88件中 51 - 60件表示
  • 青森県庁

    青森県庁から見た三内丸山遺跡三内丸山遺跡

    1992年 - 三内丸山遺跡の発掘調査を開始。青森県庁 フレッシュアイペディアより)

  • 掘立柱建物

    掘立柱建物から見た三内丸山遺跡三内丸山遺跡

    歴史的には縄文時代前期に出現し、青森県青森市の三内丸山遺跡や秋田県大館市の池内遺跡など拠点集落の中心的な建物に用いた。ことに三内丸山遺跡の巨大な木柱による六本柱の建物は有名である。径1mのクリ材もさることながら、柱穴の間隔、幅、深さがそれぞれ4.2m、2m、2mで全て一致することも重要である。特に「4.2m間隔」の柱穴は他の縄文遺跡でも確認されており「縄文尺」とでもいうべき共通の尺度が広汎に使用されていたのではないかと考えられるまでになった。この六本柱の建物は祭壇や見張り台のような施設ではなかったかと推定されている。掘立柱建物 フレッシュアイペディアより)

  • 1990年代の日本

    1990年代の日本から見た三内丸山遺跡三内丸山遺跡

    三内丸山遺跡の発掘調査が開始される。1990年代の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の染織工芸

    日本の染織工芸から見た三内丸山遺跡三内丸山遺跡

    日本列島では、織物に先行して編物が作られていたとみられる。縄文時代草創期 - 前期の遺跡である鳥浜貝塚(福井県)からは編物や縄の断片が出土しており、縄文時代前期 - 中期の三内丸山遺跡(青森県)からは編籠(通称「縄文ポシェット」)が出土した。縄文晩期の遺跡からは間接資料ではあるが、布目圧痕のある土器が出土しており、この時代には布製品が生産されていたことがわかる。この時代の織物はヤマフジ、クズ、シナノキなどの樹皮繊維や、苧麻(ちょま)、大麻、イラクサなどの草皮繊維を原材料として作られていたと思われる。日本の染織工芸 フレッシュアイペディアより)

  • 縄文時代

    縄文時代から見た三内丸山遺跡三内丸山遺跡

    縄文前期から中期にかけては最も典型的な縄文文化が栄えた時期であり、現在は三内丸山遺跡と呼ばれる場所に起居した縄文人たちが保持していたのも、主にこの時期の文化形式である。この時期には日本列島に大きく分けて9つの文化圏が成立していたと考えられている(後述)。海水面は縄文前期の中頃には現在より3mほど高くなり、気候も現在よりなお温暖であった。この時期のいわゆる縄文海進によって沿岸部には好漁場が増え、海産物の入手も容易になったと林謙作は指摘している。植生面では関ヶ原より西は概ね照葉樹林帯となった。縄文時代 フレッシュアイペディアより)

  • 千葉作龍

    千葉作龍から見た三内丸山遺跡三内丸山遺跡

    ねぶたの題材において、それまでなかった新しいテーマを開拓してきたことが挙げられる。スランプを脱出して以来、密教の世界や古代の蝦夷、東北の英雄、さらにはアイヌなどを制作し、1995年には前年の三内丸山遺跡の発掘から、「縄文」をテーマに取り上げ大きな話題となった。ねぶたは最高賞のねぶた大賞を受賞し、その後シリーズで制作された。千葉作龍 フレッシュアイペディアより)

  • 美しい日本の歩きたくなるみち500選

    美しい日本の歩きたくなるみち500選から見た三内丸山遺跡三内丸山遺跡

    三内丸山・縄文の杜へのみち美しい日本の歩きたくなるみち500選 フレッシュアイペディアより)

  • 紀元前3千年紀

    紀元前3千年紀から見た三内丸山遺跡三内丸山遺跡

    日本、縄文時代中期〜後期。集落が大型化し三内丸山遺跡のような巨大集落が現れた。植林農法の種類もドングリより食べやすいクリに変わり大規模化する。紀元前3千年紀 フレッシュアイペディアより)

  • トイレ遺構

    トイレ遺構から見た三内丸山遺跡三内丸山遺跡

    青森県青森市の三内丸山遺跡(縄文時代前期、約5500年前)の、遺跡北部に南北に入り込んでいる谷は「遺物廃棄ブロック」と呼ばれているが、ここに堆積する有機物を多く含む泥土を分析試料として採取、分析した結果、1cm3あたり13000個を超す寄生虫卵が検出され、その種類から人の排泄物と判断されたため、谷が「トイレ空間」として利用されていることがわかった。寄生虫卵のほとんどが鞭虫卵で、少量の異形吸虫卵を含んでいた。このことから、三内丸山の縄文人が鞭虫症による腹痛などの消化器症状に悩まされていたこと、鞭虫卵に汚染されやすい野草・野菜または水を摂取していたこと、異形吸虫類は沿岸魚から稀に感染することから海水魚が食されていたこと、淡水魚や獣類に起因する寄生虫は見いだせず、これらは常食されていなかっただろう、ということがわかった。トイレ遺構 フレッシュアイペディアより)

  • 青森ねぶた

    青森ねぶたから見た三内丸山遺跡三内丸山遺跡

    日本や中国の伝説や歴史上の人物、歌舞伎、神仏などを題材にすることが多いが近年では地元の伝説や偉人、テレビ番組(特にNHK・大河ドラマ)などを題材にすることもある。三内丸山遺跡が発掘された翌年の1995年には、縄文を題材にしたものが登場した。青森市初代名誉市民である棟方志功の生誕100周年となった2003年には彼の版画を題材にしたものが登場した。青森ねぶた フレッシュアイペディアより)

88件中 51 - 60件表示

「三内丸山遺跡」のニューストピックワード