53件中 31 - 40件表示
  • フォイト

    フォイトから見た三峡ダム三峡ダム

    フォイト・ハイドロ(Voith Hydro、かつてのフォイト・シーメンス水力発電 Voith Siemens Hydro Power Generation)は、フォイトとシーメンスの合弁企業で、水力発電所向けの装置を製造している。世界の水力による電気の約3分の1は、フォイト・シーメンス製のタービンと発電機によるものである。主な納入先としては、ナイアガラ滝発電所(1903年)、イタイプダム(1976年)、三峡ダム(2003年)などがある。フォイト フレッシュアイペディアより)

  • 世界八番目の不思議

    世界八番目の不思議から見た三峡ダム三峡ダム

    三峡ダム、中華人民共和国世界八番目の不思議 フレッシュアイペディアより)

  • WORLD WAR Z

    WORLD WAR Zから見た三峡ダム三峡ダム

    本作の最初の登場人物。貧しい農民にも救いの手を差し伸べる医者であり、三峡ダムで水没した「ダーチャン」の住民たちが密かに作った「新ダーチャン」という村で奇病を確認することになる。元軍医で、中ソ国境紛争では最前線で医療活動に当たった経験を持つ。WORLD WAR Z フレッシュアイペディアより)

  • 閘門

    閘門から見た三峡ダム三峡ダム

    イングランドにおける有名な「本当の」階段形閘門にはビングリー (Bingley Five Rise Locks) のものがある。2段の階段形閘門はより一般に見られる。ドリッフィールドナビゲーション (Driffield Navigation) のスネークホルム閘門 (Snakeholme Lock) 、ストランチオン・ヒル閘門 (Struncheon Hill Lock) では、下流側の水位が低すぎて後扉室を通過する時に扉室の底が支えて船の航行を妨げたため、下流側に閘室を付け足して階段形閘門に改造された。中国で近年完成した三峡ダムには2つの5段の階段形閘門があり3,000トン以下の船を通すことができる。「外見上」の階段形閘門の例としては、グランド・ユニオン運河のレスター支線 (Leicester Branch) にある、フォクストン閘門 (Foxton Locks) とワトフォード閘門 (Watford Locks) などがある。閘門 フレッシュアイペディアより)

  • 中華人民共和国の経済

    中華人民共和国の経済から見た三峡ダム三峡ダム

    三峡ダム建設による環境へ与える衝撃については中国内外の環境保護主義者の間で議論が巻き起こった。建設反対派は土壌浸食や長江の沈泥がいくつかの絶滅危惧種を脅威に曝すと主張した。一方、中国政府は三峡ダム建設伴う水力発電所建設は地域での石炭使用量を減らし、結果として大気汚染が減るということを主張した。中華人民共和国の経済 フレッシュアイペディアより)

  • オオハタネズミ

    オオハタネズミから見た三峡ダム三峡ダム

    2007年6月に中国の洞庭湖周辺で約20億匹ものオオハタネズミが大移動。現地の農作物に多大な被害をもたらした。大量発生は三峡ダムの工事が原因と思われる。オオハタネズミ フレッシュアイペディアより)

  • マナヅル

    マナヅルから見た三峡ダム三峡ダム

    繁殖地での野焼きや開発による生息地の破壊などにより生息数は減少している。越冬地でも出水平野では他種も含め多数の個体が飛来し過密状態になっていることから伝染病の感染、鄱陽湖では三峡ダム建設に伴う水位変化によって生息数の減少が懸念されている。出水平野では穀物や魚類を給餌している。出水平野は1952年に「鹿児島県のツルおよびその渡来地」として国の特別天然記念物に、1987年には出水・高尾野鳥獣保護区として国の自然保護区に指定されている。マナヅル フレッシュアイペディアより)

  • 奉節県

    奉節県から見た三峡ダム三峡ダム

    奉節県は重慶市東部に位置し、雲陽県・巫山県・巫渓県、湖北省恩施市・利川市(恩施土家族苗族自治州)と接している。県城(市街地)は長江の北に位置し、三峡ダム建設に伴う水没地帯であり、プロジェクトに関連し大規模な住民移動が実施された。奉節県 フレッシュアイペディアより)

  • ソデグロヅル

    ソデグロヅルから見た三峡ダム三峡ダム

    西部個体群は渡りの途中に飛来するアフガニスタンやパキスタンでは政情が不安定な上にツル類を狩猟する習慣があることから絶滅の危険性が高いと考えられ、越冬地のイランでも漁業による影響が懸念されている。最大の越冬地である鄱陽湖では三峡ダム建設による環境の変化が懸念されている。イランでは政府や研究者、国際ツル財団による啓蒙活動が進められ、インドでは越冬地がケオラデオ国立公園として保護されている。ソデグロヅル フレッシュアイペディアより)

  • ダムと環境

    ダムと環境から見た三峡ダム三峡ダム

    また、今後の環境問題が憂慮されているダム事業として、中国雲南省のメコン川本川(中国では瀾滄江と呼ばれる)に現在建設が進められている小湾ダム(シャオワンダム)がある。堤高292.0m、総貯水容量約151億トンという世界屈指のダムであり、2010年完成を目標に建設が進められている。これは三峡ダム(長江)と同じく中国の国家プロジェクトである「西電東送」の一環として建設されており、認可出力420万kWの巨大水力発電所が稼動する予定である。だが、このダム建設によってメコン川下流への流砂サイクルの断絶による肥沃な土地の減少、メコン・デルタの縮小、流域の河岸侵食が懸念されている。中国はダム建設によるメコン川の水量安定をメリットとして強調している(小湾ダムには洪水調節機能も有している)が、ダム建設を現在見合わせているメコン川流域諸国で結成される「メコン川委員会」に加入しておらず、また詳細な情報公開を行っていない。このため将来的な環境への影響は未知数であり、こうした観点からも懸念する声がある。ダムと環境 フレッシュアイペディアより)

53件中 31 - 40件表示