53件中 41 - 50件表示
  • 南水北調

    南水北調から見た三峡ダム三峡ダム

    南水北調(なんすいほくちょう、中:南水北調工程)は、中国南方地域の水を北方地域に送り慢性的な水不足を解消する構想(プロジェクト)の事。2002年12月27日、当時の首相朱鎔基によって着工を宣言された。第10次5カ年計画の一つで、総投資額は約5,000億元。規模、難度共に、三峡ダム工事を超える。西気東輸、西電東送、青蔵鉄道とともに、西部大開発の目玉プロジェクトとして位置づけられる。南水北調 フレッシュアイペディアより)

  • 国家開発銀行

    国家開発銀行から見た三峡ダム三峡ダム

    三峡ダム建設プロジェクト国家開発銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 6月1日

    6月1日から見た三峡ダム三峡ダム

    2003年 - 中華人民共和国が三峡ダムの湛水を開始。6月1日 フレッシュアイペディアより)

  • 工学

    工学から見た三峡ダム三峡ダム

    工学プロジェクトの中には論争となっているものもある。例えば、核兵器開発、三峡ダム建設、SUVの設計と使用、重油抽出などである。これに対して、企業の社会的責任について厳しい方針を設定している工学企業もある。工学 フレッシュアイペディアより)

  • 重慶市

    重慶市から見た三峡ダム三峡ダム

    中国の物流の大動脈である長江沿岸に栄えた重慶は古くから水運が発達していたが、三峡ダムの完成後は1万トン級の船舶も直接重慶まで航行することができるようになり、併せて整備される保税区との相乗効果で重慶港は内陸の国際コンテナターミナルとして大きな発展が見込まれている。重慶市 フレッシュアイペディアより)

  • 巡航ミサイル

    巡航ミサイルから見た三峡ダム三峡ダム

    雄風II型 (ミサイル):射程距離は1,000キロメートルで、上海や三峡ダム、香港、広州などの華南大都市が射程内に入る。巡航ミサイル フレッシュアイペディアより)

  • 京滬高速鉄道

    京滬高速鉄道から見た三峡ダム三峡ダム

    京滬高速鉄道は、国務院が作成した、「中長期鉄道網計画」における「四縦四横」の高速鉄道幹線網の中の、「縦」の一路線である。「四縦四横」計画の他路線は、それぞれ細かい区間ごとに名前が付けられ計画・工事が進められているため、中長期鉄道網計画の中でも、距離や投資の規模は最大の高速鉄道プロジェクトである。一時に開業する高速鉄道路線としては世界最長である。北京・上海といった二大都市を結ぶ重要性から、中国の高速鉄道でもごく初期から政府機関の間で構想・計画が出ていた。総投資額は2,209.4億元であり、西部大開発の「西電東送」「南水北調」「西気東輸」「青蔵鉄道」や三峡ダム建設といったプロジェクトと並ぶ、中国の超大型プロジェクトであり、投資額は中華人民共和国建国以来最大だといわれている。京滬高速鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 山形国際ドキュメンタリー映画祭

    山形国際ドキュメンタリー映画祭から見た三峡ダム三峡ダム

    2009年に完成予定の中国・三峡ダムに関するドキュメンタリー。山形国際ドキュメンタリー映画祭 フレッシュアイペディアより)

  • サカツラガン

    サカツラガンから見た三峡ダム三峡ダム

    開発による越冬地の破壊や狩猟などにより生息数は激減している。以前は長江中流域および下流域にも多数の個体が越冬していたが、現在では激減している。また三峡ダム建設による、現在の主な越冬地である鄱陽湖での環境の変化が懸念されている。日本にも東京湾(千葉県新浜)で約100羽の越冬群が確認されていたが、1950年以降は定期的に飛来する越冬地は確認されていない。1994年における生息数は50,000羽と推定されている。サカツラガン フレッシュアイペディアより)

  • BRICs

    BRICsから見た三峡ダム三峡ダム

    また、電力において近年は毎年 15 % 近く使用量が伸び続けており、電力不足が深刻化しつつある。エネルギー多消費産業の素材業種で投資・生産活動が拡大した事、経済発展に伴う家電製品普及率の上昇によるもので、今後もこの増加傾向は変わらないものと見られている。中国政府も三峡ダム建設などの対策は講じているものの、この電力不足が長く続くようであれば、成長の原動力となっている外国企業誘致にも支障をきたす事が懸念されている。BRICs フレッシュアイペディアより)

53件中 41 - 50件表示