前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
95件中 1 - 10件表示
  • 人工多能性幹細胞

    人工多能性幹細胞から見た山中伸弥

    2006年(平成18年)、山中伸弥率いる京都大学の研究グループによってマウスの線維芽細胞(皮膚細胞)から初めて作られた。人工多能性幹細胞 フレッシュアイペディアより)

  • 人工多能性幹細胞

    人工多能性幹細胞から見たバイエル (企業)

    ヒトiPS細胞の樹立については、山中ら京大グループよりもバイエル薬品が先行していた可能性が指摘された。山中らの実験を聞いた2006年8月に開発に着手し、2007年春には作製に成功していたという。これは山中らの論文発表(2007年11月)に先行する。一方、実際の特許出願時期は、バイエル社の2007年6月に対して京大グループは2006年12月であり、山中らの方が先んじていたことが判明している。しかしながら、特許記載内容からも、ヒトiPS細胞はこの時点で作製されておらず、2007年7月に作製されたことが公表されている。2011年8月現在、日本、アメリカ、ヨーロッパ等で特許が成立している。バイエル社の樹立法は山中らの樹立法と異なる点もあるので、バイエル社の特許は方法を限定して部分的に認められる可能性もある。同様のことは、アメリカの研究グループの方法についても当てはまる。現在、Pierian Inc.にiPS細胞関連特許のライセンスを許諾し、iPierian Inc.から同社保有のiPS細胞特許を譲り受けた。その見返りにiPierianは、全世界で京大有するiPS細胞関連特許に基づき、ヒト用治療薬の研究開発を行う。人工多能性幹細胞 フレッシュアイペディアより)

  • 人工多能性幹細胞

    人工多能性幹細胞から見た胚性幹細胞

    人工多能性幹細胞(じんこう たのうせい かんさいぼう、)とは、体細胞へ数種類の遺伝子を導入することにより、ES細胞(胚性幹細胞)のように非常に多くの細胞に分化できる分化万能性 (pluripotency)と、分裂増殖を経てもそれを維持できる自己複製能を持たせた細胞のこと。人工多能性幹細胞 フレッシュアイペディアより)

  • 人工多能性幹細胞

    人工多能性幹細胞から見た京都大学

    2006年(平成18年)、山中伸弥率いる京都大学の研究グループによってマウスの線維芽細胞(皮膚細胞)から初めて作られた。人工多能性幹細胞 フレッシュアイペディアより)

  • 人工多能性幹細胞

    人工多能性幹細胞から見た神経細胞

    1981年にマウスES細胞、1998年にヒトES細胞が樹立されてから年月が経ち、定期的に脈打つ心筋細胞や軸索を持った神経細胞、インスリンを分泌する膵β細胞など、ES細胞からさまざまな種類の細胞を作り出すことに成功しているが、大部分はまだ細胞レベルの基礎研究であり、実際に移植した際の機能や組織補完能力についてはまだ良く分かっていない。また、高度な機能と構造を持った組織や臓器レベル(心臓、脳、膵臓等)の再生は、実用化に程遠いのが実状である。人工多能性幹細胞 フレッシュアイペディアより)

  • 人工多能性幹細胞

    人工多能性幹細胞から見た動物

    しかし、(高等)動物では、受精卵以外の組織はこうした能力(全能性)を持たない。一方、培養下において、全ての組織に分化し得る能力(分化万能性)を持つ細胞は存在する。一般論をいえば、これらの分化万能性を持つ動物の細胞を適切な培地にいれて適切な条件で培養しても、秩序だった組織は形成されず、細胞の塊ができるだけである。しかし、これらの細胞から組織、器官を分化・形成させることができれば、事故や病気などで失ってしまった体の部分を移植元の人体の提供なしに移植することができる。また、他人の組織移植に伴う拒絶反応の発生を抑制することも可能となると考えられる。そのため、培養による組織の形成には様々な試みがなされてきた。人工多能性幹細胞 フレッシュアイペディアより)

  • 人工多能性幹細胞

    人工多能性幹細胞から見たクローン

    こうした遺伝子発現パターンの違いを解析し、人為的に切り替えることができれば、分化した体細胞を未分化な分化万能細胞へと戻すこと(初期化[リプログラミング])ができると考えられていた。この仮説を裏付けていたのが、核移植技術によるクローン胚作製の成功である。すなわち、体細胞の核を取り出し、核を取り除いた未受精卵内に移植することによって、核内の遺伝子発現パターンが未分化な細胞のパターンにリプログラムされることが示されている。また、体細胞をES細胞と融合させることにより、体細胞の遺伝子発現がES細胞様に変化することも知られていた。これはつまり、卵やES細胞の中に、核内のエピジェネティックな情報をリプログラムすることが可能な因子が含まれていることを意味している。ただし、その因子が一体何であるのかは、長い間謎に包まれていた。人工多能性幹細胞 フレッシュアイペディアより)

  • 人工多能性幹細胞

    人工多能性幹細胞から見たTリンパ球

    また、レトロウイルスを用いないでiPS細胞を作出する手法の開発も進められている。慶應義塾大学医師の福田恵一らのグループではTリンパ球にセンダイウイルスを導入する方法を報告している。人工多能性幹細胞 フレッシュアイペディアより)

  • 人工多能性幹細胞

    人工多能性幹細胞から見たiPod

    「iPS細胞」という名前は、山中教授自身が命名したもので、最初を小文字の「i」にしたのは、当時世界的に大流行していた米アップルの携帯音楽プレーヤーである『iPod』のように普及してほしいとの願いが込められていると言われているが、最初のinducedを小文字にしているのはPS細胞の一系統ということが分かりやすいように慣例に基づいて名付けたもので、山中教授がそう答えた背景には、本当のお固い真面目な理由ではなく、冗談で記者を和ませようとした山中教授のユーモアセンス溢れる人柄によるもの。人工多能性幹細胞 フレッシュアイペディアより)

  • 人工多能性幹細胞

    人工多能性幹細胞から見た

    1981年にマウスES細胞、1998年にヒトES細胞が樹立されてから年月が経ち、定期的に脈打つ心筋細胞や軸索を持った神経細胞、インスリンを分泌する膵β細胞など、ES細胞からさまざまな種類の細胞を作り出すことに成功しているが、大部分はまだ細胞レベルの基礎研究であり、実際に移植した際の機能や組織補完能力についてはまだ良く分かっていない。また、高度な機能と構造を持った組織や臓器レベル(心臓、、膵臓等)の再生は、実用化に程遠いのが実状である。人工多能性幹細胞 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
95件中 1 - 10件表示

「人工多能性幹細胞」のニューストピックワード