53件中 11 - 20件表示
  • 一トウ糊塗BBS

    一トウ糊塗BBSから見た三峡ダム三峡ダム

    三角地は一塌糊塗の最も人気の高いボードである。色々なユーザは社会生活についてのことを討論して、自分の観点と意見を発表する。巨大な情報量を含み、現代中国社会を理解する窓口になる。三角地は一塌糊塗の最も有名なボードで、色々な事件はこのボードで討論された後、伝統的マスメディアに注目された。三角地で討論されたホット話題は香港国家安全立法(23条立法)、三峡ダムプロジェクト、ハルビン権力者のBMW車での傷害案件、鄭恩寵国家機密漏洩案件、SARS(重症急性呼吸器症候群、新型肺炎)、孫志剛収容死亡事件、アメリカのイラク戦争、南京湯山鎮9.14毒投放事件、Googleブロック事件、希望プロジェクト事件、遠華案件、2000年ノーベル文学賞などである。一トウ糊塗BBS フレッシュアイペディアより)

  • 西陵峡

    西陵峡から見た三峡ダム三峡ダム

    かつては航行の難所であり、急流の下にある暗礁にぶつかって沈んだ船も多く、沿岸には白骨塔という慰霊のための塔も作られている。しかし1988年に、宜昌市街のすぐ上流に葛洲壩ダムが完成した後、西陵峡の下流部分の流れは緩やかになり航行は容易になった。さらに、西陵峡の半ばの山中に開けた丘陵地帯・三斗坪に長江最大のダムである三峡ダムが建設され、周囲は大きく様相を変えている。三斗坪とは、一戸の家が三斗の米を元手に旅人に食事と宿を提供する店を開いていたとの言い伝えから来た地名だが、この地に幅2,309mのダムと発電所が完成している。船はこのダムを迂回するように築かれた閘門を通る。西陵峡 フレッシュアイペディアより)

  • 謝朝平

    謝朝平から見た三峡ダム三峡ダム

    謝朝平(しゃ ちょうへい、シエ・チャオピン、1955年 - )は、中華人民共和国の記者、ノンフィクション作家。三峡ダム建設による大規模立ち退き問題(人民の困難や、地方政府の役人が立ち退き人民への保証金を横領したこと等)を著書「大遷徙」に著し、2010年8月19日に逮捕され、その後9月17日に保釈された。謝朝平 フレッシュアイペディアより)

  • 巫山県

    巫山県から見た三峡ダム三峡ダム

    三峡ダム地区の中心であり「渝東門戸」と称されてきた。巫峡の両岸に位置し、県政府は大寧河と長江の合流する所にある。東経109度33分から110度11分、北緯30度45分から23度28分の範囲にある。県内の地形は複雑で、南北は高地でその間は低くなって深い峡谷を形成しており、カルスト地形として発達している。山地の面積は96%、平坦な部分は4%。亜熱帯に属し季節風により湿潤な気候である。年平均気温は摂氏18.4度、年平均降水量は1041mm。巫山県 フレッシュアイペディアより)

  • 西電東送

    西電東送から見た三峡ダム三峡ダム

    中国では改革開放による急速な経済発展より東部沿岸地域で著しく電力需要が増え、その結果、東部沿岸地域では慢性的な電力供給不足に陥っている。このため電力は政府の統制により供給が制限され、計画停電が発生している地域が多数存在している。これは、企業の生産活動に多大な影響を及ぼしており、中国に進出している日本の企業も現地工場が計画停電により操業停止に追い込まれるなど日本企業にとっても重大な問題である。そして、この問題の解決方法として計画されたのが、西部(貴州、雲南、広西、四川、内蒙古、山西、陝西)に豊富に存在する水、石炭資源を利用して水力・火力により発電するのである。火力発電などは石炭資源の豊富な陝西、山西、内蒙古西部などの中国西北部に集中し、水資源の豊富な中国西南部、中南部、西北部には三峡ダムを中心に水力発電を集中するのである。これらの地域で発電された電力を東部沿岸地域に華北、華東、華南の3つのルートを用いて送電し、電力不足を解消する西電東送という壮大な計画が始まったのである。西電東送 フレッシュアイペディアより)

  • 中国十大考古新発見

    中国十大考古新発見から見た三峡ダム三峡ダム

    三峡ダム工事水没地区の考古調査中国十大考古新発見 フレッシュアイペディアより)

  • 万州区

    万州区から見た三峡ダム三峡ダム

    万州は重慶からは離れており経済的格差も大きく、しかも三峡ダム建設で市街地の半分近くが水没することになったため16万から17万人の住民が新市街地へ移転することになった。このため社会的混乱も大きく、重慶市とは利害が対立することもある。万州区には重慶市とは独立した公安局、工商局、税関などがあり、周囲の県を管轄する官庁もあり、重慶東部の中心都市となっている。万州区 フレッシュアイペディアより)

  • 宜昌三峡空港

    宜昌三峡空港から見た三峡ダム三峡ダム

    宜昌三峡空港(ぎしょうさんきょうくうこう)は中華人民共和国湖北省宜昌市にある空港である。宜昌市の市街地からは約26km、三峡ダムからは約55km離れている。宜昌三峡空港 フレッシュアイペディアより)

  • カラチョウザメ

    カラチョウザメから見た三峡ダム三峡ダム

    絶滅危惧種に指定されていて、三峡ダムのすぐ下流の葛洲ダム付近の黄柏河上の島(湖北省宜昌市)に保護センターがある。カラチョウザメ フレッシュアイペディアより)

  • 河川総合開発事業

    河川総合開発事業から見た三峡ダム三峡ダム

    戦後はソビエト連邦が五ヵ年計画に基づきドニエプル川・ボルガ川・エニセイ川等で大規模ダムを建設し洪水調節と水力発電を図り、中国においても孫文が提唱した長江総合開発を始め黄河・淮河等の主要河川において大規模ダム(三峡ダム・三門峡ダム等)が建設された。インドでは1947年よりダモダル川総合開発事業が行われている。エジプトにおいてはナイル川総合開発事業としてアスワン・ハイ・ダムが建設され、ナイル川下流の洪水調節と農地拡大を実現したが、反面ナイル・デルタの縮小や気候変動などの副作用が生じている。反面ヨーロッパ諸国においてはダム等による河川総合開発は治水達成度が各河川でほぼ100%になる等完成に向かい、ドナウ川では1万年に1度の洪水に対処できる治水計画が完成した。こうした治水計画の完成と環境への負荷が大きいとの理由からダム事業は行われなくなり、現在は自然に近い形での遊水池建設などを行っている。河川総合開発事業 フレッシュアイペディアより)

53件中 11 - 20件表示