68件中 41 - 50件表示
  • イドロ・ケベック

    イドロ・ケベックから見た三峡ダム三峡ダム

    また同じ1999年にイドロ・ケベック・インターナショナルは中華人民共和国のメイヤ・パワー・カンパニーの株20%を8300万カナダドルで取得、2004年6月まで所有していた。イドロ・ケベックが持つ専門知識は世界中の数ある水力発電開発企業からの需要を得ていて、三峡ダムではイドロ・ケベックの社員が経営、金融、ダムに関して中国人技術者に指導を行った。イドロ・ケベック フレッシュアイペディアより)

  • 白鶴梁

    白鶴梁から見た三峡ダム三峡ダム

    三峡ダムの建設によって、高さ135メートルまで水位が上昇し、白鶴梁は、全体が水深40メートルほどの水中に没して水面上に露出することが不可能になった。そこで2001年に、中国科学院の院士であるが「無圧容器()」を用いて水中の史跡を保護する方策を提案し、もともとの場所に水中博物館が建設されることになった。圧力の原理を利用する形で、内部と外部に水が入った保護筐体が設けられ、観光客は川岸から水中の通路を通って博物館に入り、白鶴梁に刻まれた碑文を鑑賞することができるようになった。白鶴梁水中博物館()は、2009年5月18日に正式に開館し、千年を経た水文調査の施設が、再び陽の目を見ることとなった。2011年夏から8ヶ月にわたって閉館して改造工事が施され、2012年3月に再び開館した。白鶴梁 フレッシュアイペディアより)

  • BRICs

    BRICsから見た三峡ダム三峡ダム

    また、電力において近年は毎年15%近く使用量が伸び続けており、電力不足が深刻化しつつある。エネルギー多消費産業の素材業種で投資・生産活動が拡大したこと、経済発展に伴う家電製品普及率の上昇によるもので、今後もこの増加傾向は変わらないものと見られている。中国政府も三峡ダム建設などの対策は講じているものの、この電力不足が長く続くようであれば、成長の原動力となっている外国企業誘致にも支障をきたすことが懸念されている。BRICs フレッシュアイペディアより)

  • 1931年中国大洪水

    1931年中国大洪水から見た三峡ダム三峡ダム

    1953年、国共内戦が終結すると、中国共産党指導者毛沢東は三峡ダム洪水管理事業を促進するため長江を視察し、「社会主義三峡ダム事業は、始皇帝の万里の長城や煬帝の京杭大運河のような中国史上の大事業を上回るものでなければならない」と述べた。1931年中国大洪水 フレッシュアイペディアより)

  • 国家開発銀行

    国家開発銀行から見た三峡ダム三峡ダム

    1994年に、これまで政策融資と商業融資の二つの役割を担ってきた四大専業銀行、すなわち中国銀行、中国農業銀行、中国人民建設銀行(現;中国建設銀行)、中国工商銀行を商業銀行業務に特化させるため、これらから政策融資を移管させ、3つの新たな政策性銀行が新たに設立された。国家開発銀行(中国開銀)は、国家重点プロジェクトへ資金供給を目的として同年3月に設立された。初代行長陳元(1945年延安に生まれる)は、陳雲元党副主席の長男である。政策性銀行の商業化改革により、2008年12月7日に、株式制銀行に転換している。新会社は、国家開発銀行股份有限公司であり、登録資本は3000億元である。出資の内訳は、財政部が51.3パーセント、中央匯金公司が48.7パーセントである。創設以来10年間で、世界最大の水力発電ダムである三峡ダムプロジェクトをはじめとして、黄河・長江の開発や西部大開発、東北振興など国家的見地からインフラストラクチャー建設や基幹産業育成プロジェクト4000項目以上に投資した。資金は主に国際金融市場での債権発行によって調達する。2011年度の総資産額は6兆元(9910億ドル)であった。中国開銀は地方政府資金調達システムの資金源として中国の高い家計貯蓄性向による銀行貯金を活用するとともに、融資の返済や担保に土地使用権の値上がりを梃子に使うという手法を使うようになった。地方政府への資金の流れは急速な勢いで都市化を巻き起こし、数100万人もの人々が土地を明け渡し、農村を追われ都市に流入した。その結果、投資と生産性の急上昇により、中国のGDPは大きく伸び続けた。2008年までにはその資金調達システムは中国全土に広がり、折からの世界金融危機のときは、景気刺激策として投入された総額4兆元の大部分はこのシステムを通じて投資に使われた。すなわち中央政府が投入するのは、4兆元のうち、1兆1800億元に過ぎず、残りは国有銀行から資金供給するとされた。中国開銀が先頭となって、既に完成されていた上述のモデルを使い、中国経済を成長の軌道に再び戻した。国家開発銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 長江三峡下り

