店開設を記念して創設)七十七銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 七十七銀行

    七十七銀行から見た郡山市

    2006年11月6日付け東北の県庁所在地で唯一支店のない青森市に「青森法人事務所」を開設。同時に郡山・山形・盛岡の各支店には法人営業の専担者を配置した。また2016年9月には青森県下人口第二の都市である八戸市にも法人営業所を開設した。七十七銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 七十七銀行

    七十七銀行から見た和解

    2014年6月10日、仙台高裁において控訴審の第1回口頭弁論が開かれ、遺族側は請求を棄却した仙台地裁判決の破棄を、銀行側は控訴棄却をそれぞれ求めた。翌15年4月22日、同高裁は銀行側は(従業員らが避難した)支店屋上の高さを超える津波を具体的に予見することはできなかったとして、地裁判決を支持。遺族の控訴を棄却した。判決を受け同行は、「このような悲しい出来事が繰り返されることのないよう、防災への取り組みを一層強化していく」とのコメントを公表した。また遺族側は上告の意思を表明している。なお和解協議は継続されていたが、同3月17日で打ち切られている。七十七銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 七十七銀行

    七十七銀行から見たクラッチ

    キャラクターICキャッシュカードは、2008年(平成20年)3月26日より発行開始となった。コツコツくん・ナナちゃんのオリジナルキャラクターではなく、楽天イーグルス(クラッチ・クラッチーナ・Mr.カラスコ)、ベガルタ仙台(ベガッ太)、仙台89ERS(ティナ)があしらわれた、地元プロスポーツチームのキャラクター3種類を採用している。七十七銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 七十七銀行

    七十七銀行から見た東二番丁

    同行における情報処理システムは、第二次長期経営計画で策定されたオンライン化推進の計画に沿って、1970年(昭和45年)11月為替システムが稼働したことに端を発する。また、この間には電子計算機を収容するため東二番丁に事務センターを建設するも、事務量の増大化に伴う狭隘化の懸念が出てきたため、1974年(昭和49年)7月には木町通2丁目に従来比、4倍強の床面積を誇る地上7階、地下1階からなる新事務センターが竣工した。そして、創業百周年を目前に控えた1978年(昭和53年)10月、融資オンラインシステムの稼働により同行における総合オンラインシステムは全面稼働となった。また1983年(昭和58年)1月には、富士通とともに構築した営業店の改善ニーズを反映させた第二次オンラインシステムが稼働を開始した。七十七銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 七十七銀行

    七十七銀行から見た控訴

    2012年9月11日、同店従業員3名の遺族が安全への配慮を怠ったとして、同行を相手に計約2億3500万円の損害賠償を求める訴訟を仙台地裁に起こした。2014年2月25日、同地裁は「屋上を超えるような20メートル近い巨大津波の予見は困難」として賠償請求を棄却する判決を下した。遺族側はこの判決を不服として控訴した。判決を受け同行は、「12人の行員・スタッフを失った悲しみに変わりはない。防災への取り組みや意識を一層高めたい」とのコメントを発表した。七十七銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 七十七銀行

    七十七銀行から見た伊達氏

    第七十七国立銀行の設立に当たっては、渋沢栄一が大きく関わっている。元々国立銀行条例の起草に関わっており、大蔵省に入る動機を作ってくれた伊達宗城は元宇和島藩主であり、仙台と宇和島は伊達氏つながりの血縁関係の都市でもある。このような背景から、渋沢は東北の振興にも関心を持ち、その核たる国立銀行設立を目指す氏家グループにアドバイスを送った。更に、設立に際しては自ら資本を出資し、自ら頭取を務める第一国立銀行から人材を派遣するなど、物心ともに第七十七国立銀行を支援した。第2代、4代の頭取の遠藤敬止は渋沢の推薦であった。七十七銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 七十七銀行

    七十七銀行から見た青葉通

    1977年(昭和52年)9月: 仙台市中央三丁目(。青葉通・東二番丁南東角。現本店)七十七銀行 フレッシュアイペディアより)

122件中 71 - 80件表示

「七十七銀行」のニューストピックワード