82件中 71 - 80件表示
  • 三國志 (ゲーム)

    三國志 (ゲーム)から見た三國志III

    スーパーファミコン用ソフトで、ベースとなっているシステムはパソコンのスタンダード版のものであり、ファミリーコンピュータ版で削除された突撃コマンドなどが存在する。ちなみに、PC98版でクローン顔といわれる使い回し武将の顔は『三國志III』の顔が使われている。三國志 (ゲーム) フレッシュアイペディアより)

  • 三國志 (ゲーム)

    三國志 (ゲーム)から見た貂蝉

    人材登用コマンドにおいて「自ら出向く」「名馬を贈る」「美女を贈る」というそれぞれ三顧の礼、赤兎馬、貂蝉のエピソードを表現したものも取り入れられていた。また初期版では、君主のカリスマ性と武将における忠誠度が混同されており、シナリオ1での劉表など、この数値の低い君主は引き抜きが可能だった。ただしこれを実行すると君主の家臣に別の君主がいる状態になる。特にシナリオ2では呂布が君主になっているが、そこに曹操が攻め込むと君主の呂布自ら曹操側に寝返るという珍事が起きる。三國志 (ゲーム) フレッシュアイペディアより)

  • 三國志 (ゲーム)

    三國志 (ゲーム)から見た君主

    中国の古典物語『三国志演義』の世界を題材にしている。プレイヤーは一国の君主となり、乱世において中国全土の統一を目指す。『信長の野望』・『信長の野望・全国版』で導入した領国経営型シミュレーションを軸とするが、信長の野望・全国版になくて三國志にあるものは「空白地の概念」と「配下の人材」である。国を富ませ戦争に勝利するには、多数の優秀な人材を登用し、経営や戦争に適材を配すことが必要となる。三國志 (ゲーム) フレッシュアイペディアより)

  • 三國志 (ゲーム)

    三國志 (ゲーム)から見た歴史シミュレーションゲーム

    『三國志』(さんごくし)は、1985年に光栄(現・コーエーテクモゲームス)から発売された歴史シミュレーションゲーム。「三國志シリーズ」の第1作で、パソコンのほか、家庭用ゲーム機等にも移植された。三國志 (ゲーム) フレッシュアイペディアより)

  • 三國志 (ゲーム)

    三國志 (ゲーム)から見たPC-9800シリーズ

    PC-9801、PC-8801mk2SR、X1turbo、MSX2といった400ラインモニターに対応したパソコン向けに、データを追加した改良版。政治画面での計略コマンドや、イベントグラフィックと武将の顔グラフィックが追加され、文字も高解像度の読みやすいフォントを採用している。BGMもFM音源に対応している(MSX2版ではPSGのみ)。また、軍師の助言など一部の台詞の修正および追加もされた。三國志 (ゲーム) フレッシュアイペディアより)

  • 三國志 (ゲーム)

    三國志 (ゲーム)から見たSteam

    PC-9801版をWindows上のエミュレータで動作するようにしたもの。2003年の『コーエー25周年記念パック Vol.2』に収録されたほか、2005年にはコーエー定番シリーズ、2016年には「シブサワ・コウ アーカイブス」シリーズとしてSteamでのダウンロード配信で単品発売されている。三國志 (ゲーム) フレッシュアイペディアより)

  • 三國志 (ゲーム)

    三國志 (ゲーム)から見た三國志VIII

    ゲームの内容は初代をベースにしているが、顔グラフィックは『VIII』や『IX』といったアプリ配信開始当時と同時期の作品のものが流用されている。また一部武将の顔グラフィックが竜の模様になっており、事実上割愛されている。三國志 (ゲーム) フレッシュアイペディアより)

  • 三國志 (ゲーム)

    三國志 (ゲーム)から見たシブサワ・コウ アーカイブス

    PC-9801版をWindows上のエミュレータで動作するようにしたもの。2003年の『コーエー25周年記念パック Vol.2』に収録されたほか、2005年にはコーエー定番シリーズ、2016年には「シブサワ・コウ アーカイブス」シリーズとしてSteamでのダウンロード配信で単品発売されている。三國志 (ゲーム) フレッシュアイペディアより)

  • 三國志 (ゲーム)

    三國志 (ゲーム)から見たProgrammable Sound Generator

    PC-9801、PC-8801mk2SR、X1turbo、MSX2といった400ラインモニターに対応したパソコン向けに、データを追加した改良版。政治画面での計略コマンドや、イベントグラフィックと武将の顔グラフィックが追加され、文字も高解像度の読みやすいフォントを採用している。BGMもFM音源に対応している(MSX2版ではPSGのみ)。また、軍師の助言など一部の台詞の修正および追加もされた。三國志 (ゲーム) フレッシュアイペディアより)

  • 三國志 (ゲーム)

    三國志 (ゲーム)から見た三顧の礼

    人材登用コマンドにおいて「自ら出向く」「名馬を贈る」「美女を贈る」というそれぞれ三顧の礼、赤兎馬、貂蝉のエピソードを表現したものも取り入れられていた。また初期版では、君主のカリスマ性と武将における忠誠度が混同されており、シナリオ1での劉表など、この数値の低い君主は引き抜きが可能だった。ただしこれを実行すると君主の家臣に別の君主がいる状態になる。特にシナリオ2では呂布が君主になっているが、そこに曹操が攻め込むと君主の呂布自ら曹操側に寝返るという珍事が起きる。三國志 (ゲーム) フレッシュアイペディアより)

82件中 71 - 80件表示

「三國志」のニューストピックワード