41件中 11 - 20件表示
  • 知的財産推進計画

    知的財産推進計画から見た人工多能性幹細胞人工多能性幹細胞

    この他、iPS細胞に関する研究支援・日本製コンテンツの流通を政治的に規制している国への緩和要求・中国で特に問題となっているコンテンツ製作者と無関係な第三者による商標出願や日本の地名を商標出願する行為への対策強化等の項目が新規に追加されている。知的財産推進計画 フレッシュアイペディアより)

  • 岡田善雄

    岡田善雄から見た人工多能性幹細胞人工多能性幹細胞

    1957年に発表した細胞融合に関する世界初の論文は、欧米で大きな反響を呼び画期的大発見と最高の評価が下された。これ以後、人間とネズミとの細胞融合をはじめ、色々な組み合わせの融合ができることが分かり、細胞レベルでの遺伝学やウイルスによる発ガンの研究が飛躍的に進展した。また2種類の細胞の性質が混じった細胞を作る方法は、遺伝子組み換えなどとともにバイオテクノロジーの柱の一つになった。新薬や医療技術の開発、新しい植物の開発、農作物の品種改良、有用微生物の改良など、様々な分野で利用されている。生命科学や基礎医学の発展に及ぼした影響は計り知れない。近年、万能細胞として脚光を浴びる山中伸弥京都大学教授の人工多能性幹(iPS)細胞も、この系譜上にあるといえる。岡田は現代のバイオテクノロジーの発展につながる先駆者となったが、当時の国内ではその意義を理解する人は少なく、環境の整った欧米で研究は花開き生命科学の発展に繋がっていった。岡田善雄 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋和利

    高橋和利から見た人工多能性幹細胞人工多能性幹細胞

    奈良先端科学技術大学院大学の山中研究室で、人工多能性幹細胞(iPS細胞)発見時の実験を担当した。ES細胞で発現する24個の遺伝子をマウス繊維芽細胞に導入すると、多能性幹細胞が発生した。その後、24個の遺伝子から必要なものを選択する方法を山中が考えていると「あまり難しく考えないで、導入する遺伝子を1個ずつ減らしてみてはどうか。」と提案、Oct4、Sox2、Klf4、c-Mycの4つのリプログラミング遺伝子(山中因子)の同定を成功させた。2006年のマウスのiPS細胞発見の論文は山中と高橋の共著。高橋和利 フレッシュアイペディアより)

  • 京都大学再生医科学研究所

    京都大学再生医科学研究所から見た人工多能性幹細胞人工多能性幹細胞

    2007年には、再生医科学研究所教授・山中伸弥の人工多能性幹細胞(iPS細胞:induced pluripotent stem cell)に関する論文によって、世界的に有名となる。その功績が認められ、再生医科学研究所は日本の再生医療研究の中心地となる予定である。京都大学再生医科学研究所 フレッシュアイペディアより)

  • 2008年の科学

    2008年の科学から見た人工多能性幹細胞人工多能性幹細胞

    9月11日 - 京都大学、人工多能性幹細胞(iPS細胞)の作製方法に関する特許が日本で成立したと発表 。2008年の科学 フレッシュアイペディアより)

  • 京都大学iPS細胞研究所

    京都大学iPS細胞研究所から見た人工多能性幹細胞人工多能性幹細胞

    iPS細胞(人工多能性幹細胞)に関する基礎研究および応用研究を行い、「再生医療の実現に貢献する」ことを理念に掲げている。大部分を占める非正規雇用の職員と大学院生を含めて約200人が働いている。研究所は地上5階、地下1階の建物で、各研究室間の仕切りを取り払い、研究者同士で自由な議論をすることができる「オープンラボ形式」が特徴である。京都大学iPS細胞研究所 フレッシュアイペディアより)

  • MM9

    MM9から見た人工多能性幹細胞人工多能性幹細胞

    第2話に登場。地元の伝承で「数十年に一度柔らかくなる」と言われていた海岸近くの岩礁。一昨年の調査で休眠中のMであることが判明し、その年のM6号に認定。それ以降、気特対の定点観測対象になっている。実際に暴れたわけではないので、一般人からのMとしての認知度は低い。本体から採取された細胞サンプルから作成されたiPS細胞がつくば気象研究所で実験材料にされていたが、液状化して逃走。元の弁当箱ほどのサイズから最終的には人間よりも巨大化したが、急激な成長に耐え切れず自壊した。MM9 フレッシュアイペディアより)

  • EIGHTH

    EIGHTHから見たIPS細胞人工多能性幹細胞

    新庄博士の紹介でIPS細胞の研究のためにエイスにやって来る。あまりに優秀であったため、周囲の同年代の普通の子供とは話が共有できず、孤立したことがあるため「研究者でない人の前で専門的な話をして場の空気を壊すこと」を恐れている。そのためナオヤやセルシアのことは当初は怖がっていたが、ヒカルの助けもあり友人となり、ヒカルとセルシアからは非常に可愛がられている。EIGHTH フレッシュアイペディアより)

  • 脊髄損傷

    脊髄損傷から見た人工多能性幹細胞人工多能性幹細胞

    現在最も有望視されているのが、骨髄や神経の幹細胞を用いた神経再生の試みである。動物実験では部分的な効果が報告されているが、人体に応用し治療に役立つには未だ基礎研究の段階であり、研究の強力な推進が望まれている。主として人工多能性幹細胞、胚性幹細胞、肝細胞増殖因子の使用が研究されているが、クリアすべき課題も多い。例として、人工多能性幹細胞を用いた場合、免疫反応は回避できると考えられるものの、腫瘍となる可能性が指摘されている。また、胚性幹細胞については、免疫反応や腫瘍化の問題に加え、倫理面での問題が指摘されている。肝細胞増殖因子の場合は、腫瘍化はしないとされているが、脊髄損傷直後でないと治療効果が発現しにくいとされている。脊髄損傷 フレッシュアイペディアより)

  • 虚構新聞

    虚構新聞から見た人工多能性幹細胞人工多能性幹細胞

    iPS細胞利用で心筋移植、世界初の臨床応用(2012年10月13日)1虚構新聞 フレッシュアイペディアより)

41件中 11 - 20件表示

「人工多能性幹細胞」のニューストピックワード