64件中 11 - 20件表示
  • 小牧野遺跡

    小牧野遺跡から見た三内丸山遺跡三内丸山遺跡

    小牧野遺跡(こまきのいせき)は、青森県青森市で発見された縄文時代前半に作られた遺跡。所在地は青森市野沢字小牧野。三内丸山遺跡の南に位置する。1995年(平成7年)3月17日に国の史跡に指定された。小牧野遺跡 フレッシュアイペディアより)

  • 青森平野

    青森平野から見た三内丸山遺跡三内丸山遺跡

    縄文時代は、小牧野遺跡や三内丸山遺跡など、数々の遺跡が存在することから、当時の人々が生活していたことが知られる。ただし、当時の海岸線は現在よりもかなり陸地側に入り込んだところにあったと思われる。その後も、海岸部には長らく湿地帯が多く残っていたと思われる。青森平野 フレッシュアイペディアより)

  • 高床式倉庫

    高床式倉庫から見た三内丸山遺跡三内丸山遺跡

    日本では縄文時代の遺構から出土例がみられ、三内丸山遺跡(青森県)で縄文時代中期(紀元前3000年 - 2000年)の祭殿に用いられたと見られている高床建築の遺構が出土し、また桜町遺跡で縄文時代中期末(紀元前2000年)の高床式建物の建築部材が出土している。弥生時代には、穀物を蓄える倉庫として一般に普及したと考えられており、代表的な遺構としては弥生時代の登呂遺跡(静岡県)や弥生後期の吉野ヶ里遺跡(佐賀県)がある。銅鐸(香川県で出土と伝わる)や銅鏡(佐味田宝塚古墳〈奈良県〉)・土器(唐古遺跡〈奈良県〉)に高床建築が描かれているが、倉庫としての建築であるかは不明である。高床式倉庫 フレッシュアイペディアより)

  • 県立戦隊アオモレンジャー

    県立戦隊アオモレンジャーから見た三内丸山遺跡三内丸山遺跡

    青森県が有事に備え設立した県土防衛組織。本部基地は三内丸山遺跡の地下に建造されており、遺跡入り口付近のラーメン屋・はにわラーメンがその出入口となっている。本部及び各支部の精鋭5人で構成された、県立戦隊戦闘部隊がアオモレンジャーである。県立戦隊アオモレンジャー フレッシュアイペディアより)

  • 日本の港町

    日本の港町から見た三内丸山遺跡三内丸山遺跡

    日本の港町の起源はよく判っていない。青森県にある縄文時代の三内丸山遺跡を港町とする有力な見解がある。このことから、日本の港町は縄文時代まで遡るとも考えられる。弥生時代には、中国王朝(後漢・魏など)との交易の記録があり、中国との交易および倭国における交易のため、列島各地に港町が形成されたと見られる。壱岐島にある原の辻遺跡は弥生期の港町跡とされている。日本書紀には、仁徳天皇が河内平野を開発し、難波(大阪)を外港・宮都(首都)として整備したことが記されている。古墳時代以降、北部九州と畿内を結ぶ瀬戸内海が、倭国(日本)の重要な交通路となり沿岸には多くの港町が形成された。日本の港町 フレッシュアイペディアより)

  • 鯨骨

    鯨骨から見た三内丸山遺跡三内丸山遺跡

    縄文時代から生活必需品として鯨骨の利用があったが、装飾品と見られる鯨骨製の刀剣が日本各地の遺跡から見つかっている。青森県青森市の三内丸山遺跡(約5,500- 約4,000年前〈紀元前3千年紀前後〉、縄文時代中期)では「クジラの骨刀」、長崎県壱岐市の原ノ辻遺跡(約2,200年前〈紀元前3世紀〉)から「鯨骨製骨剣」、延宝4年(1676年)建立された青森県上北郡七戸町見町の見町観音堂には「鯨骨製青竜刀形骨」などがあり、形状も時代もさまざまである。このような技術が継続的に伝承されたかは定かでないが、江戸時代からの組織捕鯨の産業化に伴い、鯨細工という工芸品が巷に流通し、産業となった。鯨骨 フレッシュアイペディアより)

  • 掘立柱建物

    掘立柱建物から見た三内丸山遺跡三内丸山遺跡

    歴史的には縄文時代前期に出現し、青森県青森市の三内丸山遺跡や秋田県大館市の池内遺跡など拠点集落の中心的な建物に用いた。ことに三内丸山遺跡の巨大な木柱による六本柱の建物は有名である。径1mのクリ材もさることながら、柱穴の間隔、幅、深さがそれぞれ4.2m、2m、2mで全て一致することも重要である。特に「4.2m間隔」の柱穴は他の縄文遺跡でも確認されており「縄文尺」とでもいうべき共通の尺度が広汎に使用されていたのではないかと考えられるまでになった。この六本柱の建物は祭壇や見張り台のような施設ではなかったかと推定されている。掘立柱建物 フレッシュアイペディアより)

  • 一ノ坂遺跡

    一ノ坂遺跡から見た三内丸山遺跡三内丸山遺跡

    長さ44メートル、幅4メートルの超大型住居を検出したことで知られる。同じ縄文時代前期の三内丸山遺跡(青森県青森市、長さ32メートル×幅10メートル)、杉沢台遺跡(秋田県能代市、長さ31メートル×幅8メートル)とならび縄文時代最大級の建造物で、長さだけからすれば日本最大規模を有する。一ノ坂遺跡 フレッシュアイペディアより)

  • 超大型住居

    超大型住居から見た三内丸山遺跡三内丸山遺跡

    三内丸山遺跡…前期、竪穴式、青森県青森市、長さ32m×幅10m超大型住居 フレッシュアイペディアより)

  • 宮畑遺跡

    宮畑遺跡から見た三内丸山遺跡三内丸山遺跡

    三内丸山遺跡(大型柱穴跡が検出された遺跡)宮畑遺跡 フレッシュアイペディアより)

64件中 11 - 20件表示

「三内丸山遺跡」のニューストピックワード