前へ 1 2
16件中 1 - 10件表示
  • 菅野よう子

    菅野よう子から見た三國志 (ゲーム)三國志 (ゲーム)

    1985年に光栄(現コーエーテクモゲームス)の歴史シミュレーションゲーム『三國志』の音楽を手がけて作曲家デビュー。以後、光栄のゲームでは「信長の野望シリーズ」や「大航海時代シリーズ」なども担当する。1986年にはバンド「てつ100%」のキーボード奏者としてレコードデビューし、同時期にはアルバイトでおニャン子クラブのバックバンドにも参加した。バンド解散後は演奏家としてレコーディングやライブに参加し、作曲家として今井美樹、小泉今日子、SMAPなどの歌手への楽曲提供・プロデュースを行う。菅野よう子 フレッシュアイペディアより)

  • 三国志 (ゲーム)

    三国志 (ゲーム)から見た三國志 (ゲーム)三國志 (ゲーム)

    三国志 (ゲーム) フレッシュアイペディアより)

  • 三國志 TOUCH

    三國志 TOUCHから見た三國志 (ゲーム)三國志 (ゲーム)

    三國志 TOUCH フレッシュアイペディアより)

  • Mobile三國志

    Mobile三國志から見た三國志 (ゲーム)三國志 (ゲーム)

    Mobile三國志 フレッシュアイペディアより)

  • 三國志 ゲームボーイ版

    三國志 ゲームボーイ版から見た三國志 (ゲーム)三國志 (ゲーム)

    本作は『初代』と『三國志II』をミックスさせた感じになっているが、顔グラフィックは『三國志III』の顔を、BGMは『三國志II』のものを使用している。登場武将総数は198人。三國志 ゲームボーイ版 フレッシュアイペディアより)

  • CDドラマコレクションズ 三國志

    CDドラマコレクションズ 三國志から見た三國志 (ゲーム)三國志 (ゲーム)

    この作品は音響製作を声優事務所の大手・青二プロダクションが手がけており、人気声優が多数出演していることも大きな特徴である。また、カバーイラストにアニメーターの塩山紀生を起用しており、『三國志』のゲームファンのみならず、アニメファンも購買層のターゲットとしていることが窺える。CDドラマコレクションズ 三國志 フレッシュアイペディアより)

  • コーエー25周年記念パック

    コーエー25周年記念パックから見た三國志 (ゲーム)三國志 (ゲーム)

    三國志」については「三國志リターンズ」とは別扱いとされ、単品発売された。コーエー25周年記念パック フレッシュアイペディアより)

  • 蒼き狼と白き牝鹿シリーズ

    蒼き狼と白き牝鹿シリーズから見た三國志 (ゲーム)三國志 (ゲーム)

    1985年、コーエーの歴史シミュレーションゲームとしては比較的早い時期に第1作『蒼き狼と白き牝鹿』が発売され、同じくコーエーが発売していた信長の野望シリーズと三國志シリーズとともに「歴史三部作」のうちの一つと位置付けられた(厳密には『三國志』『信長の野望・全国版』『蒼き狼と白き牝鹿ジンギスカン』の発売をもって歴史三部作完成とされる)。『信長の野望』が日本、『三國志』が中国を舞台とするのに比べ、本シリーズはユーラシア大陸全域(=世界)を舞台とするスケールの大きさがセールスポイントであった。蒼き狼と白き牝鹿シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 歴史シミュレーションゲーム

    歴史シミュレーションゲームから見た三國志 (ゲーム)三國志 (ゲーム)

    ボードゲームのシミュレーションにおいてはその初期から存在する代表的な分類であり、ウォー・シミュレーションゲームの代表でもあった。コンピューターゲームにおいても同様だが、日本においては、パソコン普及期に登場した光栄の『信長の野望』『三國志』などによって確立したジャンルと言って過言ではない。また近年では、全国統一が主な目的であった従来の戦争中心のゲームから、『Europa Universalis』『シヴィライゼーション』のように全国統一を目的とせず、国家の運営を全面的に扱い、ウォーシミュレーションの枠に収まりきらない作品も増えてきている。歴史シミュレーションゲーム フレッシュアイペディアより)

  • サイクロンSolid

    サイクロンSolidから見た三國志 (ゲーム)三國志 (ゲーム)

    1995年11月 サイクロンSolid 2.0 キャンペーン版 - サイクロンLuster及びゲーム『三國志リターンズ』が付属。サイクロンSolid フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2
16件中 1 - 10件表示

「三國志」のニューストピックワード