1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ
88件中 81 - 88件表示
  • 青森駅

    青森駅から見た三内丸山遺跡三内丸山遺跡

    かつては東京から伸びる鉄道幹線である東北本線および奥羽本線の終着駅であり青函連絡船との乗換駅であった。1988年(昭和63年)の青函トンネル開通に伴う青函連絡船廃止と旅客輸送の海峡線経由化、2010年(平成22年)の東北新幹線開通に伴う東北本線の第三セクター鉄道青い森鉄道青い森鉄道線化、さらには2016年(平成28年)の北海道新幹線開業に伴う海峡線経由の旅客輸送の新幹線への移行を経て、「北海道との連絡口としての役割から、三内丸山遺跡や世界遺産白神山地への玄関口とその機能は変貌を遂げる駅」として、東北の駅百選に選定されるに至っている。なお、東北本線八戸駅 - 青森駅間の第三セクター化に伴い、在来線における所属線は東北本線から奥羽本線に変更されている。青森駅 フレッシュアイペディアより)

  • 釈迦堂遺跡群

    釈迦堂遺跡群から見た三内丸山遺跡三内丸山遺跡

    出土遺物において土偶は1,116個体を数え、同一遺跡群からの土偶の出土数としては青森県の三内丸山遺跡に次ぐ多さである。土偶は大半が縄文時代中期のもので、数量の多さに加え、いずれも一部意図的な破壊が認められるなど、出土状況の明らかな点で学術的に貴重なものである。釈迦堂遺跡群 フレッシュアイペディアより)

  • 新石器時代

    新石器時代から見た三内丸山遺跡三内丸山遺跡

    新石器時代--縄文時代、弥生時代、三内丸山遺跡、上黒岩岩陰遺跡新石器時代 フレッシュアイペディアより)

  • ハプログループN (Y染色体)

    ハプログループN (Y染色体)から見た三内丸山遺跡三内丸山遺跡

    ハプログループNは日本人全体では1-6%ほどと低頻度であるが、青森県ではN1(xN-M128,N-P43,N-M46/N-Tat)が7.7%(26人中2人)観察された例がある。遼河文明の遺跡人骨からもN1(N1(xN-M128,N-P43,N-M46/N-Tat)を高頻度に含む)が60%以上の高頻度で見つかっており 、かつ三内丸山遺跡と遼河文明の関連性が指摘されていることから、遼河人の一部は日本列島にまで進出していた可能性も考えられる。ハプログループN (Y染色体) フレッシュアイペディアより)

  • 7月16日

    7月16日から見た三内丸山遺跡三内丸山遺跡

    1994年 - 青森県青森市の三内丸山遺跡で巨大建造物の木柱や大量の土器が出土し、国内最大級の縄文期の集落跡と判明。7月16日 フレッシュアイペディアより)

  • アイヌ語

    アイヌ語から見た三内丸山遺跡三内丸山遺跡

    相内(あいない)、浅瀬石(あせいし)、赤保内(あかぼない)、荒熊内(あらくまない)、今別(いまべつ)、兎内(うさぎない、とない)、宇鉄(うてつ)、老部(おいっぺ)、大深内(おおふかない)、大別内(おおべつない)、奥内(おくない)、大沢内(おおざわない、おおさわない)、奥戸(おこっぺ)、遅毛内(おそけない)、尾太(おっぷ)、尾別(おっぺつ)、折腰内(おりこしない)、影津内(かげつない)、蟹田(かにた)、木内内(きないない)、木野部(きのっぷ)、切谷内(きりやない)、笹内、佐羽内(さばない)、小比内(さんぴない)、三内(さんない)、獅々内、下風呂(しもふろ)、尻労(しつかり)、車力村(しゃりき)、瀬辺地(せべち、せへじ)、千厩(せんまや)、田子(たっこ-まち、)、竜飛(龍飛、たっぴ)、田光(たっぴ)、蓼内(たでない、たてない)、丹内、鳥舌内(ちょうしたない)、十腰内(とこしない)、十枝内(としない)、飛内(とびない)、苫米地(とまべち)、豊間内(とよまない)、入内(にゅうない)、野辺地(のべち、のへじ)、野内(のない)、原別(はらべつ)、平内(ひらない-まち)、洞内(ほらない)、三厩(みんまや)、目内(めない)、類家(るいけ)アイヌ語 フレッシュアイペディアより)

  • 1994年の日本

    1994年の日本から見た三内丸山遺跡三内丸山遺跡

    7月16日 - 青森県の三内丸山遺跡で大量の遺物出土。1994年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 園田豪

    園田豪から見た三内丸山遺跡三内丸山遺跡

    縄文人の特徴を強く持ち、三内丸山遺跡における縄文人度チェックでは100%縄文人との結果がでた。園田豪 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ
88件中 81 - 88件表示

「三内丸山遺跡」のニューストピックワード