前へ 1 2 3
28件中 1 - 10件表示
  • シャルレ

    シャルレから見た三屋裕子三屋裕子

    2004年4月 - 三屋裕子が顧問として入社。シャルレ フレッシュアイペディアより)

  • 日本バスケットボール推進協議会

    日本バスケットボール推進協議会から見た三屋裕子三屋裕子

    バスケットボールの元選手や指導者、日本バスケットボール協会(JBA)の役員経験者らによって構成されており、選手や日本代表の強化について経験者の立場から提言を行っている。特に、2015年以降JBAの中心的な役割を担っている川淵三郎や三屋裕子が、バスケットボールに関連の無い人物であることについて批判的な立場を取り、選手の強化などにバスケットボール界からの提言を受け入れるようJBAへ求めている。日本バスケットボール推進協議会 フレッシュアイペディアより)

  • 1984年ロサンゼルスオリンピックの日本選手団

    1984年ロサンゼルスオリンピックの日本選手団から見た三屋裕子三屋裕子

    江上由美・三屋裕子・石田京子・杉山加代子・宮島恵子・中田久美・森田貴美枝・広瀬美代子・廣紀江・大谷佐知子・小高笑子・利部陽子(バレーボール)1984年ロサンゼルスオリンピックの日本選手団 フレッシュアイペディアより)

  • 筑波スポーツ科学研究所

    筑波スポーツ科学研究所から見た三屋裕子三屋裕子

    ジョイフルアスレティッククラブ土浦店内に開設されておりクラブ施設内にて研究指導が行われ、スポーツ科学に関する学術研究がなされている。筑波大学における体育学系の研究科などと、学術面での交流が盛んである。日本国内において、いくつかの競技にて著名な指導者を輩出している。高橋伍郎が顧問、三屋裕子が副所長をつとめる。筑波スポーツ科学研究所 フレッシュアイペディアより)

  • 菊間崇祠

    菊間崇祠から見た三屋裕子三屋裕子

    これまで三屋裕子や大林素子、福田記代子ら、多くのプロバレーボール選手を育成してきた一方、その指導方針である。前バレーボール全日本女子チーム監督、柳本晶一が指導において。菊間崇祠 フレッシュアイペディアより)

  • 米田一典

    米田一典から見た三屋裕子三屋裕子

    1984年ロサンゼルスオリンピックでは全日本女子監督に就任して、江上由美、三屋裕子らを擁して銅メダルを獲得。1990年、再び全日本女子監督に就任、この時の米田が事実上のプロ代表監督第1号といわれる。米田一典 フレッシュアイペディアより)

  • 1958年のスポーツ

    1958年のスポーツから見た三屋裕子三屋裕子

    7月29日 - 三屋裕子(福井県、バレーボール)1958年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • マイスポーツ

    マイスポーツから見た三屋裕子三屋裕子

    江上由美・三屋裕子(バレーボール)マイスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 石田京子

    石田京子から見た三屋裕子三屋裕子

    1984年度の第18回日本リーグでは、江上由美や三屋裕子らが抜けた日立を主将として率い、21戦全勝の完全優勝を遂げ、自らもスパイク賞とベスト6に輝いた。このあともリーグ連勝記録を前人未踏の88まで伸ばした殊勲者のひとりである。石田京子 フレッシュアイペディアより)

  • 四国Eighty 8 Queen

    四国Eighty 8 Queenから見た三屋裕子三屋裕子

    2003年9月、元全日本監督の米田一典が中心となり、「J-HOTバレーボール連盟」を設立。発起人には元全日本の三屋裕子や中田久美なども名を連ねている。連盟は会員や児童・生徒などへの技術指導等を通じてのバレーボール普及を行いつつ、将来、特定の母体企業に頼らない地域密着型クラブチーム設立とプレミアリーグ参戦を目指す。チームが発足した暁には地域の企業、連盟の会員等が強力なバックアップサポーターとなる仕組みである。その後2004年9月17日にVリーグチーム開設準備室を設置し、新クラブチーム発足へ向けて本格的に始動。10月30日にチーム名の「四国Eighty 8 Queen」とマスコットキャラクターの「ティサ(TISA)ちゃん」を発表。11月23日に四電体育館で初のトライアウトを実施し、2005年4月に元Vリーガーを含むトライアウト合格者等でチームを結成した。監督は米田が務める。四国Eighty 8 Queen フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
28件中 1 - 10件表示