41件中 21 - 30件表示
  • 拒絶反応

    拒絶反応から見た人工多能性幹細胞人工多能性幹細胞

    拒絶反応(きょぜつはんのう)とは、移植を行った後に起こる一連の生体反応である。2010年現在の移植医療は、拒絶反応をどれだけコントロールできるかに注目されている。ES細胞、iPS細胞といった再生医療の発達によって将来、これらのマネージメントは大きく変わる可能性がある。拒絶反応 フレッシュアイペディアより)

  • 遠位型ミオパチー

    遠位型ミオパチーから見た人工多能性幹細胞人工多能性幹細胞

    近年iPS細胞が開発されたことにより、再生医療の進歩がいっそう加速したことは間違いない。ES細胞と違い、倫理的な問題と拒絶反応の問題が一気に解消されたためである。しかしながら、実用化に向けてクリアされるべき問題がまだまだたくさんあるのも事実である。骨格筋の再生医療の場合、完全に脂肪化してしまった筋肉を再生させることは本当に可能なのか、培養細胞レベルで筋肉に分化したとしても、生体内できちんと機能する筋肉となり得るのかなど不明な点は数多く残っている。遺伝子疾患の患者の場合はさらに問題がある。患者から作製されたiPS細胞は遺伝子異常を伴っているため、これを補わなければならないためである。現在、遺伝子疾患の患者からiPS細胞を作製するプロジェクトが既に始まっており、iPS細胞を作製すること自体は時間をかければできるものと考えられる。しかしながら、いざiPS細胞ができた際に迅速に治療に移せるのかどうかについては今のところ不明な点も多い。遠位型ミオパチー フレッシュアイペディアより)

  • ヒトに由来する生薬

    ヒトに由来する生薬から見た人工多能性幹細胞人工多能性幹細胞

    なお近年では、ヒト胎盤抽出エキスを用いたプラセンタや、臓器移植、輸血、iPS細胞などの人体組織由来の医療法は、ある程度一般的に使用されているが、これには人体の商品化という面からの問題提起がなされている。ヒトに由来する生薬 フレッシュアイペディアより)

  • 福田康夫

    福田康夫から見た人工多能性幹細胞人工多能性幹細胞

    福田内閣の「知的財産推進計画2008」には、先端医療分野に対する支援策も盛り込まれた。特許保護体制の早急な整備・構築を打ち出すとともに、人工多能性幹細胞研究に対し国内の大学・研究機関の総力を投入し、オールジャパン体制でのiPS細胞開発支援を打ち出した。福田康夫 フレッシュアイペディアより)

  • 再生医学

    再生医学から見た人工多能性幹細胞人工多能性幹細胞

    再生医学を行う手法として、クローン作製、臓器培養、多能性幹細胞(ES細胞、iPS細胞)の利用、自己組織誘導の研究などがある。将来的には遺伝子操作をした豚などの体内で人間の臓器を養殖するという手法も考えられている。自己組織誘導については、細胞と、分化あるいは誘導因子(シグナル分子)と、足場の3つを巧みに組み合わせることによって、組織再生が可能になるとみられており、従来の材料による機能の回復(工学技術にもとづく人工臓器)には困難が多く限界があること、臓器移植医療が移植適合性などの困難を抱えていることから、再生医学には大きな期待が寄せられている。日本では京都大学再生医科学研究所の山中伸弥教授による研究成果が、世界から注目されている。再生医学 フレッシュアイペディアより)

  • 2000年代

    2000年代から見た人工多能性幹細胞人工多能性幹細胞

    11月21日 - 京都大学の山中伸弥教授が、人工多能性幹細胞(iPS細胞)の作成に成功したと発表。2000年代 フレッシュアイペディアより)

  • 大韓民国

    大韓民国から見た人工多能性幹細胞人工多能性幹細胞

    再生医療は世界的に将来有望な市場とみなされており、近年、韓国でも再生医学などの医療・生命科学技術(バイオテクノロジー)を振興している。2004年から2005年にかけてのソウル大学の黄禹錫教授のヒト胚性幹細胞(ES細胞)に関する一連の世界初の成果により、韓国は再生医学分野における世界の先頭走者に躍り出ると見られていた。しかし、実験に用いる卵子採取に際して倫理的な問題が浮上し、黄禹錫教授が米科学雑誌Scienceで発表した、世界初の「ヒトクローン胚からのES細胞作製に関する論文」についての捏造疑惑が浮上した。捜査と再検証によりイヌクローンの論文以外の一連の世界初の成果は全て捏造だということが判明し、この分野での韓国の信頼と経済的可能性は失墜した。これにより黄禹錫はソウル大学を免職処分になり、さらには詐欺と横領罪により起訴されるに至っている(事件の詳細は黄禹錫の項を参照)。その後2006年に、山中伸弥の日本のグループがマウスから人工多能性幹細胞(iPS細胞、Induced Pluripotent Stem Cell)の生成に成功し、2007年に山中のグループとアメリカのグループがそれぞれほぼ同時期にヒトの皮膚からiPS細胞の生成に成功したことにより、再生医療分野の経済的可能性は新しい段階に突入し、山中は本件で2012年にノーベル生理学・医学賞を受賞した。大韓民国 フレッシュアイペディアより)

  • 幹細胞

    幹細胞から見た人工多能性幹細胞人工多能性幹細胞

    人工多能性幹細胞、誘導万能細胞(iPS細胞)幹細胞 フレッシュアイペディアより)

  • 受精卵

    受精卵から見た万能細胞人工多能性幹細胞

    また受精卵が分裂・分化する過程であらわれる万能細胞を中絶胎児などから取り出して研究に用いることについて、やはり同様の倫理上の問題が指摘されている。そこには「ヒトはいつヒトになるのか」という根本的な生命倫理の問題が横たわっている。受精卵 フレッシュアイペディアより)

  • 2013年のテレビ (日本)

    2013年のテレビ (日本)から見た人工多能性幹細胞人工多能性幹細胞

    26日 - テレビ東京でこの日昼に放送予定だった特番『爆笑問題の現状打破TV』が放送中止に。同番組にはiPS細胞による治療の大半を虚偽と認めた森口尚史も出演していたが、3月16日に、森口の出演部分をカットして放送されることになった。2013年のテレビ (日本) フレッシュアイペディアより)

41件中 21 - 30件表示

「人工多能性幹細胞」のニューストピックワード