64件中 51 - 60件表示
  • 7月16日

    7月16日から見た三内丸山遺跡三内丸山遺跡

    1994年 - 青森県青森市の三内丸山遺跡で巨大建造物の木柱や大量の土器が出土し、国内最大級の縄文期の集落跡と判明。7月16日 フレッシュアイペディアより)

  • プラント・オパール

    プラント・オパールから見た三内丸山遺跡三内丸山遺跡

    日本では、特に三内丸山遺跡におけるヒエ栽培の可能性(縄文時代)や稲作の伝播経路(弥生時代)の研究が有名である。プラント・オパール フレッシュアイペディアより)

  • 都市国家

    都市国家から見た三内丸山遺跡三内丸山遺跡

    日本では加茂岩倉遺跡、吉野ヶ里遺跡の発見から、弥生時代に都市国家群を形成していたと推定できる。近年は三内丸山遺跡の発見により、縄文時代にまで起源が遡ることとなった。都市国家 フレッシュアイペディアより)

  • 松本清張

    松本清張から見た三内丸山遺跡三内丸山遺跡

    歴史学者の門脇禎二と考古学者の森浩一は、対談で、清張没後に進んだ三内丸山遺跡の発掘結果により清張説が否定された例もあるものの、当時の政治史中心の学界に対して、国際的な人的交流、貿易史の視点を強調したこと、あるいは朝鮮文化の影響を大きく評価する当時の研究風潮に対して、ゾロアスター教などペルシア文化の影響力を強調したことなどは、学界に大きな刺激となったこと、また清張がいる間は、学者もテレビなどでいい加減なことは言えない雰囲気があったことなどと述懐している。松本清張 フレッシュアイペディアより)

  • 史跡

    史跡から見た三内丸山遺跡三内丸山遺跡

    「長屋王邸宅跡」のように保存されていれば特別史跡に指定された可能性のきわめて高い遺跡も、発掘調査はなされたものの遺跡が破壊されてしまい「奈良そごう」(現在はイトーヨーカドー奈良店)となってしまったため、「史跡」には指定されなかった。一方、三内丸山遺跡のように、発掘調査によって遺跡の重要性が判明したため、既に着工していた野球場建設を中止し、遺跡の保存を決定し、特別史跡に指定されている例がある。史跡 フレッシュアイペディアより)

  • 新青森駅

    新青森駅から見た三内丸山遺跡三内丸山遺跡

    縄文時代を連想させる外観の駅舎は、中央部分に「未来への玄関」を表現したガラスの空間を設けている。また、ホームから町並みの眺望が楽しめるよう横一列に窓が配置された他、青森市郊外の三内丸山遺跡に倣った木柱のデザインを採用するなど、青森を堪能するための工夫が随所に見られる。新青森駅 フレッシュアイペディアより)

  • 斧

    から見た三内丸山遺跡三内丸山遺跡

    日本においても旧石器時代より斧は「石斧」として使用されてきた。はじめは石を打ち欠いて整形した「打製石器」だったが、縄文時代に滑らかに研ぎ澄まされた「磨製石斧」へと進歩し、大いに作業性が高まった。大木の根元で火を焚き、石斧で削りとる方式で伐採されたクリの巨木で作られた櫓や「ウッドサークル」を、青森県三内丸山遺跡や北陸のチカモリ遺跡に見ることができる。弥生時代に中国大陸や朝鮮半島より鉄製の斧が伝来したが、当時は鉄が貴重品だったため、鉄の使用量が少なくて済む、鍬のように木製の刃の先に鉄を被せた形状のものが流通していた。それでも貴重な品で、権力者の石棺に副葬品として納められるほどの重要性を持っていた。戦前まで沖縄で使われていた斧「ウーヌ」は、これとよく似た、木の台に刃を被せた形状である。やがて鉄器製造技術の向上によって斧は刃の全てを鉄で作られるようになり、古墳時代から飛鳥時代にかけて全国的に広まり、さらに続縄文時代だった北海道にも伝播した。 フレッシュアイペディアより)

  • 1994年

    1994年から見た三内丸山遺跡三内丸山遺跡

    7月16日 - 青森県の三内丸山遺跡で大量の遺物出土。1994年 フレッシュアイペディアより)

  • 青森西バイパス

    青森西バイパスから見た三内丸山遺跡三内丸山遺跡

    青森都市計画道路3・2・2号内環状線 - 三内丸山遺跡方面へ通じる市道青森西バイパス フレッシュアイペディアより)

  • 竪穴式住居

    竪穴式住居から見た三内丸山遺跡三内丸山遺跡

    竪穴住居跡-三内丸山遺跡(青森県教育庁文化財保護課)竪穴式住居 フレッシュアイペディアより)

64件中 51 - 60件表示

「三内丸山遺跡」のニューストピックワード