三内丸山遺跡 ニュース&Wiki etc.

三内丸山遺跡(さんないまるやまいせき)は青森県青森市大字三内字丸山にある、縄文時代前期中頃から中期末葉の大規模集落跡。沖館川右岸の河岸段丘上に立地する。2000年に国の特別史跡に指定。遺跡跡には住居群、倉庫群のほか、シンボル的な3層の掘立柱建物が再現されており、資料館もある。2009年8月現在、青森県教育庁文化財保護課三… (出典:Wikipedia)

「三内丸山遺跡」最新ニュース

「三内丸山遺跡」Q&A

  • Q&A

    三内丸山遺跡って田畑から出てきた遺跡ですか。元々原っぱだったんじゃないのでしょ!?

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年10月21日 23:39

  • Q&A

    ピコ太郎「PPAP」YouTube再生回数10億回で5千万円ゲット! ピコ太郎こと古…

    [続きを読む]

    回答数:4質問日時 - 2016年10月21日 19:05

  • Q&A

    三内丸山遺跡の6本柱は直径2mもあるそうですがそれらはやはり石斧で倒されて建築に使わ…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年10月15日 02:12

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「三内丸山遺跡」のつながり調べ

  • 海洋国家としての日本

    海洋国家としての日本から見た三内丸山遺跡

    古来、山幸彦と海幸彦の神話や浦島太郎などの海を通じた説話が多くあり、海や山を中心として文化が醸成されてきた。三内丸山遺跡などの最近の発掘結果から、縄文期から日本海及び東シナ海の沿岸航路による海洋民族の存在が推測されている。(海洋国家としての日本 フレッシュアイペディアより)

  • 青森県営野球場

    青森県営野球場から見た三内丸山遺跡

    老朽化のため、1990年代前半に東北自動車道青森インターチェンジ付近で整備中だった新運動公園の敷地内に新球場が完成するのを機に閉鎖される予定だったが、新球場建設工事と並行して発掘調査を行っていた三内丸山遺跡の保存のため建設は中止、運動公園の計画そのものも白紙となった。その後は現・県営球場を改修しながら継続使用している。(青森県営野球場 フレッシュアイペディアより)

「三内丸山遺跡」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「三内丸山遺跡」のニューストピックワード