77件中 21 - 30件表示
  • 三國志 (ゲーム)

    三國志 (ゲーム)から見た管輅

    管輅の易書 - 運勢1UP三國志 (ゲーム) フレッシュアイペディアより)

  • 三國志 (ゲーム)

    三國志 (ゲーム)から見た金瓶梅

    なお当時、三国志に続いて水滸伝、西遊記、金瓶梅を題材に中国歴史もの全4部作をリリースしたいと発言しており、その後に水滸伝をモチーフとした『水滸伝・天命の誓い』と続編の『水滸伝・天導一〇八星』や、『西遊記』が発売されている。三國志 (ゲーム) フレッシュアイペディアより)

  • 三國志 (ゲーム)

    三國志 (ゲーム)から見た張昭

    内政・計略・外交・探索などに関連。知力トップは諸葛亮の100、続いて司馬懿・張昭の98。後のシリーズでは知力と政治力に分かれていく。その武将と同じ国にその武将より知力が2以上高い武将がいる場合に限り、武将に書物を施すことで知力を1上昇させられる。なお90以上まで上昇させた武将は軍師としてコマンド実行時に助言をしてくれる。知力が高いほど助言が正確で、知力100の軍師の助言は100%正確であり、98の軍師の助言もほぼ正確である。だが、95以下になると助言に嘘が目立ちはじめ、助言をしてくれる最低値の知力90ではほとんどあてにならない。三國志 (ゲーム) フレッシュアイペディアより)

  • 三國志 (ゲーム)

    三國志 (ゲーム)から見たプレイステーション

    龐徳と郭図の能力値は、武勇のイメージのある龐徳の武力が低くて知力が高く、参謀のイメージのある郭図の武力が高くて知力が低かったため、データのミスで両者が入れ替わっていたのではないかとも思われたが「勢力の均衡を図るため」あえてデータを調整している。しかし、リメイク作として発売されたスーパーファミコン版やプレイステーション版などでは、データが修正されている。三國志 (ゲーム) フレッシュアイペディアより)

  • 三國志 (ゲーム)

    三國志 (ゲーム)から見たコーエーテクモゲームス

    『三國志』(さんごくし)は、1985年に光栄(現・コーエーテクモゲームス)から発売された歴史シミュレーションゲーム。「三國志シリーズ」の第1作で、パソコンのほか、家庭用ゲーム機等にも移植された。三國志 (ゲーム) フレッシュアイペディアより)

  • 三國志 (ゲーム)

    三國志 (ゲーム)から見た日本放送協会

    三国志が題材に採用された理由は、吉川英治『三国志』や横山光輝の漫画『横山光輝 三国志』、更には前年までのNHKにおいて『人形劇 三国志』の放映なども背景にあったと考えられる。また、本作によって初めて三国志の世界にのめり込んだ人も多く、日本における三国志普及の強力な牽引役ともなった。三國志 (ゲーム) フレッシュアイペディアより)

  • 三國志 (ゲーム)

    三國志 (ゲーム)から見た電波新聞社

    月刊マイコン編集部 『チャレンジ!! パソコンシミュレーションゲーム』 電波新聞社 1987年10月三國志 (ゲーム) フレッシュアイペディアより)

  • 三國志 (ゲーム)

    三國志 (ゲーム)から見た徳間書店

    『ゲーム十字軍』 徳間書店 1988年11月三國志 (ゲーム) フレッシュアイペディアより)

  • 三國志 (ゲーム)

    三國志 (ゲーム)から見た信長の野望・全国版

    中国の古典物語『三国志演義』の世界を題材にしている。プレイヤーは一国の君主となり、乱世において中国全土の統一を目指す。『信長の野望』・『信長の野望・全国版』で導入した領国経営型シミュレーションを軸とするが、信長の野望・全国版になくて三國志にあるものは「空白地の概念」と「配下の人材」である。国を富ませ戦争に勝利するには、多数の優秀な人材を登用し、経営や戦争に適材を配すことが必要となる。三國志 (ゲーム) フレッシュアイペディアより)

  • 三國志 (ゲーム)

    三國志 (ゲーム)から見たPC-8800シリーズ

    初期に発売されたスタンダード版。PC-8801、X1、FM-7など各機種向けに発売された。BGMが演奏されない機種もあった。三國志 (ゲーム) フレッシュアイペディアより)

77件中 21 - 30件表示

「三國志」のニューストピックワード