68件中 31 - 40件表示
  • 国家電網

    国家電網から見た三峡ダム三峡ダム

    5つの子会社があり、華北電網公司、東北電網公司、華東電網公司、華中電網公司、華南電網公司である。三峡ダムも華中電網公司が担当する地域にあり、「西電東送」の主要役割を担う。ブラジルのCPFLエネルジアなど海外企業も買収してる。国家電網 フレッシュアイペディアより)

  • サンザシの樹の下で

    サンザシの樹の下でから見た三峡ダム三峡ダム

    孫の遺骸は、思い出のサンザシの樹の下に葬られ静秋は、その場所が三峡ダムに沈んだ後も毎年その場所を訪れるのだった。サンザシの樹には、赤ではなく白い花が静かに咲いていた。サンザシの樹の下で フレッシュアイペディアより)

  • 船舶昇降機

    船舶昇降機から見た三峡ダム三峡ダム

    2016年現在、三峡ダムの昇降機が昇降高さ113mで世界一である。船舶昇降機 フレッシュアイペディアより)

  • 西陵峡

    西陵峡から見た三峡ダム三峡ダム

    かつては航行の難所であり、急流の下にある暗礁にぶつかって沈んだ船も多く、沿岸には白骨塔という慰霊のための塔も作られている。しかし1988年に、宜昌市街のすぐ上流に葛洲壩ダムが完成した後、西陵峡の下流部分の流れは緩やかになり航行は容易になった。さらに、西陵峡の半ばの山中に開けた丘陵地帯・三斗坪に長江最大のダムである三峡ダムが建設され、周囲は大きく様相を変えている。三斗坪とは、一戸の家が三斗の米を元手に旅人に食事と宿を提供する店を開いていたとの言い伝えから来た地名だが、この地に幅2,309mのダムと発電所が完成している。船はこのダムを迂回するように築かれた閘門を通る。西陵峡 フレッシュアイペディアより)

  • 夷陵区

    夷陵区から見た三峡ダム三峡ダム

    大部分は丘陵地帯・山岳地帯であり、長江の峡谷である三峡のうち西陵峡が区内を貫く。三峡ダムは区の西端の三斗坪鎮に位置する。夷陵区 フレッシュアイペディアより)

  • 宜昌三峡空港

    宜昌三峡空港から見た三峡ダム三峡ダム

    宜昌三峡空港(ぎしょうさんきょうくうこう)は中華人民共和国湖北省宜昌市にある空港である。宜昌市の市街地からは約26km、三峡ダムからは約55km離れている。宜昌三峡空港 フレッシュアイペディアより)

  • 京滬高速鉄道

    京滬高速鉄道から見た三峡ダム三峡ダム

    京滬高速鉄道は、国務院が作成した、「中長期鉄道網計画」における「四縦四横」の高速鉄道幹線網の中の、「縦」の一路線である。「四縦四横」計画の他路線は、それぞれ細かい区間ごとに名前が付けられ計画・工事が進められているため、中長期鉄道網計画の中でも、距離や投資の規模は最大の高速鉄道プロジェクトである。一時に開業する高速鉄道路線としては世界最長である。北京・上海といった二大都市を結ぶ重要性から、中国の高速鉄道でもごく初期から政府機関の間で構想・計画が出ていた。総投資額は2,209.4億元であり、西部大開発の「西電東送」「南水北調」「西気東輸」「青蔵鉄道」や三峡ダム建設といったプロジェクトと並ぶ、中国の超大型プロジェクトであり、投資額は中華人民共和国建国以来最大だといわれている。京滬高速鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • ダム建設の是非

    ダム建設の是非から見た三峡ダム三峡ダム

    ただし、途上国ではダムをはじめとする国家的プロジェクトに反対する住民に対し国家が圧力を加えている例もある。特に悲惨な一例としてグアテマラに1983年完成したチショイダムで、建設に反対する住民に対する政府の弾圧は軍を出動させる事態となり、1982年にリオ・ネグロの大虐殺という惨事に至った。中国では三峡ダム・溪洛渡ダムなど長江の河川開発に関して移転する住民への補償対策が不十分である点が隠蔽されるなど、必ずしも全面的にダム推進にまとまっているとはいえないとしているが、問題になった事例を取り上げているだけである。ダム建設の是非 フレッシュアイペディアより)

  • イタイプダム

    イタイプダムから見た三峡ダム三峡ダム

    1984年から送電を開始。発電出力は1,400万キロワットで、中国の三峡ダムに次ぐ世界第二位の水力発電用ダムである。計20基の発電機を備え、発電した電力はブラジルとパラグアイで均等に分けることになっているが、人口の少ないパラグアイにとってはその何割かで国内需要を全て満たせるので、残りはブラジルに売電しているという。イタイプダム フレッシュアイペディアより)

  • 大渓文化

    大渓文化から見た三峡ダム三峡ダム

    大渓遺跡は1920年代にアメリカの考古学者ネルス・C・ネルソン(Nels C. Nelson)が土器片などを発見し、1959年以降数度にわたって大規模な発掘がなされ、1970年代以降独自の新石器文化として「大渓文化」と呼称されるようになった。大渓遺跡を含む大渓文化の主要な遺跡は三峡ダム建設による水没などで失われている。大渓文化 フレッシュアイペディアより)

68件中 31 - 40件表示

「三峡ダム」のニューストピックワード