人工多能性幹細胞 ニュース&Wiki etc.

人工多能性幹細胞(じんこう たのうせい かんさいぼう、)とは、体細胞へ数種類の遺伝子を導入することにより、ES細胞(胚性幹細胞)のように非常に多くの細胞に分化できる分化万能性 (pluripotency)と、分裂増殖を経てもそれを維持できる自己複製能を持たせた細胞のこと。 (出典:Wikipedia)

「人工多能性幹細胞」Q&A

  • Q&A

    答えを教えていただけませんか? 〔No.10〕 わが国の宇宙開発に関する記述として、…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年10月15日 11:26

  • Q&A

    理研など、iPS細胞由来網膜細胞の免疫拒絶反応モデルを開発 iPS細胞由来網膜細胞…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年9月25日 13:52

  • Q&A

    iPS細胞(人工多能性幹細胞)に関する質問です。 1.iPS細胞(人工多能性幹細胞)…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年1月28日 17:00

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「人工多能性幹細胞」のつながり調べ

  • 福田康夫

    福田康夫から見た人工多能性幹細胞

    福田内閣の「知的財産推進計画2008」には、先端医療分野に対する支援策も盛り込まれた。特許保護体制の早急な整備・構築を打ち出すとともに、人工多能性幹細胞研究に対し国内の大学・研究機関の総力を投入し、オールジャパン体制でのiPS細胞開発支援を打ち出した。(福田康夫 フレッシュアイペディアより)

  • 脊髄損傷

    脊髄損傷から見た人工多能性幹細胞

    現在最も有望視されているのが、骨髄や神経の幹細胞を用いた神経再生の試みである。動物実験では部分的な効果が報告されているが、人体に応用し治療に役立つには未だ基礎研究の段階であり、研究の強力な推進が望まれている。主として人工多能性幹細胞、胚性幹細胞、肝細胞増殖因子の使用が研究されているが、クリアすべき課題も多い。例として、人工多能性幹細胞を用いた場合、免疫反応は回避できると考えられるものの、腫瘍となる可能性が指摘されている。また、胚性幹細胞については、免疫反応や腫瘍化の問題に加え、倫理面での問題が指摘されている。肝細胞増殖因子の場合は、腫瘍化はしないとされているが、脊髄損傷直後でないと治療効果が発現しにくいとされている。(脊髄損傷 フレッシュアイペディアより)

「人工多能性幹細胞」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「人工多能性幹細胞」のニューストピックワード