前へ 1 2 3
21件中 1 - 10件表示
  • 三宅和助

    三宅和助から見た三宅雪子三宅雪子

    のち、アジア局次長などを経て、1983年情報文化局長、1984年 初代外務報道官着任。1985年 中近東アフリカ局長時代には、飢餓によるアフリカ支援のため、外務省、アフリカ協会、立正佼成会、難民を助ける会と共同して「毛布千枚運動」を展開した。駐シンガポール大使にて退官後は、1989年12月 中東調査会理事長就任、中央大学総合政策学部教授など歴任した。晩年は、病気療養中に先物取引業者に騙され、家・財産を獲られたことが週刊誌上でとり上げられた。実娘に元衆議院議員の三宅雪子がいる。三宅和助 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢チルドレン

    小沢チルドレンから見た三宅雪子三宅雪子

    第45回衆議院議員総選挙において、小沢は全国各地の自民党大物議員の地盤に女性候補を多数擁立し、また政権交代の象徴区として必勝を期すために私設秘書の派遣や選挙支援に力を注いだため、それらの選挙区は公示前から全国的な注目を浴びることとなった。結果、それらの選挙区で小選挙区当選が相次ぎ、また小差の惜敗率で復活当選する候補者も多かったため、スポーツ新聞や夕刊紙、週刊誌などはこれらの女性候補者を従来一般的に報道で使われていた「くノ一」や「女性刺客候補」ではなく「小沢ガールズ」という表現で記事を記し、全国紙もこの呼称で使用した。「小沢ガールズ」について明確な定義はないものの、「小沢ガールズ」とされた当選者は、新人当選者の三宅雪子、福田衣里子、江端貴子、中林美恵子、岡本英子、山尾志桜里、永江孝子、田中美絵子等や、元々小沢グループとして前議員であった青木愛や太田和美等であった。小沢チルドレン フレッシュアイペディアより)

  • 森安雪子

    森安雪子から見た三宅雪子三宅雪子

    森安雪子 フレッシュアイペディアより)

  • 2012年消費税増税法案

    2012年消費税増税法案から見た三宅雪子三宅雪子

    相原史乃((比)南関東)、青木愛(東京12)、東祥三(東京15)、石井章((比)北関東)、石原洋三郎(福島1)、石山敬貴(宮城4)、太田和美(福島2)、大谷啓(大阪15)、大山昌宏((比)東海)、岡島一正(千葉3)、岡本英子(神奈川3)、小沢一郎(岩手4)、階猛(岩手1)、笠原多見子((比)東海)、加藤学(長野5)、金子健一((比)南関東)、川島智太郎((比)東京)、川内博史(鹿児島1)、菊池長右エ門((比)東北)、木村剛司(東京14)、京野公子(秋田3)、熊谷貞俊((比)近畿)、熊田篤嗣(大阪1)、黒田雄(千葉2)、小泉俊明(茨城3)、古賀敬章(福島4)、小林興起((比)東京)、小宮山泰子(埼玉7)、菅川洋((比)中国)、瑞慶覧長敏(沖縄4)、鈴木克昌(愛知14)、平智之(京都1)、高松和夫((比)東北)、橘秀徳(神奈川13)、玉城デニー(沖縄3)、辻恵(大阪17)、中川治(大阪18)、中津川博郷((比)東京)、中野渡詔子((比)東北)、萩原仁(大阪2)、畑浩治(岩手2)、初鹿明博(東京16)、鳩山由紀夫(北海道9)、樋高剛(神奈川18)、橋本勉((比)東海)、福嶋健一郎(熊本2)、福島伸享(茨城1)、福田衣里子(長崎2)、牧義夫(愛知4)、松崎哲久(埼玉10)、松野頼久(熊本1)、水野智彦((比)南関東)、三宅雪子((比)北関東)、村上史好(大阪6)、山岡賢次(栃木4)、山田正彦(長崎3)、横山北斗(青森1)2012年消費税増税法案 フレッシュアイペディアより)