    長江三峡下りから見た三峡ダム三峡ダム

    ダムの建設による水質汚染の結果で、水性生物、特に絶滅地危惧種へ影響が危惧されていた。揚子江川イルカはすでに絶滅が宣言されているが、武漢では中国科学院・水生生物研究所で飼育が研究されてきて、三峡川下りの一環として見学もできた。長江三峡下り フレッシュアイペディアより)

  • 武漢水生生物研究所

    武漢水生生物研究所から見た三峡ダム三峡ダム

    最近は水環境の保護、漁業の持続性に重きを置いて研究し、季刊『水生生物学報』を発行している。三峡ダムの完成などにより環境が大幅に変化している、中国最長の川・長江の水中・水辺の動植物の研究にも重きを置いている。スナメリの保護にも力を入れていて、ヨウスコウカワイルカ(2009年絶滅宣言)の保護も行なってきた。武漢水生生物研究所 フレッシュアイペディアより)

  • エチゼンクラゲ

    エチゼンクラゲから見た三峡ダム三峡ダム

    大量発生の原因として、産卵地である黄海沿岸の開発進行による富栄養化、地球温暖化による海水温上昇、日本近海の沿岸開発による自然海岸の喪失でクラゲに適した環境になった、などの説が挙げられている。特に三峡ダムなどの開発が原因ではないかという仮説が立てられており、国立環境研究所などが検証を始めている。また、魚類の乱獲によって動物性プランクトンが余ってしまい、それをエサとするエチゼンクラゲが大量発生、さらにはエチゼンクラゲの高密度個体群によって魚の卵や稚魚が食害されて、さらに魚類が減るという悪循環のメカニズムになっているのではないかとの指摘がある。いずれも仮説の域を出ておらず、今後の研究の進展が待たれる。エチゼンクラゲ フレッシュアイペディアより)

  • 河川総合開発事業

    河川総合開発事業から見た三峡ダム三峡ダム

    戦後はソビエト連邦が五ヵ年計画に基づきドニエプル川・ボルガ川・エニセイ川等で大規模ダムを建設し洪水調節と水力発電を図り、中国においても孫文が提唱した長江総合開発を始め黄河・淮河等の主要河川において大規模ダム(三峡ダム・三門峡ダム等)が建設された。インドでは1947年よりダモダル川総合開発事業が行われている。エジプトにおいてはナイル川総合開発事業としてアスワン・ハイ・ダムが建設され、ナイル川下流の洪水調節と農地拡大を実現したが、反面ナイル・デルタの縮小や気候変動などの副作用が生じている。反面ヨーロッパ諸国においてはダム等による河川総合開発は治水達成度が各河川でほぼ100%になる等完成に向かい、ドナウ川では1万年に1度の洪水に対処できる治水計画が完成した。こうした治水計画の完成と環境への負荷が大きいとの理由からダム事業は行われなくなり、現在は自然に近い形での遊水池建設などを行っている。河川総合開発事業 フレッシュアイペディアより)

  • 閘門

    閘門から見た三峡ダム三峡ダム

    イングランドにおける有名な「本当の」階段形閘門にはビングリー (Bingley Five Rise Locks) のものがある。2段の階段形閘門はより一般に見られる。ドリッフィールドナビゲーション (Driffield Navigation) のスネークホルム閘門 (Snakeholme Lock) 、ストランチオン・ヒル閘門 (Struncheon Hill Lock) では、下流側の水位が低すぎて後扉室を通過する時に扉室の底が支えて船の航行を妨げたため、下流側に閘室を付け足して階段形閘門に改造された。中国で近年完成した三峡ダムには2つの5段の階段形閘門があり3,000トン以下の船を通すことができる。「外見上」の階段形閘門の例としては、グランド・ユニオン運河のレスター支線 (Leicester Branch) にある、フォクストン閘門 (Foxton Locks) とワトフォード閘門 (Watford Locks) などがある。閘門 フレッシュアイペディアより)

68件中 41 - 50件表示

「三峡ダム」のニューストピックワード