1 2 3 次へ
26件中 21 - 26件表示
  • 墨田区

    墨田区から見た三和シヤッター工業三和シヤッター工業

    昭和建産 - 三和シヤッター工業グループのうちの一社。墨田区 フレッシュアイペディアより)

  • 小山市

    小山市から見た三和シヤッター工業三和シヤッター工業

    三和シヤッター工業(シャッター・ドアー・鋼製建具)小山市 フレッシュアイペディアより)

  • 六本木ヒルズ森タワー

    六本木ヒルズ森タワーから見た三和シヤッター工業三和シヤッター工業

    2004年(平成16年)3月26日午前11時ごろ、大阪府から母親と来訪していた6歳の男児が、タワー正面入口にある自動式の大型回転ドア(自動回転ドア)で、入り口が閉まりかけているにも関わらず隙間に駆け込んだことで上半身が挟まれるという事故が発生。即ちに救出されたが、まもなく死亡(圧死)した。本来ならば、ドアに備え付けられている赤外線センサーが感知して急制動する仕組みが備わっているが、ドアの効率を優先させた森ビル側が、頻発する急制動を抑制させるため検知範囲を狭めさせ、ドアの回転速度を速めるように製造メーカーの三和タジマ(三和シヤッター工業関連会社)に要請し、それに応じていた事が事故直後に明らかとなる。そして、直近まで各地のビルなどに在る自動回転ドアにおいても小児が負傷する事故が断続的に起きていたことも明らかとなり、エレベーター(昇降機)のような公的な規制が無かった自動回転ドアの安全性を見直す動きが広まった。その結果、横浜ランドマークタワーなど多くの大型ビルの回転ドアで事故が多発していた事がわかり、事故を契機に回転ドアを停止(閉鎖)したり、引き戸式の自動ドアに置き換える動きが続出した。この事故は当時都内の注目スポットとして脚光を浴び、不特定多数で多くの来訪者がいた六本木ヒルズの設備で犠牲者が出た事からセンセーショナルに報道された。死亡事故は森ビル側が遺族に賠償金約7000万円を支払うことで示談が成立している。六本木ヒルズ森タワー フレッシュアイペディアより)

  • 毒蝮 三太夫

    毒蝮三太夫から見た三和シヤッター三和シヤッター工業

    三和シヤッター(「ミュージックプレゼント」ばりの悪口を言い、商品の説明後「楽しなよ」とフォロー)毒蝮三太夫 フレッシュアイペディアより)

  • 文化シヤッター

    文化シヤッターから見た三和シヤッター工業三和シヤッター工業

    文化シヤッター(ぶんかシヤッター)は、シャッター、アルミニウム建材を取り扱う総合建材メーカー。三和シヤッター工業に次ぐ業界第2位。本社は東京都文京区。文化シヤッター フレッシュアイペディアより)

  • 太田市

    太田市から見た三和シヤッター三和シヤッター工業

    東部工業団地(東新町地内)(UDトラックス、三和シヤッターなど)太田市 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 次へ
26件中 21 - 26件表示

「三和ホールディングス」のニューストピックワード