64件中 21 - 30件表示
  • トイレ遺構

    トイレ遺構から見た三内丸山遺跡三内丸山遺跡

    青森県青森市の三内丸山遺跡(縄文時代前期、約5500年前)の、遺跡北部に南北に入り込んでいる谷は「遺物廃棄ブロック」と呼ばれているが、ここに堆積する有機物を多く含む泥土を分析試料として採取、分析した結果、1cm3あたり13000個を超す寄生虫卵が検出され、その種類から人の排泄物と判断されたため、谷が「トイレ空間」として利用されていることがわかった。寄生虫卵のほとんどが鞭虫卵で、少量の異形吸虫卵を含んでいた。このことから、三内丸山の縄文人が鞭虫症による腹痛などの消化器症状に悩まされていたこと、鞭虫卵に汚染されやすい野草・野菜または水を摂取していたこと、異形吸虫類は沿岸魚から稀に感染することから海水魚が食されていたこと、淡水魚や獣類に起因する寄生虫は見いだせず、これらは常食されていなかっただろう、ということがわかった。トイレ遺構 フレッシュアイペディアより)

  • 邦光史郎

    邦光史郎から見た三内丸山遺跡三内丸山遺跡

    海の邪馬台国 三内丸山遺跡が古代史の定説を変えた 祥伝社 1996.4 (ノン・ポシェット)邦光史郎 フレッシュアイペディアより)

  • 和田家文書 (和田喜八郎)

    和田家文書 (和田喜八郎)から見た三内丸山遺跡三内丸山遺跡

    特に作為が疑わしい箇所は、1994年に縄文時代最大の集落跡と確認された青森市の三内丸山遺跡に関する部分について、1995年以降に公開された和田家文書に記述があるものの、それ以前に公開された文書には記述が全く無い点である。古田武彦は、三内丸山遺跡発見以前に活字化された和田家文書の中の「石神殿」の記述は、三内丸山遺跡に当たるとの説明を行っているが、いわゆる三内丸山遺跡についての直接記述が1995年以降発表の和田家文書にのみ存在するという事実は動かしようがない。和田家文書 (和田喜八郎) フレッシュアイペディアより)

  • 千葉作龍

    千葉作龍から見た三内丸山遺跡三内丸山遺跡

    ねぶたの題材において、それまでなかった新しいテーマを開拓してきたことが挙げられる。スランプを脱出して以来、密教の世界や古代の蝦夷、東北の英雄、さらにはアイヌなどを制作し、1995年には前年の三内丸山遺跡の発掘から、「縄文」をテーマに取り上げ大きな話題となった。ねぶたは最高賞のねぶた大賞を受賞し、その後シリーズで制作された。千葉作龍 フレッシュアイペディアより)

  • 櫓 (城郭)

    櫓 (城郭)から見た三内丸山遺跡三内丸山遺跡

    櫓は防御の目的だけではなく、ものを観察・監視するためにも用いられる。これを物見櫓(ものみやぐら)という。物見櫓は、弥生時代にはすでに建てられており『魏志倭人伝』では、「楼観」という記述が見られ、同時期の遺跡と考えられている吉野ヶ里遺跡では物見櫓と見られる掘立柱建築の跡が出土している。時代を遡り、縄文時代中期に当たる紀元前3000年 - 紀元前2000年の遺跡である三内丸山遺跡(青森県)では大型の掘立柱の構造物または建築物の跡と見られる遺跡が出土しており、物見櫓の跡であるという説がある。櫓 (城郭) フレッシュアイペディアより)

  • 青森市歴史民俗展示館 稽古館

    青森市歴史民俗展示館 稽古館から見た三内丸山遺跡三内丸山遺跡

    雪国の暮らし、生活用具、仕事用具、津軽のこぎんざし、南部菱刺、津軽塗、民間信仰、アイヌの文様・工芸などに特徴がある。民具、民芸に関する展示は全国的に見ても充実している部類に入っており、アイヌのタマサイなどのコレクションは北海道以外では最も優れた質量を誇っていた。稽古館にかかわりのある人物のひとりで、館長を務めた在野の民具研究家田中忠三郎は柳宗悦らの民藝運動の流れを汲んでいる。また、三内丸山遺跡出土品をはじめとする青森市の埋蔵文化財の展示室、そして青森空襲と戦後の復興についての展示室もある。2006年を以て閉館された。青森市歴史民俗展示館 稽古館 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の貿易史

    日本の貿易史から見た三内丸山遺跡三内丸山遺跡

    日本列島は最終氷期が終わったおよそ1万年前にユーラシア大陸から切り離され、以降は外の国や地域との交流を行うさいには海を渡る必要があった。そのため日本は造船・航海技術の発達が見られるまで、沿岸航路による地域間の交易にとどまっていた。現在の佐賀県から産出した黒曜石が朝鮮半島からも出土したり、日本列島では糸魚川周辺でしか産出されない翡翠の加工品が三内丸山遺跡で出土したりするなど、規模は小さいながらも広範囲で交易が行われていたことが推測される。大陸との交流が盛んになるのは、大陸から稲作を行う弥生人が日本列島へ流入した後の時代からである。日本の貿易史 フレッシュアイペディアより)

  • 北村正哉

    北村正哉から見た三内丸山遺跡三内丸山遺跡

    1979年に竹内の後継者として知事選に出馬、当選した。町議時代からの持論だった「産業構造の高度化」を知事としても掲げ、道路や鉄道、空港、港湾などインフラストラクチャーの整備に尽力した。特に東北新幹線の青森までの整備には副知事時代から取り組み、計画の凍結や延期を経験しても粘り強く盛岡駅以北の早期着工を訴えて、地元では「ミスター新幹線」と呼ばれた。また、六ヶ所村核燃料再処理施設の誘致に力を入れ、1985年に六ケ所村への核燃施設受け入れを決定している。1987年、「青秋林道建設の見直し発言」を行い、後のユネスコ世界遺産・白神山地(自然遺産)登録への道を開いた。1994年には世論を受けて三内丸山遺跡の永久保存を決めた。北村正哉 フレッシュアイペディアより)

  • 青森県立郷土館

    青森県立郷土館から見た三内丸山遺跡三内丸山遺跡

    主要展示は、重要文化財に指定された青森市三内丸山遺跡の出土品、遮光器土偶で知られるつがる市亀ヶ岡遺跡、八戸市是川遺跡をはじめとする考古分野に豊富な資料を有する。ほか、世界遺産に登録された白神山地などの自然分野、歴史分野、民俗分野、産業分野などがある。美術品の多くは2006年7月13日に開館した青森県立美術館へ移管された。青森県立郷土館 フレッシュアイペディアより)

  • 井沢元彦

    井沢元彦から見た三内丸山遺跡三内丸山遺跡

    (考古の森研究会)『縄文都市国家の謎 古代史大推理 驚異の「三内丸山遺跡」全解読』 共編著 スコラ 1995井沢元彦 フレッシュアイペディアより)

64件中 21 - 30件表示

「三内丸山遺跡」のニューストピックワード