前へ 1 2 3 4 5
48件中 1 - 10件表示
  • 三内丸山遺跡

    三内丸山遺跡から見た大林組

    考証と施工は小山修三の監修の下、大林組のプロジェクトチームが行ったが、結局、中間を取って屋根のない3層構造の建物になった。しかし床があるのに屋根がない、もしくは屋根がないのに床があるというのはどうしても中途半端な感が否めず、後々までこれでよかったのかと疑問の声が上がる原因となっている。なお、普段はここに登ることはできない。三内丸山遺跡 フレッシュアイペディアより)

  • 三内丸山遺跡

    三内丸山遺跡から見た小山修三

    考証と施工は小山修三の監修の下、大林組のプロジェクトチームが行ったが、結局、中間を取って屋根のない3層構造の建物になった。しかし床があるのに屋根がない、もしくは屋根がないのに床があるというのはどうしても中途半端な感が否めず、後々までこれでよかったのかと疑問の声が上がる原因となっている。なお、普段はここに登ることはできない。三内丸山遺跡 フレッシュアイペディアより)

  • 三内丸山遺跡

    三内丸山遺跡から見た菅江真澄

    この地に遺跡が存在することは江戸時代からすでに知られており、山崎立朴が弘前藩の諸事情を記した『永禄日記』(えいろくにっき、館野越本)の元和九年(1623年)正月二日条に多量の土偶が出土したことが記録されているほか、菅江真澄の紀行文『栖家の山』(すみかのやま)の寛政八年(1796年)四月十四日条に、三内の村の古い堰が崩れた場所から、瓦や甕、土偶のような破片が見つかったことが記録されている。三内丸山遺跡 フレッシュアイペディアより)

  • 三内丸山遺跡

    三内丸山遺跡から見た八甲田山

    八甲田山から続く緩やかな丘陵の先端に位置し、標高は約20メートルで、遺跡は約40ヘクタールの広大な範囲に広がっている。集落は住居・墓・捨て場・住居・大型掘立柱建物・掘立柱建物・貯蔵穴・土坑墓・粘土採掘穴・盛り土・道路などが、計画的に配置されている。三内丸山遺跡 フレッシュアイペディアより)

  • 三内丸山遺跡

    三内丸山遺跡から見た土器

    出土遺物は段ボールで数万箱に及んだと言われる。土器、石器が中心であるが、日本最大の板状土偶などの土製品や石製品も多く出土している。この他にも日本各地域を中心とした交易で得たと推測される黒曜石、琥珀、漆器、翡翠製大珠などが出土している。出土遺物1,958点が2003年(平成15年)5月29日に国の重要文化財に指定された。※翡翠は糸魚川でしか産出されないので、翡翠=新潟との交易が証明される。三内丸山遺跡 フレッシュアイペディアより)

  • 三内丸山遺跡

    三内丸山遺跡から見た動物

    出土した動物の骨の7割弱がノウサギとムササビの骨であり、縄文人がノウサギやムササビの肉を食料としていたと推察でき、彼らの食生活の一端を伺い知ることができる。三内丸山遺跡 フレッシュアイペディアより)

  • 三内丸山遺跡

    三内丸山遺跡から見た

    出土した動物のの7割弱がノウサギとムササビの骨であり、縄文人がノウサギやムササビの肉を食料としていたと推察でき、彼らの食生活の一端を伺い知ることができる。三内丸山遺跡 フレッシュアイペディアより)

  • 三内丸山遺跡

    三内丸山遺跡から見たゴボウ

    遺跡から出土した栗をDNA鑑定したところ、それが栽培されていたものであることなども分かり、多数の堅果類(クリ・クルミ・トチなど)の殻、さらには一年草のエゴマ、ヒョウタン、ゴボウ、マメなどといった栽培植物も出土した。三内丸山の人たちは、自然の恵みのみに依存した採取活動ではなく集落の周辺に堅果類の樹木を多数植栽しており、一年草を栽培していた可能性も考えられる。このことを通してこの遺跡の居住者数は数百人と考える事ができる。平成6(1994)年9月に青森市で開催された「北のまほろばシンポジュウム」では最盛期の縄文時代中期後半には500人の居住者がいたのではないかとの発言があったが、異論も出た。三内丸山遺跡 フレッシュアイペディアより)

  • 三内丸山遺跡

    三内丸山遺跡から見た2009年

    三内丸山遺跡(さんないまるやまいせき)は青森県青森市大字三内字丸山にある、縄文時代前期中頃から中期末葉の大規模集落跡。沖館川右岸の河岸段丘上に立地する。2000年に国の特別史跡に指定。遺跡跡には住居群、倉庫群のほか、シンボル的な3層の掘立柱建物が再現されており、資料館もある。2009年8月現在、青森県教育庁文化財保護課三内丸山遺跡保存活用推進室が発掘調査を行っている。三内丸山遺跡 フレッシュアイペディアより)

  • 三内丸山遺跡

    三内丸山遺跡から見た土偶

    この地に遺跡が存在することは江戸時代からすでに知られており、山崎立朴が弘前藩の諸事情を記した『永禄日記』(えいろくにっき、館野越本)の元和九年(1623年)正月二日条に多量の土偶が出土したことが記録されているほか、菅江真澄の紀行文『栖家の山』(すみかのやま)の寛政八年(1796年)四月十四日条に、三内の村の古い堰が崩れた場所から、瓦や甕、土偶のような破片が見つかったことが記録されている。三内丸山遺跡 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5
48件中 1 - 10件表示

「三内丸山遺跡」のニューストピックワード