64件中 41 - 50件表示
  • 三内丸山遺跡

    三内丸山遺跡から見た小牧野遺跡

    道の跡周辺からは環状配石墓(ストーンサークル)も検出されている。この墓はムラ長の墓とも考えられている。石の並べ方が、南方のやや離れた所にある小牧野遺跡と共通しているとして注目されている。また、1999年10月6日にこの墓の一つから炭化材が出土したが、これは最古の「木棺墓」の跡であるとも言われる。三内丸山遺跡 フレッシュアイペディアより)

  • 三内丸山遺跡

    三内丸山遺跡から見た都市計画道路

    その後、資料館を作って整備を行い、六本柱建物跡においては湿度を一定に保った保存ドームを作り、柱の現物は他の場所に保存しレプリカを代わりに元の場所に置くなどの措置を行った。また、墓の道の遺構が非常に長く延びていることが分かったため都市計画道路も建設を中止した。三内丸山遺跡 フレッシュアイペディアより)

  • 三内丸山遺跡

    三内丸山遺跡から見た

    この地に遺跡が存在することは江戸時代からすでに知られており、山崎立朴が弘前藩の諸事情を記した『永禄日記』(えいろくにっき、館野越本)の元和九年(1623年)正月二日条に多量の土偶が出土したことが記録されているほか、菅江真澄の紀行文『栖家の山』(すみかのやま)の寛政八年(1796年)四月十四日条に、三内の村の古い堰が崩れた場所から、瓦や、土偶のような破片が見つかったことが記録されている。三内丸山遺跡 フレッシュアイペディアより)

  • 三内丸山遺跡

    三内丸山遺跡から見たストーンサークル

    道の跡周辺からは環状配石墓(ストーンサークル)も検出されている。この墓はムラ長の墓とも考えられている。石の並べ方が、南方のやや離れた所にある小牧野遺跡と共通しているとして注目されている。また、1999年10月6日にこの墓の一つから炭化材が出土したが、これは最古の「木棺墓」の跡であるとも言われる。三内丸山遺跡 フレッシュアイペディアより)

  • 三内丸山遺跡

    三内丸山遺跡から見た国道7号

    東北自動車道青森ICもしくは青森自動車道青森中央ICから国道7号青森環状道路経由で青森市道都市計画道路3・4・15号里見丸山線に入ってすぐ。三内丸山遺跡 フレッシュアイペディアより)

  • 三内丸山遺跡

    三内丸山遺跡から見たシカ

    三内丸山遺跡から出土した動物遺体は、縄文集落で一般的なシカ・イノシシが少なく、7割弱がノウサギとムササビであり、三内丸山遺跡においてはノウサギやムササビの肉を食料としていたと推察でき、彼らの食生活の一端を伺い知ることができる。背景には巨大集落を支えるシカ・イノシシ資源が枯渇していた可能性が考えられている。三内丸山遺跡 フレッシュアイペディアより)

  • 三内丸山遺跡

    三内丸山遺跡から見た高床式倉庫

    遺跡には、通常の遺跡でも見られる竪穴住居、高床式倉庫の他に、大型竪穴住居が10棟以上、約780軒にもおよぶ住居跡、さらに祭祀用に使われたと思われる大型掘立柱建物が存在したと想定されている。また、他の遺跡に比べて土偶の出土が多く、板のように薄く造られていて板状土偶と呼ばれる。次の縄文後期や晩期の立体的に体の各部を表現した土偶とは大きく異なっている。三内丸山遺跡 フレッシュアイペディアより)

  • 三内丸山遺跡

    三内丸山遺跡から見たエゴマ

    遺跡から出土した栗をDNA鑑定したところ、それが栽培されていたものであることなども分かり、多数の堅果類(クリ・クルミ・トチなど)の殻、さらには一年草のエゴマ、ヒョウタン、ゴボウ、マメなどといった栽培植物も出土した。三内丸山の人たちは、自然の恵みのみに依存した採取活動ではなく集落の周辺に堅果類の樹木を多数植栽しており、一年草を栽培していた可能性も考えられる。このことを通してこの遺跡の居住者数は数百人と考える事ができる。平成6年(1994年)9月に青森市で開催された「北のまほろばシンポジュウム」では最盛期の縄文時代中期後半には500人の居住者がいたのではないかとの発言があったが、異論も出た。三内丸山遺跡 フレッシュアイペディアより)

  • 三内丸山遺跡

    三内丸山遺跡から見た竪穴住居

    遺跡には、通常の遺跡でも見られる竪穴住居、高床式倉庫の他に、大型竪穴住居が10棟以上、約780軒にもおよぶ住居跡、さらに祭祀用に使われたと思われる大型掘立柱建物が存在したと想定されている。また、他の遺跡に比べて土偶の出土が多く、板のように薄く造られていて板状土偶と呼ばれる。次の縄文後期や晩期の立体的に体の各部を表現した土偶とは大きく異なっている。三内丸山遺跡 フレッシュアイペディアより)

  • 三内丸山遺跡

    三内丸山遺跡から見た食事

    三内丸山遺跡から出土した動物遺体は、縄文集落で一般的なシカ・イノシシが少なく、7割弱がノウサギとムササビであり、三内丸山遺跡においてはノウサギやムササビの肉を食料としていたと推察でき、彼らの食生活の一端を伺い知ることができる。背景には巨大集落を支えるシカ・イノシシ資源が枯渇していた可能性が考えられている。三内丸山遺跡 フレッシュアイペディアより)

64件中 41 - 50件表示

「三内丸山遺跡」のニューストピックワード