72件中 41 - 50件表示
  • 三崎和雄

    三崎和雄から見た戦極 〜第一陣〜

    2008年3月5日、戦極旗揚げ戦戦極 〜第一陣〜で修斗世界ライトヘビー級(-83kg)王者シアー・バハドゥルザダと対戦し、フロントチョークで一本勝ち。三崎和雄 フレッシュアイペディアより)

  • 三崎和雄

    三崎和雄から見たPRIDE.33

    2007年2月24日、PRIDE\.33でフランク・トリッグと対戦し、再三テイクダウンを奪われ、判定負けを喫した。三崎和雄 フレッシュアイペディアより)

  • 三崎和雄

    三崎和雄から見たPRIDE 武士道 -其の十一-

    2006年6月4日、PRIDE 武士道 -其の十一-のウェルター級グランプリ1回戦でフィル・バローニと対戦。打撃戦を制し、判定勝ち。8月26日、PRIDE 武士道 -其の十二-の2回戦でダン・ヘンダーソンと再戦。王者相手に攻め続け、日本人として初めてヘンダーソンに勝利した。三崎和雄 フレッシュアイペディアより)

  • 三崎和雄

    三崎和雄から見た土浦市

    2000年11月26日、茨城県土浦市で開催された全日本異種格闘技選手権の75kg以下の部に出場、決勝で石田光洋に勝利し、優勝を果たした。三崎和雄 フレッシュアイペディアより)

  • 三崎和雄

    三崎和雄から見たK-1 PREMIUM 2006 Dynamite!!

    2007年12月31日、「やれんのか! 大晦日! 2007」で、対戦を熱望していた秋山成勲と対戦する。秋山が2006年大晦日にK-1 PREMIUM 2006 Dynamite!!での桜庭和志との対戦で反則行為を行い無期限出場停止の処分を受ける(詳細は秋山成勲を参照)も、2007年10月28日に復帰試合を行ったことについて、「あの時に彼はたくさんの子供達と一緒に入場した。その試合で反則を犯し、子供達の心を傷つけたにもかかわらず、それに対して何の責任もとらずに再びリングに上がったことを見て、スポーツマンシップや武道精神のかけらもない人物なんだな、と感じた」と発言。さらにその復帰戦でデニス・カーンがKOで敗れたことに対し、「彼はまったく自分と違う人物であり、自分と彼が交わることはないと思っている」と発言しつつも「デニスが負けてしまい、このまま彼を泳がせておくわけにはいかないと思った」と、秋山との対戦を熱望し、大晦日の大舞台で対戦が決定する。三崎和雄 フレッシュアイペディアより)

  • 三崎和雄

    三崎和雄から見た腕ひしぎ十字固め

    2006年11月5日、PRIDE 武士道 -其の十三-の準決勝でパウロ・フィリオと対戦するも、テイクダウンからマウントポジションをとられ、脱出できずに1R終了間際に腕ひしぎ十字固めで一本負けを喫した。この試合で右肘の靭帯を痛めた。しかし、フィリオが三崎との試合で負った膝靭帯損傷のため決勝を棄権し、三崎が決勝でデニス・カーンと対戦し、2-1で判定勝ちを収め優勝を果たした。三崎和雄 フレッシュアイペディアより)

  • 三崎和雄

    三崎和雄から見た日本

    三崎 和雄(みさき かずお、1976年4月25日 - )は、日本の男性元総合格闘家。千葉県小見川町(現香取市)出身。KATORI DOJO主宰。柔道三段。ブラジリアン柔術黒帯。PRIDEウェルター級グランプリ2006王者。東京学館高等学校卒業。三崎和雄 フレッシュアイペディアより)

  • 三崎和雄

    三崎和雄から見た修斗

    2008年3月5日、戦極旗揚げ戦戦極 〜第一陣〜で修斗世界ライトヘビー級(-83kg)王者シアー・バハドゥルザダと対戦し、フロントチョークで一本勝ち。三崎和雄 フレッシュアイペディアより)

  • 三崎和雄

    三崎和雄から見たDEEP (格闘技団体)

    2011年4月22日、5年ぶりの参戦となったDEEPで引退する小路晃と再戦し、パウンドでTKO勝ちを収めた。三崎和雄 フレッシュアイペディアより)

  • 三崎和雄

    三崎和雄から見た戦極 Soul of Fight

    2010年12月30日、戦極 Soul of Fightでマイク・シールと対戦し、バックマウントパンチによるTKO勝ちを収めた。三崎和雄 フレッシュアイペディアより)

72件中 41 - 50件表示

「三崎和雄」のニューストピックワード