三内丸山遺跡 ニュース&Wiki etc.

三内丸山遺跡(さんないまるやまいせき)は、青森県青森市大字三内字丸山にある、縄文時代前期中頃から中期末葉の大規模集落跡。沖館川右岸の河岸段丘上に立地する。2000年に国の特別史跡に指定。遺跡跡には住居群、倉庫群のほか、シンボル的な3層の掘立柱建物が再現されており、資料館もある。青森県教育庁文化財保護課三内丸山遺跡保存活用… (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「三内丸山遺跡」のつながり調べ

  • 鯨骨

    鯨骨から見た三内丸山遺跡

    縄文時代から生活必需品として鯨骨の利用があったが、装飾品と見られる鯨骨製の刀剣が日本各地の遺跡から見つかっている。青森県青森市の三内丸山遺跡(約5,500- 約4,000年前〈紀元前3千年紀前後〉、縄文時代中期)では「クジラの骨刀」、長崎県壱岐市の原ノ辻遺跡(約2,200年前〈紀元前3世紀〉)から「鯨骨製骨剣」、延宝4年(1676年)建立された青森県上北郡七戸町見町の見町観音堂には「鯨骨製青竜刀形骨」などがあり、形状も時代もさまざまである。このような技術が継続的に伝承されたかは定かでないが、江戸時代からの組織捕鯨の産業化に伴い、鯨細工という工芸品が巷に流通し、産業となった。(鯨骨 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤洋一郎 (農学者)

    佐藤洋一郎 (農学者)から見た三内丸山遺跡

    『〈三内丸山遺跡〉植物の世界 DNA考古学の視点から』石川隆二共著 裳華房 ポピュラー・サイエンス 2004(佐藤洋一郎 (農学者) フレッシュアイペディアより)

「三内丸山遺跡」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「三内丸山遺跡」
地図情報

「三内丸山遺跡」のニューストピックワード