102件中 81 - 90件表示
  • 七十七銀行

    七十七銀行から見た中央 (仙台市)

    1977年(昭和52年)9月: 仙台市中央三丁目(。青葉通・東二番丁南東角。現本店)七十七銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 七十七銀行

    七十七銀行から見た伊達氏

    第七十七国立銀行の設立に当たっては、渋沢栄一が大きく関わっている。元々国立銀行条例の起草に関わっており、大蔵省に入る動機を作ってくれた伊達宗城は元宇和島藩主であり、仙台と宇和島は伊達氏つながりの血縁関係の都市でもある。このような背景から、渋沢は東北の振興にも関心を持ち、その核たる国立銀行設立を目指す氏家グループにアドバイスを送った。更に、設立に際しては自ら資本を出資し、自ら頭取を務める第一国立銀行から人材を派遣するなど、物心ともに第七十七国立銀行を支援した。第2代、4代の頭取の遠藤敬止は渋沢の推薦であった。七十七銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 七十七銀行

    七十七銀行から見た青葉通

    1977年(昭和52年)9月: 仙台市中央三丁目(。青葉通・東二番丁南東角。現本店)七十七銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 七十七銀行

    七十七銀行から見た平七夕まつり

    平七夕まつり(平支店開設を記念して創設)七十七銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 七十七銀行

    七十七銀行から見たPay-easy

    インターネットバンキングは、テレホンバンキングのオプションサービスとして、提供されている。サービス開始当初利用に際しては、手数料が徴収されていたが2008年(平成20年)4月14日以降、Pay-easy提供開始とともに、無料化された。七十七銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 七十七銀行

    七十七銀行から見たメガバンク

    「石橋を叩いても渡らない」と評される経営は良くも悪くも堅実である。開発融資・不動産投資への自制のみならず、漫然とした取引そのものへの戒めは慎重さを如実に示しており、メガバンクが国民の税金による公的資金導入に至らざるを得なかったバブル経済期でも、七十七銀行は健全経営を続けた。七十七銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 七十七銀行

    七十七銀行から見た仙台

    1872年(明治5年)に制定された国立銀行条例によって全国が銀行設立ブームで沸き返る中、仙台でも銀行設立の動きが活発化した。元仙台藩士の氏家厚時を中心とするグループは、当時第一国立銀行と三井銀行の出張所しかなかった宮城県の現状を憂い、地元に基盤を置く銀行の設立を決意。1878年(明治11年)2月に大蔵省に願書を提出した。願書は程なく認可され、同年12月9日、「第七十七国立銀行」として業務を開始した。初代頭取には氏家が就任した。七十七銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 七十七銀行

    七十七銀行から見た勘定系システム

    現在は、2008年(平成20年)1月に更改された、富士通メインフレームの独自構築の勘定系システムを採用しているが、2011年(平成23年)11月14日付で、横浜銀行とほくほくフィナンシャルグループ傘下2行(北陸銀行・北海道銀行)とのシステム共通化の基本合意を行ったことを明らかにし、事実上、NTTデータが構築する「3行共同利用システム・MEJAR」(富士通メインフレーム)への移行が明らかになった。2012年(平成24年)5月11日付で、NTTデータを含めて基本契約を締結し、リプレースは、2016年(平成28年)1月4日を予定している。七十七銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 七十七銀行

    七十七銀行から見た広瀬通

    1958年(昭和33年)10月: 仙台市東二番丁(。広瀬通との交差点北東角。跡地は朝日生命仙台本町ビル)七十七銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 七十七銀行

    七十七銀行から見た名取市

    さらに七十七銀行としては初となる「インストアブランチ」を名取市の大型商業施設・イオンモール名取(ダイヤモンドシティ・エアリとして、2007年(平成19年)2月28日グランド・オープン)に、「エアリ相談プラザ(杜せきのした支店エアリ出張所)」を開設した。七十七銀行 フレッシュアイペディアより)

102件中 81 - 90件表示

「七十七銀行」のニューストピックワード