88件中 61 - 70件表示
  • 廣瀬量平

    廣瀬量平から見た三内丸山遺跡三内丸山遺跡

    青森三内丸山遺跡で出土した、穴あきのこぶし大のヒスイ玉についても石笛の可能性を示唆し、笛演奏家の上杉紅童と渡青し、上杉氏の手により石笛であることを実証した。廣瀬量平 フレッシュアイペディアより)

  • 青森競輪場

    青森競輪場から見た三内丸山遺跡三内丸山遺跡

    青森競輪場(あおもりけいりんじょう)は、青森県青森市新城にある競輪場。通称は「みちのく競輪」または「Jomon Bank」(縄文バンク・近くに三内丸山遺跡があることから)。施設所有および主催は青森市。競技実施はJKA東日本地区本部北日本競技部。電話投票における競輪場コードは12#。実況は日本トーターで担当は山本浩司。青森競輪場 フレッシュアイペディアより)

  • 桐朋中学校・高等学校

    桐朋中学校・高等学校から見た三内丸山遺跡三内丸山遺跡

    例年、学年で北東北を巡るという4泊5日の計画で行われる。初日に新幹線で八戸まで行った後、三内丸山遺跡、奥入瀬渓流、龍泉洞、田老、中尊寺などを見学し、再び新幹線を利用して帰京する。基本的にはクラス別行動だが、三日目のみはコース別行動になる。このコースは各自、事前に選択をする。初日に宿泊する蔦温泉およびに酸ケ湯温泉(3クラスずつ蔦と酸ケ湯に分宿)は湯治場として有名である。また、事前学習として、地学の授業では東北地方太平洋沖地震と田老の津波を学び、国語の授業では『おくのほそ道』の暗誦が行われている。桐朋中学校・高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 日本人

    日本人から見た三内丸山遺跡三内丸山遺跡

    N系統(N-M231)はウラル系民族に高頻度で、日本には0-8%見られるが、具体的な渡来経路などは明らかでない。N1(xN-M128,N-P43,N-M46/N-Tat)が青森で7.7%観察され、遼河文明の遺跡人骨からもN1(xN-M128,N-P43,N-M46/N-Tat)が高頻度で見つかっており、かつ三内丸山遺跡と遼河文明の関連性が指摘されている。日本人 フレッシュアイペディアより)

  • 竪穴式住居

    竪穴式住居から見た三内丸山遺跡三内丸山遺跡

    竪穴住居跡-三内丸山遺跡(青森県教育庁文化財保護課)竪穴式住居 フレッシュアイペディアより)

  • 一ノ坂遺跡

    一ノ坂遺跡から見た三内丸山遺跡三内丸山遺跡

    長さ44メートル、幅4メートルの超大型住居を検出したことで知られる。同じ縄文時代前期の三内丸山遺跡(青森県青森市、長さ32メートル×幅10メートル)、杉沢台遺跡(秋田県能代市、長さ31メートル×幅8メートル)とならび縄文時代最大級の建造物で、長さだけからすれば日本最大規模を有する。一ノ坂遺跡 フレッシュアイペディアより)

  • クリ

    クリから見た三内丸山遺跡三内丸山遺跡

    日本において、クリは縄文時代初期から食用に利用されていた。長野県上松町のお宮の裏森遺跡の竪穴式住居跡からは1万2900年前?1万2700年前のクリが出土し、乾燥用の可能性がある穴が開けられた実もあった。縄文時代のクリは静岡県沼津市の遺跡でも見つかっているほか、青森県の三内丸山遺跡から出土したクリの実のDNA分析により、縄文時代には既にクリが栽培されていたことがわかっている。クリ フレッシュアイペディアより)

  • 斧

    から見た三内丸山遺跡三内丸山遺跡

    日本においても旧石器時代より斧は「石斧」として使用されてきた。はじめは石を打ち欠いて整形した「打製石器」だったが、縄文時代に滑らかに研ぎ澄まされた「磨製石斧」へと進歩し、大いに作業性が高まった。大木の根元で火を焚き、石斧で削りとる方式で伐採されたクリの巨木で作られた櫓や「ウッドサークル」を、青森県三内丸山遺跡や北陸のチカモリ遺跡に見ることができる。弥生時代に中国大陸や朝鮮半島より鉄製の斧が伝来したが、当時は鉄が貴重品だったため、鉄の使用量が少なくて済む、鍬のように木製の刃の先に鉄を被せた形状のものが流通していた。それでも貴重な品で、権力者の石棺に副葬品として納められるほどの重要性を持っていた。(なお、戦前まで沖縄で使われていた斧「ウーヌ」は、これとよく似た、木の台に刃を被せた形状である。)やがて鉄器製造技術の向上によって斧は刃の全てを鉄で作られるようになり、古墳時代から飛鳥時代にかけて全国的に広まり、さらに続縄文時代だった北海道にも伝播した。 フレッシュアイペディアより)

  • 井沢元彦

    井沢元彦から見た三内丸山遺跡三内丸山遺跡

    (考古の森研究会)『縄文都市国家の謎 古代史大推理 驚異の「三内丸山遺跡」全解読』共編著 スコラ 1995井沢元彦 フレッシュアイペディアより)

  • 小牧野遺跡

    小牧野遺跡から見た三内丸山遺跡三内丸山遺跡

    小牧野遺跡(こまきのいせき)は、青森県青森市にある縄文時代後期前半の遺跡。所在地は青森市野沢字小牧野。三内丸山遺跡の南に位置する。1995年(平成7年)3月17日に国の史跡に指定された。小牧野遺跡 フレッシュアイペディアより)

88件中 61 - 70件表示

「三内丸山遺跡」のニューストピックワード