77件中 61 - 70件表示
  • 三國志 (ゲーム)

    三國志 (ゲーム)から見たポリゴン

    初代のリメイク移植版で、顔グラフィックがポリゴン(1990年代半ばによく見られたローポリゴン)になっている。三國志 (ゲーム) フレッシュアイペディアより)

  • 三國志 (ゲーム)

    三國志 (ゲーム)から見たX68000

    信長の野望・全国版と共に発売された。音声とグラフィックを当時最高水準のPCであったX68000向けに一から描き起こしてあり、三國志の決定版といえる豪華な内容に仕上がっていた。コマンドなどは全てPC9801版に準拠しており、全ての要素が遊べた。三國志 (ゲーム) フレッシュアイペディアより)

  • 三國志 (ゲーム)

    三國志 (ゲーム)から見た西遊記 (ゲーム)

    なお当時、三国志に続いて水滸伝、西遊記、金瓶梅を題材に中国歴史もの全4部作をリリースしたいと発言しており、その後に水滸伝をモチーフとした『水滸伝・天命の誓い』と続編の『水滸伝・天導一〇八星』や、『西遊記』が発売されている。三國志 (ゲーム) フレッシュアイペディアより)

  • 三國志 (ゲーム)

    三國志 (ゲーム)から見た水滸伝

    なお当時、三国志に続いて水滸伝、西遊記、金瓶梅を題材に中国歴史もの全4部作をリリースしたいと発言しており、その後に水滸伝をモチーフとした『水滸伝・天命の誓い』と続編の『水滸伝・天導一〇八星』や、『西遊記』が発売されている。三國志 (ゲーム) フレッシュアイペディアより)

  • 三國志 (ゲーム)

    三國志 (ゲーム)から見た水滸伝・天命の誓い

    なお当時、三国志に続いて水滸伝、西遊記、金瓶梅を題材に中国歴史もの全4部作をリリースしたいと発言しており、その後に水滸伝をモチーフとした『水滸伝・天命の誓い』と続編の『水滸伝・天導一〇八星』や、『西遊記』が発売されている。三國志 (ゲーム) フレッシュアイペディアより)

  • 三國志 (ゲーム)

    三國志 (ゲーム)から見た故宮

    開発のきっかけは、本作品のゲームデザイナーが1983年12月末の第1回日中青少年学生交流大会に参加したことに始まる。当初、彼はこの中国訪問を利用して「北京ダック殺人事件」なるアドベンチャーゲームを作ろうと考えていたが、見学した故宮と万里の長城に感激し、三国志制作を決意する。三國志 (ゲーム) フレッシュアイペディアより)

  • 三國志 (ゲーム)

    三國志 (ゲーム)から見た水滸伝・天導一〇八星

    なお当時、三国志に続いて水滸伝、西遊記、金瓶梅を題材に中国歴史もの全4部作をリリースしたいと発言しており、その後に水滸伝をモチーフとした『水滸伝・天命の誓い』と続編の『水滸伝・天導一〇八星』や、『西遊記』が発売されている。三國志 (ゲーム) フレッシュアイペディアより)

  • 三國志 (ゲーム)

    三國志 (ゲーム)から見たゲームソフト

    このゲームの定価が14,800円という、当時としてもずば抜けて高価なものであることも衝撃であった。これはファミリーコンピュータ本体と同じ値段であり、ゲームソフト一本の値段としては常識を超えた価格設定であった。。三國志 (ゲーム) フレッシュアイペディアより)

  • 三國志 (ゲーム)

    三國志 (ゲーム)から見たFM音源

    PC-9801、PC-8801mk2SR、X1turbo、MSX2といった400ラインモニターに対応したパソコン向けに、データを追加した改良版。政治画面での計略コマンドや、イベントグラフィックと武将の顔グラフィックが追加され、文字も高解像度の読みやすいフォントを採用している。BGMもFM音源に対応している(MSX2版ではPSGのみ)。また、軍師の助言など一部の台詞の修正および追加もされた。三國志 (ゲーム) フレッシュアイペディアより)

  • 三國志 (ゲーム)

    三國志 (ゲーム)から見た項劉記

    光栄オリジナルBGM集Vol.11 スーパー三國志/項劉記 KECH-1048(※スーパーファミコン音源をそのまま使用)三國志 (ゲーム) フレッシュアイペディアより)

77件中 61 - 70件表示

「三國志」のニューストピックワード