64件中 31 - 40件表示
  • 捕鯨

    捕鯨から見た三内丸山遺跡三内丸山遺跡

    紀元前3000年ころ、日本の縄文時代の三内丸山遺跡からクジラの骨が出土している。捕鯨 フレッシュアイペディアより)

  • 海洋国家としての日本

    海洋国家としての日本から見た三内丸山遺跡三内丸山遺跡

    古来、山幸彦と海幸彦の神話や浦島太郎などの海を通じた説話が多くあり、海や山を中心として文化が醸成されてきた。三内丸山遺跡などの最近の発掘結果から、縄文期から日本海及び東シナ海の沿岸航路による海洋民族の存在が推測されている。海洋国家としての日本 フレッシュアイペディアより)

  • 青森県立美術館

    青森県立美術館から見た三内丸山遺跡三内丸山遺跡

    青森県立美術館(あおもりけんりつびじゅつかん)とは、2006年7月13日に開館した青森県青森市の郷土文化を紹介するための施設である。所在地は青森県青森市大字安田字近野地内。三内丸山遺跡の隣に位置する。「県美」と呼ばれることが多い。青森県立美術館 フレッシュアイペディアより)

  • 美しい日本の歩きたくなるみち500選

    美しい日本の歩きたくなるみち500選から見た三内丸山遺跡三内丸山遺跡

    三内丸山・縄文の杜へのみち美しい日本の歩きたくなるみち500選 フレッシュアイペディアより)

  • ヒスイ製勾玉

    ヒスイ製勾玉から見た三内丸山遺跡三内丸山遺跡

    日本産のヒスイを、日本の工房で加工した物とされる。北海道の美々4号遺跡、ヲフキ遺跡、青森の三内丸山遺跡、亀ヶ岡遺跡、新潟糸魚川の長者ヶ原遺跡、長野の離山遺跡などから出土しており、縄文中期(BC5,000年)頃から作られていた。特に長者ヶ原遺跡からはヒスイ製勾玉とともにヒスイ加工工房も見つかっている。蛍光X線分析により三内丸山遺跡や北海道南部で出土するヒスイが糸魚川産であることがわかっており、縄文人が広い範囲で交易していた事実を示すと考えられている。ヒスイ製勾玉 フレッシュアイペディアより)

  • 梵珠山

    梵珠山から見た三内丸山遺跡三内丸山遺跡

    梵珠山は青森県の「県民の森梵珠山」となっている。青森市浪岡は浪岡氏による地名であり浪岡大釈迦地区は釈迦が付く大釈迦駅や大釈迦川など飛鳥時代から信仰に関わる名が付けられたとされる。梵珠山の東方10kmには三内丸山遺跡がある。梵珠山 フレッシュアイペディアより)

  • 発掘調査

    発掘調査から見た三内丸山遺跡三内丸山遺跡

    埋蔵文化財包蔵地でなくても工事中に偶然遺跡が発見される(不時発見)ことがしばしばあるが、多くは発掘調査終了後に記録として保存されるのみで遺跡は破壊される場合が多い。しかしその中でも本来の計画を変更し、歴史公園などとして保存する例もある。そういった例では、工業団地造成のための発掘調査で大規模な集落跡が見つかった佐賀県の吉野ヶ里遺跡が特に有名である。同様に、青森市の三内丸山遺跡は野球場建設、大阪府藤井寺市のはさみ山遺跡(梨田地点)は住宅建設にともなう調査であり、いずれも保護措置(現状保存)がとられた。発掘調査 フレッシュアイペディアより)

  • 釈迦堂遺跡群

    釈迦堂遺跡群から見た三内丸山遺跡三内丸山遺跡

    出土遺物において土偶は1,116個体を数え、同一遺跡群からの土偶の出土数としては青森県の三内丸山遺跡に次ぐ多さである。土偶は大半が縄文時代中期のもので、数量の多さに加え、いずれも一部意図的な破壊が認められるなど、出土状況の明らかな点で学術的に貴重なものである。釈迦堂遺跡群 フレッシュアイペディアより)

  • 青森県の観光地

    青森県の観光地から見た三内丸山遺跡三内丸山遺跡

    File:SannaiTour.JPG|三内丸山遺跡(国の特別史跡)青森県の観光地 フレッシュアイペディアより)

  • 縄文時代

    縄文時代から見た三内丸山遺跡三内丸山遺跡

    縄文前期から中期にかけては最も典型的な縄文文化が栄えた時期であり、現在は三内丸山遺跡と呼ばれる場所に起居した縄文人たちが保持していたのも、主にこの時期の文化形式である。この時期には日本列島に大きく分けて9つの文化圏が成立していたと考えられている(後述)。海水面は縄文前期の中頃には現在より3メートルほど高くなり、気候も現在よりなお温暖であった。この時期のいわゆる縄文海進によって沿岸部には好漁場が増え、海産物の入手も容易になったと林謙作は指摘している。植生面では関ヶ原より西は概ね照葉樹林帯となった。縄文時代 フレッシュアイペディアより)

64件中 31 - 40件表示

「三内丸山遺跡」のニューストピックワード