1 2 3 4 5 次へ
48件中 41 - 48件表示
  • 三峡ダム

    三峡ダムから見た国立環境研究所

    また、2002年以降、エチゼンクラゲが日本沿岸で大量発生し漁業被害が深刻化しているが、その要因の1つが三峡ダムではないかという仮説が立てられている。日本の国立環境研究所などが検証を始めている。三峡ダム フレッシュアイペディアより)

  • 三峡ダム

    三峡ダムから見た窒素

    環境対策としては、三峡ダム地区(湖北省 - 重慶市)の汚水処理施設及びゴミ処理場の設置計画が2001年に了承され(建設費は国が負担)、建設、稼働している。しかし、人口3000万人を超える重慶など上流域での、工業・生活排水対策が不十分であるので、ダムが「巨大な汚水のため池」になっている。運営費は自治体負担のため、完成後稼働していない施設・処理場が多い。国家環境保護局が2005年に行った調査では、「7割がまったく未稼働か、時々しか稼働していない」状態にあったという。そのため、水の富栄養化に大きな影響を及ぼす窒素化合物やリンの除去処理を行っていない施設も多い。湖北省と重慶市は、対応策として施設運営費を「国8割、地方2割」とするよう求めている。三峡ダム フレッシュアイペディアより)

  • 三峡ダム

    三峡ダムから見た宜昌市

    三峡ダム(さんきょうダム)は中華人民共和国・長江中流域の三峡(重慶直轄市から湖北省宜昌市)一帯にある大型重力式コンクリートダムである。三峡ダム フレッシュアイペディアより)

  • 三峡ダム

    三峡ダムから見た火力発電

    貯水池は湖北省宜昌市街の上流に始まり、重慶市街の下流にいたる約660kmに渡り、下流域の洪水を抑制するとともに、長江の水運の大きな利便性をもたらす。加えて、水力発電所は中国の年間消費エネルギーの1割弱の発電能力を有し、電力不足の中国において重要な電力供給源となる。また、火力発電と比べ発電時のCO2発生も抑制することができる。しかしその一方で、建設過程における住民110万人の強制移転、三峡各地に残る名所旧跡の水没、更には水質汚染や生態系への悪影響等、ダム建設に伴う問題も指摘されている。三峡ダム フレッシュアイペディアより)

  • 三峡ダム

    三峡ダムから見た白帝城

    三峡は中国の10元紙幣にも描かれるほどの中国を代表する名勝であり、白帝城は孤島化、白鶴梁など貴重な歴史資料でもある史跡は水没の危機があった。文化財は合わせて1108点が水没の影響を受けると予想され、史跡としての価値に応じ移転または放棄の処置がとられた。白鶴梁は水没したが、2009年5月にそのまま博物館(白鶴梁水下博物館)として一般公開された。三峡ダム フレッシュアイペディアより)

  • 三峡ダム

    三峡ダムから見たエチゼンクラゲ

    また、2002年以降、エチゼンクラゲが日本沿岸で大量発生し漁業被害が深刻化しているが、その要因の1つが三峡ダムではないかという仮説が立てられている。日本の国立環境研究所などが検証を始めている。三峡ダム フレッシュアイペディアより)

  • 三峡ダム

    三峡ダムから見た大腸菌

    中国国家環境保護総局は、貯水開始後のダム地区の水質について、「大きな水質変化はない」との観測結果を発表している。だが、一部水域で、大腸菌群や人血吸虫、浮遊物による汚染が発生していることも明らかにしている。また大雨の後にダム湖に大量のゴミが堆積することが常態化している。三峡ダム フレッシュアイペディアより)

  • 三峡ダム

    三峡ダムから見た二酸化炭素

    貯水池は湖北省宜昌市街の上流に始まり、重慶市街の下流にいたる約660kmに渡り、下流域の洪水を抑制するとともに、長江の水運の大きな利便性をもたらす。加えて、水力発電所は中国の年間消費エネルギーの1割弱の発電能力を有し、電力不足の中国において重要な電力供給源となる。また、火力発電と比べ発電時のCO2発生も抑制することができる。しかしその一方で、建設過程における住民110万人の強制移転、三峡各地に残る名所旧跡の水没、更には水質汚染や生態系への悪影響等、ダム建設に伴う問題も指摘されている。三峡ダム フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 次へ
48件中 41 - 48件表示