64件中 41 - 50件表示
  • 青森市立三内中学校

    青森市立三内中学校から見た三内丸山遺跡三内丸山遺跡

    青森市立三内西小学校と同時に隣り合うように建てられた中学校である。付近には三内丸山遺跡があるため遺跡が話題となっていた当時は関連して扱われていた。付近には隣接してリバーランドという市の管理する公園があり、陸上競技用のトラック、サッカー場2面、テニスコート3?4面、露天バレーコート2?4面などがあり中学校にしては様々なスポーツが行える大きな設備が備わっているとして、中体連などでよく使用される。青森市立三内中学校 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の染織工芸

    日本の染織工芸から見た三内丸山遺跡三内丸山遺跡

    日本列島では、織物に先行して編物が作られていたとみられる。縄文時代草創期 - 前期の遺跡である鳥浜貝塚(福井県)からは編物や縄の断片が出土しており、縄文時代前期 - 中期の三内丸山遺跡(青森県)からは編籠(通称「縄文ポシェット」)が出土した。縄文晩期の遺跡からは間接資料ではあるが、布目圧痕のある土器が出土しており、この時代には布製品が生産されていたことがわかる。この時代の織物はヤマフジ、クズ、シナノキなどの樹皮繊維や、苧麻(ちょま)、大麻、イラクサなどの草皮繊維を原材料として作られていたと思われる。日本の染織工芸 フレッシュアイペディアより)

  • 桐朋中学校・高等学校

    桐朋中学校・高等学校から見た三内丸山遺跡三内丸山遺跡

    例年、学年で東北を巡るという4泊5日の計画で行われる。初日に新幹線で八戸まで行った後、三内丸山遺跡、奥入瀬渓流、龍泉洞、田老、中尊寺などを見学し、再び新幹線を利用して帰京する。基本的にはクラス別行動だが、三日目のみはコース別行動になる。このコースは各自、事前に選択をする。初日に宿泊する蔦温泉およびに酸ケ湯温泉(3クラスずつ蔦と酸ケ湯に分宿)は湯治場として有名である。また、事前学習として、国語の授業では奥の細道の暗誦が行われている。桐朋中学校・高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 青森県営野球場

    青森県営野球場から見た三内丸山遺跡三内丸山遺跡

    老朽化のため、1990年代前半に東北自動車道青森インターチェンジ付近で整備中だった新運動公園の敷地内に新球場が完成するのを機に閉鎖される予定だったが、新球場建設工事と並行して発掘調査を行っていた三内丸山遺跡の保存のため建設は中止、運動公園の計画そのものも白紙となった。その後は現・県営球場を改修しながら継続使用している。青森県営野球場 フレッシュアイペディアより)

  • 宮城県仙台第一高等学校

    宮城県仙台第一高等学校から見た三内丸山遺跡三内丸山遺跡

    1学年時における宿泊行事で、1977年より毎年6月から7月頃に行われている。網地島という仙台湾内の島での島の生態や環境の調査といった生物や地学の実習や、石巻市の漁業関係施設や女川原子力PRセンターの訪問などの政治経済の実習を兼ねていた。しかし2011年の合同巡検は東日本大震災の影響で中止となった。そして2012年からはSSH合同巡検として青森で再開した。浅虫海岸での生物実習。三内丸山遺跡の遺跡研修。大釈迦層での地学実習を行なっている。研修後にレポートの提出がある。宮城県仙台第一高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • クリ

    クリから見た三内丸山遺跡三内丸山遺跡

    日本のクリは縄文時代人の主食であり、青森県の三内丸山遺跡から出土したクリから、縄文時代にはすでに本種が栽培されていたことがわかっている。クリ フレッシュアイペディアより)

  • 青森観光バス

    青森観光バスから見た三内丸山遺跡三内丸山遺跡

    (津軽海峡フェリーターミナル - 青森港フェリーターミナル - )新青森駅東口 - 古川 - 県庁前 - 新町二丁目 - アウガ前(※:右回りのみ) - 青森駅(ワ・ラッセ)前 - アスパム前 - 県立郷土館前 - 棟方志功記念館前 - サンロード青森前 - イトーヨーカドー青森店前 - 県立図書館前 - 三内丸山遺跡前 - 県立美術館前 - 歯科技専前 - 新青森駅南口青森観光バス フレッシュアイペディアより)

  • 日本文明

    日本文明から見た三内丸山遺跡三内丸山遺跡

    最近進んだ縄文時代の三内丸山遺跡の調査成果を踏まえて、縄文時代を「縄文文明」と呼称し、世界四大文明などの古代文明に匹敵する高度な古代文明社会として位置づけようとする論がある。日本文明 フレッシュアイペディアより)

  • 東北地方

    東北地方から見た三内丸山遺跡三内丸山遺跡

    縄文時代には気候が温暖化して、東北地方も縄文中期には現在より暖かかったと考えられている。当時の採集・狩猟・漁労を中心とした生活では、西日本よりも東日本の方が生活に適しており、東北地方は関東地方や中央高地とともに縄文時代の遺跡が高密度に分布する地域として知られる。最も人口密度が低かった近畿地方・中国地方・四国地方と比べて、人口密度が最も高かった関東は30倍以上、東北も5倍〜10倍程度の人が住んでいたと見られている。そのため、1440年も続いた巨大集落である三内丸山遺跡などが存在し、栗栽培など原始的な縄文農耕も始まり、関東や中央高地などと共に縄文文化の中心を担った。東北地方 フレッシュアイペディアより)

  • 紀元前3千年紀

    紀元前3千年紀から見た三内丸山遺跡三内丸山遺跡

    日本、縄文時代中期〜後期。集落が大型化し三内丸山遺跡のような巨大集落が現れた。植林農法の種類もドングリより食べやすいクリに変わり大規模化する。紀元前3千年紀 フレッシュアイペディアより)

64件中 41 - 50件表示

「三内丸山遺跡」のニューストピックワード