88件中 31 - 40件表示
  • 近代以前の日本の都市人口統計

    近代以前の日本の都市人口統計から見た三内丸山遺跡三内丸山遺跡

    三内丸山遺跡 - 縄文時代中期後半 500人近代以前の日本の都市人口統計 フレッシュアイペディアより)

  • 北村正哉

    北村正哉から見た三内丸山遺跡三内丸山遺跡

    1979年に竹内の後継者として知事選に出馬、当選した。町議時代からの持論だった「産業構造の高度化」を知事としても掲げ、道路や鉄道、空港、港湾などインフラストラクチャーの整備に尽力した。特に東北新幹線の青森までの整備には副知事時代から取り組み、計画の凍結や延期を経験しても粘り強く盛岡駅以北の早期着工を訴えて、地元では「ミスター新幹線」と呼ばれた。また、六ヶ所村核燃料再処理施設の誘致に力を入れ、1985年に六ケ所村への核燃施設受け入れを決定している。1987年、「青秋林道建設の見直し発言」を行い、後のユネスコ世界遺産・白神山地(自然遺産)登録への道を開いた。1994年には世論を受けて三内丸山遺跡の永久保存を決めた。北村正哉 フレッシュアイペディアより)

  • 青森西バイパス

    青森西バイパスから見た三内丸山遺跡三内丸山遺跡

    青森都市計画道路3・2・2号内環状線 - 三内丸山遺跡方面へ通じる市道青森西バイパス フレッシュアイペディアより)

  • ストーンサークル

    ストーンサークルから見た三内丸山遺跡三内丸山遺跡

    ストーンサークルの密集域が円筒土器文化圏(東北北部)と重なっていること、円筒土器は遼河文明と関連していること、遼河文明と関連する三内丸山遺跡からもストーンサークルが発見されていることから、日本にストーンサークルをもたらしたのはY染色体ハプログループNに属すウラル系遼河文明人と考えられる。ただしウラル系民族に環状列石を造る文化は元来なく、東アジアに環状列石を伝播させた集団はY染色体ハプログループR1bに属す集団と考えられる。彼らはトカラ語派の担い手としてアルタイ地域まで到達していたことが明らかとなっており、アファナシェヴォ文化では、ストーンサークルを伴った墓槨がみられる。その文化が東進して遼河文明に入り、ウラル系遼河文明人を介して日本にもたらされたと考えられる。秋田県に多いJCウイルスEu-a2(JK)タイプもこの流れと共にもたらされた可能性がある。ストーンサークル フレッシュアイペディアより)

  • 和田家文書 (和田喜八郎)

    和田家文書 (和田喜八郎)から見た三内丸山遺跡三内丸山遺跡

    特に作為が疑わしい箇所は、1994年に縄文時代最大の集落跡と確認された青森市の三内丸山遺跡に関する部分について、1995年以降に公開された和田家文書に記述があるものの、それ以前に公開された文書には記述が全く無い点である。古田武彦は、三内丸山遺跡発見以前に活字化された和田家文書の中の「石神殿」の記述は、三内丸山遺跡に当たるとの説明を行っているが、いわゆる三内丸山遺跡についての直接記述が1995年以降発表の和田家文書にのみ存在するという事実は動かしようがない。和田家文書 (和田喜八郎) フレッシュアイペディアより)

  • 青森県営野球場

    青森県営野球場から見た三内丸山遺跡三内丸山遺跡

    老朽化のため、1990年代前半に東北自動車道青森インターチェンジ付近で整備中だった新運動公園の敷地内に新球場が完成するのを機に閉鎖される予定だったが、新球場建設工事と並行して発掘調査を行っていた三内丸山遺跡の保存のため建設は中止、運動公園の計画そのものも白紙となった。その後は現・県営球場を改修しながら継続使用している。青森県営野球場 フレッシュアイペディアより)

  • 円筒土器文化圏

    円筒土器文化圏から見た三内丸山遺跡三内丸山遺跡

    この文化圏内では、土器ばかりではなく石器の種類(たとえば石篦)、竪穴住居の形や構造、土偶や岩偶のような精神文化に関わる遺物などにも強い共通性を有する。縄文海進の最も進んだ縄文時代前期には北海道函館市のサイベ沢遺跡や青森県青森市の三内丸山遺跡、秋田県大館市の池内遺跡などの巨大集落が営まれ、そこでは従来の縄文時代のイメージを一新する発掘成果が相次いだ。巨大な竪穴住居(超大型住居)の検出例としては三内丸山遺跡のほか秋田県能代市の杉沢台遺跡などがある。円筒土器文化圏 フレッシュアイペディアより)

  • 円筒土器

    円筒土器から見た三内丸山遺跡三内丸山遺跡

    青森県青森市の三内丸山遺跡や秋田県大館市の池内遺跡、秋田県能代市の杉沢台遺跡や北海道函館市のサイベ沢遺跡など巨大集落をともなう時期の土器であり、口縁部に文様帯を区画して設け、さまざまな押圧縄文によって装飾をほどこす点に前期・中期を通じた特色がある。円筒土器 フレッシュアイペディアより)

  • サイベ沢遺跡

    サイベ沢遺跡から見た三内丸山遺跡三内丸山遺跡

    函館市の中心部から約6.5キロメートル、低平な段丘が西に開けた西桔梗町と呼ばれる場所に東西600メートル、南北400メートルにわたって位置する。遺跡の広さは約15ヘクタールと、北海道内でも最大級の大きさで、円筒下層式土器や上層式土器などの生活道具が大量に含まれた厚さ4メートルの文化層も発見されるなど、北海道・東北の中でも最大級であり、青森県青森市の三内丸山遺跡にも匹敵する大規模遺跡のひとつと考えられている。サイベ沢遺跡 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の道路

    日本の道路から見た三内丸山遺跡三内丸山遺跡

    古代の人々が農耕を始めて定住した場所には、集落間での交易が始まって往来が頻繁になり、多くの人が歩いた結果、自然発生的に踏み分けられた原始的な道ができた。それ以外の場所では、「獣道(けもの道)」が次第に踏み固められ、川沿いや尾根伝い、低い峠などに主要な道路が形成されて行った、とされていたが、2000年に国の特別史跡に指定された三内丸山遺跡に幅12メートルの舗装された道路が発見され、すでに縄文時代には人の手によって道路が作られていたことからそれまでの通説が覆っている。日本書紀の神武東征の件りで、河内国から大和国に兵を進めた様子を書いた記述、「皇師兵を勅へて歩より龍田に赴く。而して其の路嶮しくして、人並み行くを得ず。」が、日本の書物の中での道路についての最も古い記述であるとされている。当時の道路が、人が2列で行進することができないほど狭いものであったことが判る。日本の道路 フレッシュアイペディアより)

88件中 31 - 40件表示

「三内丸山遺跡」のニューストピックワード