  • 消費税増税法案

    消費税増税法案から見た三宅雪子三宅雪子

    相原史乃((比)南関東)、青木愛(東京12)、東祥三(東京15)、石井章((比)北関東)、石原洋三郎(福島1)、石山敬貴(宮城4)、太田和美(福島2)、大谷啓(大阪15)、大山昌宏((比)東海)、岡島一正(千葉3)、岡本英子(神奈川3)、小沢一郎(岩手4)、階猛(岩手1)、笠原多見子((比)東海)、加藤学(長野5)、金子健一((比)南関東)、川島智太郎((比)東京)、川内博史(鹿児島1)、菊池長右エ門((比)東北)、木村剛司(東京14)、京野公子(秋田3)、熊谷貞俊((比)近畿)、熊田篤嗣(大阪1)、黒田雄(千葉2)、小泉俊明(茨城3)、古賀敬章(福島4)、小林興起((比)東京)、小宮山泰子(埼玉7)、菅川洋((比)中国)、瑞慶覧長敏(沖縄4)、鈴木克昌(愛知14)、平智之(京都1)、高松和夫((比)東北)、橘秀徳(神奈川13)、玉城デニー(沖縄3)、辻恵(大阪17)、中川治(大阪18)、中津川博郷((比)東京)、中野渡詔子((比)東北)、萩原仁(大阪2)、畑浩治(岩手2)、初鹿明博(東京16)、鳩山由紀夫(北海道9)、樋高剛(神奈川18)、橋本勉((比)東海)、福嶋健一郎(熊本2)、福島伸享(茨城1)、福田衣里子(長崎2)、牧義夫(愛知4)、松崎哲久(埼玉10)、松野頼久(熊本1)、水野智彦((比)南関東)、三宅雪子((比)北関東)、村上史好(大阪6)、山岡賢次(栃木4)、山田正彦(長崎3)、横山北斗(青森1)消費税増税法案 フレッシュアイペディアより)

  • 石田博英

    石田博英から見た三宅雪子三宅雪子

    元外交官の三宅和助は娘婿に、元衆議院議員の三宅雪子は孫娘にあたる。石田博英 フレッシュアイペディアより)

  • 雪子は凄い。

    雪子は凄い。から見た三宅雪子三宅雪子

    雪子は凄い。 フレッシュアイペディアより)

  • 中島政希

    中島政希から見た三宅雪子三宅雪子

    第45回衆議院議員総選挙でも群馬4区からの出馬を予定していたが、直前で群馬4区の公認候補が三宅雪子に差し替えられ、中島は比例北関東ブロック単独で出馬し初当選した。中島政希 フレッシュアイペディアより)

  • 群馬県第4区

    群馬県第4区から見た三宅雪子三宅雪子

    歴代2位の内閣官房長官在任日数記録を持ち、2007年には憲政史上初の親子2代で内閣総理大臣となった福田康夫が父福田赳夫から続く強固な地盤を生かし他候補を圧倒し続けてきた。しかし、自民党に猛烈な逆風が吹き荒れた2009年の第45回衆議院議員総選挙では、民主党新人の元フジテレビ社員・三宅雪子の猛追を受けた。康夫が1万2千票差で逃げ切り当選したが、三宅も比例復活により初当選した。康夫はその後政界引退を表明し、地盤は長男の達夫が引き継いで2012年の第46回衆議院議員総選挙で初当選した。2014年の第47回衆議院議員総選挙は対立候補を擁立したのは共産党のみとなり、達夫が大差で再選した。群馬県第4区 フレッシュアイペディアより)

  • 佐野秀光

    佐野秀光から見た三宅雪子三宅雪子

    元日本未来の党東京3区支部長で、松原の公設第一秘書だったこともある池田剛久は、2016年の参院選で佐野陣営に深く関与していた。しかし、同じく旧未来の党に所属していた元衆議院議員の三宅雪子は、何度も佐野を小バカにしており、池田が支持なしの広報マンを買って出ていることにも疑問を投げかけた。池田はそれに答える形で自身の立場を説明。なお三宅は、金曜アンテナにルポを書いたり、ツイキャスでも支持なしに言及したりしていた。佐野秀光 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
21件中 1 - 10件表示

「三宅雪子」のニューストピックワード