88件中 71 - 80件表示
  • 鯨骨

    鯨骨から見た三内丸山遺跡三内丸山遺跡

    縄文時代から生活必需品として鯨骨の利用があったが、装飾品と見られる鯨骨製の刀剣が日本各地の遺跡から見つかっている。青森県青森市の三内丸山遺跡(約5,500- 約4,000年前〈紀元前3千年紀前後〉、縄文時代中期)では「クジラの骨刀」、長崎県壱岐市の原ノ辻遺跡(約2,200年前〈紀元前3世紀〉)から「鯨骨製骨剣」、延宝4年(1676年)建立された青森県上北郡七戸町見町の見町観音堂には「鯨骨製青竜刀形骨」などがあり、形状も時代もさまざまである。このような技術が継続的に伝承されたかは定かでないが、江戸時代からの組織捕鯨の産業化に伴い、鯨細工という工芸品が巷に流通し、産業となった。鯨骨 フレッシュアイペディアより)

  • 道路

    道路から見た三内丸山遺跡三内丸山遺跡

    日本では三内丸山遺跡(縄文時代 紀元前3500年 - 2000年)に幅12メートル、長さ420メートルの舗装された道路が発見されている。道路 フレッシュアイペディアより)

  • 青森市立三内西小学校

    青森市立三内西小学校から見た三内丸山遺跡三内丸山遺跡

    また、近くには三内丸山遺跡があり、総合の学習では丸山遺跡に徒歩で行き、まが玉を作ったりして、縄文時代について学んでいる。青森市立三内西小学校 フレッシュアイペディアより)

  • 発掘調査

    発掘調査から見た三内丸山遺跡三内丸山遺跡

    埋蔵文化財包蔵地でなくても工事中に偶然遺跡が発見される(不時発見)ことがしばしばあるが、多くは発掘調査終了後に記録として保存されるのみで遺跡は破壊される場合が多い。しかしその中でも本来の計画を変更し、歴史公園などとして保存する例もある。そういった例では、工業団地造成のための発掘調査で大規模な集落跡が見つかった佐賀県の吉野ヶ里遺跡が特に有名である。同様に、青森市の三内丸山遺跡は野球場建設、大阪府藤井寺市のはさみ山遺跡(梨田地点)は住宅建設にともなう調査であり、いずれも保護措置(現状保存)がとられた。発掘調査 フレッシュアイペディアより)

  • 初芝富田林中学校・高等学校

    初芝富田林中学校・高等学校から見た三内丸山遺跡三内丸山遺跡

    高校2年生が毎年9月に青森県と北海道に行く。青森県では三沢地区の農家へファームステイを行う。その他には、三内丸山遺跡の見学や函館や札幌、小樽での自由行動などがある。初芝富田林中学校・高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 紀元前20世紀

    紀元前20世紀から見た三内丸山遺跡三内丸山遺跡

    青森県の三内丸山遺跡が衰退する(紀元前3500年頃 - )。紀元前20世紀 フレッシュアイペディアより)

  • 世界四大文明

    世界四大文明から見た三内丸山遺跡三内丸山遺跡

    最近進んだ縄文時代の三内丸山遺跡の調査成果を踏まえて、縄文時代を「縄文文明」と呼称し、世界四大文明などの古代文明に匹敵する高度な古代文明社会として位置づけようとする論がある。世界四大文明 フレッシュアイペディアより)

  • 東北地方

    東北地方から見た三内丸山遺跡三内丸山遺跡

    縄文時代には気候が温暖化して、東北地方も縄文中期には現在より暖かかったと考えられている。当時の採集・狩猟・漁労を中心とした生活では、西日本よりも東日本の方が生活に適しており、東北地方は関東地方や中央高地とともに縄文時代の遺跡が高密度に分布する地域として知られる。最も人口密度が低かった近畿地方・中国地方・四国地方と比べて、人口密度が最も高かった関東は30倍以上、東北も5倍〜10倍程度の人が住んでいたと見られている。そのため、1440年も続いた巨大集落である三内丸山遺跡などが存在し、栗栽培など原始的な縄文農耕も始まり、関東や中央高地などと共に縄文文化の中心を担った。東北地方 フレッシュアイペディアより)

  • 松本清張

    松本清張から見た三内丸山遺跡三内丸山遺跡

    歴史学者の門脇禎二と考古学者の森浩一は、対談で、清張没後に進んだ三内丸山遺跡の発掘結果により清張説が否定された例もあるものの、当時の政治史中心の学界に対して、国際的な人的交流、貿易史の視点を強調したこと、あるいは朝鮮文化の影響を大きく評価する当時の研究風潮に対して、ゾロアスター教などペルシア文化の影響力を強調したことなどは、学界に大きな刺激となったこと、また清張がいる間は、学者もテレビなどでいい加減なことは言えない雰囲気があったことなどと述懐している。松本清張 フレッシュアイペディアより)

  • 新青森駅

    新青森駅から見た三内丸山遺跡三内丸山遺跡

    縄文時代を連想させる外観の駅舎は、中央部分に「未来への玄関」を表現したガラスの空間を設けている。また、ホームから町並みの眺望が楽しめるよう横一列に窓が配置された他、当駅南近傍の三内丸山遺跡に倣った木柱のデザインを採用するなど、青森を堪能するための工夫が随所に見られる。新青森駅 フレッシュアイペディアより)

88件中 71 - 80件表示

「三内丸山遺跡」のニューストピックワード