66件中 11 - 20件表示
  • 三崎和雄

    三崎和雄から見た石田光洋

    2000年11月26日、茨城県土浦市で開催された全日本異種格闘技選手権の75kg以下の部に出場、決勝で石田光洋に勝利し、優勝を果たした。三崎和雄 フレッシュアイペディアより)

  • 三崎和雄

    三崎和雄から見た冨宅飛駈

    2001年5月5日、『ネオブラッド・トーナメント』予選でパンクラスデビュー。第2回タイタンファイト3位の芹沢健一に判定勝ち。7月29日の本戦では1回戦でパンクラスismの佐藤光留にチョークスリーパーで一本勝ちすると、そのまま準決勝の梁正基戦、決勝の長岡弘樹戦と勝ち上がり優勝を果たした。10月30日、「東京・横浜対抗戦」と銘打たれ行われたismとの5対5の対抗戦では先鋒出場。経験に勝る冨宅飛駈と対戦し、開始8秒右ストレートでKO勝ち。三崎和雄 フレッシュアイペディアより)

  • 三崎和雄

    三崎和雄から見た谷川貞治

    1月23日の記者会見の際、谷川貞治は『やれんのか!』サイドと三崎対秋山戦が二試合行われる約束があったと主張し、実行委員会に無断で他の団体のイベントに出ることを選手のモラル上遺憾であるとし、戦極参戦を決めた三崎を非難した。三崎和雄 フレッシュアイペディアより)

  • 三崎和雄

    三崎和雄から見た佐藤光留

    2001年5月5日、『ネオブラッド・トーナメント』予選でパンクラスデビュー。第2回タイタンファイト3位の芹沢健一に判定勝ち。7月29日の本戦では1回戦でパンクラスismの佐藤光留にチョークスリーパーで一本勝ちすると、そのまま準決勝の梁正基戦、決勝の長岡弘樹戦と勝ち上がり優勝を果たした。10月30日、「東京・横浜対抗戦」と銘打たれ行われたismとの5対5の対抗戦では先鋒出場。経験に勝る冨宅飛駈と対戦し、開始8秒右ストレートでKO勝ち。三崎和雄 フレッシュアイペディアより)

  • 三崎和雄

    三崎和雄から見たパウロ・フィリォ

    2006年11月5日、『PRIDE 武士道 -其の十三-』の準決勝で、パウロ・フィリォと対戦するも、テイクダウンからマウントポジションをとられ、脱出できずに1R終了間際に腕ひしぎ十字固めで一本負けを喫した。この試合で右肘の靭帯を痛めた。しかし、フィリォが三崎との試合で負った膝靭帯損傷のため決勝を辞退し、三崎が急遽決勝でデニス・カーンと対戦し、2-1で判定勝ち。優勝を果たした。三崎和雄 フレッシュアイペディアより)

  • 三崎和雄

    三崎和雄から見たローガン・クラーク

    2008年6月8日、戦極 〜第三陣〜でローガン・クラークと対戦し、判定勝ち。三崎和雄 フレッシュアイペディアより)

  • 三崎和雄

    三崎和雄から見た小路晃

    2011年4月22日、5年ぶりの参戦となったDEEPで小路晃と対戦し、TKO勝ちを収めた。三崎和雄 フレッシュアイペディアより)

  • 三崎和雄

    三崎和雄から見たネイサン・マーコート

    2002年3月25日、ネイサン・マーコートと対戦。しかし試合開始直後にスープレックスで投げられた際、左肘を脱臼してしまい、ドクターストップ負け。三崎和雄 フレッシュアイペディアより)

  • 三崎和雄

    三崎和雄から見たポール・デイリー

    2012年3月3日、4年ぶりの参戦となったStrikeforceでウェルター級に階級を落としポール・デイリーと対戦。3Rにはデイリーの肘で額を深くカットし、大流血に陥るも2-1の判定勝ちを収めた。三崎和雄 フレッシュアイペディアより)

  • 三崎和雄

    三崎和雄から見たフランク・トリッグ

    2007年2月24日、PRIDE.33でフランク・トリッグと対戦。トーナメント王者として初めての試合であったが、再三テイクダウンを奪われ、判定負けを喫した。三崎和雄 フレッシュアイペディアより)

66件中 11 - 20件表示