88件中 11 - 20件表示
  • 沖館川

    沖館川から見た三内丸山遺跡三内丸山遺跡

    縄文時代からの集落跡が出土し、三内丸山遺跡として残されている。現在では青森市立三内中学校、青森市立三内西小学校が河川敷をグラウンドに利用している。下流では2007年にプレジャーボート不法係留について問題となった。沖館川 フレッシュアイペディアより)

  • 青森県営サッカースタジアム

    青森県営サッカースタジアムから見た三内丸山遺跡三内丸山遺跡

    1994年1月19日に開催された日本招致委員会実行委員会で、石原俊実行委員会会長より「日本が開催国となるためには各地域におけるスタジアム整備が重要なポイントになってきているので、各開催候補地にあっては所定の計画に従って整備してもらいたい」と発言がなされ、青森県は専用スタジアム建設に方針を変換した。平成6年度予算で青森県単独事業としてサッカー専用スタジアム建設の方針が示された。当初の建設地としては三内丸山遺跡の発掘調査がなされている県営野球場の建設地に隣接した場所への整備が計画された。同年6月22日の県議会定例会で、スタジアム建設は1996年6月のFIFA理事会で開催地が日本に決定され、その後日本国内の開催地が決定された後に着工することが答弁された。その後の発掘調査で、三内丸山遺跡が、それまでの縄文時代の定説やイメージを翻すような大規模な遺跡であることが明らかにされ野球場の建設は中止となり、サッカー場の建設予定地にも試掘により遺跡が埋まっている可能性が高いと見て建設予定地をそのまま保存することが決定された。その後、建設予定地として青森県総合運動公園の拡張、荒川地区、横内地区、桑原地区、野内地区、新城地区の6箇所が調査検討されたが、様々な理由から運動公園予定地が候補とされた。青森県営サッカースタジアム フレッシュアイペディアより)

  • 梵珠山

    梵珠山から見た三内丸山遺跡三内丸山遺跡

    梵珠山は青森県の「県民の森梵珠山」となっている。青森市浪岡は浪岡氏による地名であり浪岡大釈迦地区は釈迦が付く大釈迦駅や大釈迦川など飛鳥時代から信仰に関わる名が付けられたとされる。梵珠山の東方10kmには三内丸山遺跡がある。梵珠山 フレッシュアイペディアより)

  • 青森市歴史民俗展示館 稽古館

    青森市歴史民俗展示館 稽古館から見た三内丸山遺跡三内丸山遺跡

    雪国の暮らし、生活用具、仕事用具、津軽のこぎんざし、南部菱刺、津軽塗、民間信仰、アイヌの文様・工芸などに特徴がある。民具、民芸に関する展示は全国的に見ても充実している部類に入っており、アイヌのタマサイなどのコレクションは北海道以外では最も優れた質量を誇っていた。稽古館にかかわりのある人物のひとりで、館長を務めた在野の民具研究家田中忠三郎は柳宗悦らの民藝運動の流れを汲んでいる。また、三内丸山遺跡出土品をはじめとする青森市の埋蔵文化財の展示室、そして青森空襲と戦後の復興についての展示室もあるなど、約1万6000点の資料が収蔵されていたが、2006年1月31日を以て閉館された。青森市歴史民俗展示館 稽古館 フレッシュアイペディアより)

  • 櫓 (城郭)

    櫓 (城郭)から見た三内丸山遺跡三内丸山遺跡

    櫓は防御の目的だけではなく、ものを観察・監視するためにも用いられる。これを物見櫓(ものみやぐら)という。物見櫓は、弥生時代にはすでに建てられており『魏志倭人伝』では、「楼観」という記述が見られ、同時期の遺跡と考えられている吉野ヶ里遺跡では物見櫓と見られる掘立柱建築の跡が出土している。時代を遡り、縄文時代中期に当たる紀元前3000年 - 紀元前2000年の遺跡である三内丸山遺跡(青森県)では大型の掘立柱の構造物または建築物の跡と見られる遺跡が出土しており、物見櫓の跡であるという説がある。櫓 (城郭) フレッシュアイペディアより)

  • 青森平野

    青森平野から見た三内丸山遺跡三内丸山遺跡

    縄文時代は、小牧野遺跡や三内丸山遺跡など、数々の遺跡が存在することから、当時の人々が生活していたことが知られる。ただし、当時の海岸線は現在よりもかなり陸地側に入り込んだところにあったと思われる。その後も、海岸部には長らく湿地帯が多く残っていたと思われる。青森平野 フレッシュアイペディアより)

  • 三内温泉

    三内温泉から見た三内丸山遺跡三内丸山遺跡

    近年観光名所として人気を呼ぶ三内丸山遺跡には、ほど近いところにある。また、徒歩で行ける三内霊園には、棟方志功をはじめとする青森ゆかりの著名人の墓がある。三内温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 邦光史郎

    邦光史郎から見た三内丸山遺跡三内丸山遺跡

    海の邪馬台国 三内丸山遺跡が古代史の定説を変えた 祥伝社 1996.4 (ノン・ポシェット)邦光史郎 フレッシュアイペディアより)

  • 高床式倉庫

    高床式倉庫から見た三内丸山遺跡三内丸山遺跡

    日本では縄文時代の遺構から出土例がみられ、三内丸山遺跡(青森県)で縄文時代中期(紀元前3000年 - 2000年)の祭殿に用いられたと見られている高床建築の遺構が出土し、また桜町遺跡で縄文時代中期末(紀元前2000年)の高床式建物の建築部材が出土している。弥生時代には、穀物を蓄える倉庫として一般に普及したと考えられており、代表的な遺構としては弥生時代の登呂遺跡(静岡県)や弥生後期の吉野ヶ里遺跡(佐賀県)がある。銅鐸(香川県で出土と伝わる)や銅鏡(佐味田宝塚古墳〈奈良県〉)・土器(唐古遺跡〈奈良県〉)に高床建築が描かれているが、倉庫としての建築であるかは不明である。高床式倉庫 フレッシュアイペディアより)

  • 紀元前23世紀

    紀元前23世紀から見た三内丸山遺跡三内丸山遺跡

    日本の三内丸山遺跡の終末期(紀元前3900年頃 - )。紀元前23世紀 フレッシュアイペディアより)

88件中 11 - 20件表示

「三内丸山遺跡」のニューストピックワード