66件中 51 - 60件表示
  • 三崎和雄

    三崎和雄から見たK-1 PREMIUM 2006 Dynamite!!

    2007年12月31日、「やれんのか! 大晦日! 2007」で、対戦を熱望していた秋山成勲と対戦する。秋山が2006年大晦日にK-1 PREMIUM 2006 Dynamite!!での桜庭和志との対戦で反則行為を行い無期限出場停止の処分を受ける(詳細は秋山成勲を参照)も、2007年10月28日に復帰試合を行ったことについて、「あの時に彼はたくさんの子供達と一緒に入場した。その試合で反則を犯し、子供達の心を傷つけたにもかかわらず、それに対して何の責任もとらずに再びリングに上がったことを見て、スポーツマンシップや武道精神のかけらもない人物なんだな、と感じた」と発言。さらにその復帰戦でデニス・カーンがKOで敗れたことに対し、「彼はまったく自分と違う人物であり、自分と彼が交わることはないと思っている」と発言しつつも「デニスが負けてしまい、このまま彼を泳がせておくわけにはいかないと思った」と、秋山との対戦を熱望し、大晦日の大舞台で対戦が決定する。三崎和雄 フレッシュアイペディアより)

  • 三崎和雄

    三崎和雄から見た日本

    三崎 和雄(みさき かずお、男性、1976年4月25日 - )は、日本の元総合格闘家。千葉県小見川町(現香取市)出身。東京学館高等学校卒業。PRIDEウェルター級グランプリ2006王者。三崎和雄 フレッシュアイペディアより)

  • 三崎和雄

    三崎和雄から見た戦極 Soul of Fight

    2010年12月30日、戦極 Soul of Fightのセミファイナルでマイク・シールと対戦し、バックマウントパンチによるTKO勝ちを収めた。三崎和雄 フレッシュアイペディアより)

  • 三崎和雄

    三崎和雄から見た戦極 〜第三陣〜

    2008年6月8日、戦極 〜第三陣〜でローガン・クラークと対戦し、判定勝ち。三崎和雄 フレッシュアイペディアより)

  • 三崎和雄

    三崎和雄から見た無効試合

    2008年1月22日、秋山の両手両足がマットについている状態(4点ポジション)でフィニッシュとなったキックが行われたと判断され、ルールに抵触する禁止行為のためノーコンテストに裁定変更することを発表した。島田裕二ルールディレクターの「非常に判断が難しいが試合前のルール会議で『疑わしきは罰します』と通達していたことを考慮してノーコンテストにするべき」という意見を元に裁定されたもの。三崎和雄 フレッシュアイペディアより)

  • 三崎和雄

    三崎和雄から見た戦極の乱2009

    2009年1月4日、戦極の乱2009の戦極ミドル級チャンピオンシップでジョルジ・サンチアゴと対戦し、チョークスリーパーで一本負けを喫し、王座獲得に失敗した。三崎和雄 フレッシュアイペディアより)

  • 三崎和雄

    三崎和雄から見たPRIDE 武士道 -其の拾-

    2006年4月2日の『PRIDE 武士道 -其の拾-』で、前年のウェルター級GP王者ダン・ヘンダーソンに判定負け。三崎和雄 フレッシュアイペディアより)

  • 三崎和雄

    三崎和雄から見た東京学館高等学校

    三崎 和雄(みさき かずお、男性、1976年4月25日 - )は、日本の元総合格闘家。千葉県小見川町(現香取市)出身。東京学館高等学校卒業。PRIDEウェルター級グランプリ2006王者。三崎和雄 フレッシュアイペディアより)

  • 三崎和雄

    三崎和雄から見たタイタンファイト

    2001年5月5日、『ネオブラッド・トーナメント』予選でパンクラスデビュー。第2回タイタンファイト3位の芹沢健一に判定勝ち。7月29日の本戦では1回戦でパンクラスismの佐藤光留にチョークスリーパーで一本勝ちすると、そのまま準決勝の梁正基戦、決勝の長岡弘樹戦と勝ち上がり優勝を果たした。10月30日、「東京・横浜対抗戦」と銘打たれ行われたismとの5対5の対抗戦では先鋒出場。経験に勝る冨宅飛駈と対戦し、開始8秒右ストレートでKO勝ち。三崎和雄 フレッシュアイペディアより)

  • 三崎和雄

    三崎和雄から見た香取市

    三崎 和雄(みさき かずお、男性、1976年4月25日 - )は、日本の元総合格闘家。千葉県小見川町(現香取市)出身。東京学館高等学校卒業。PRIDEウェルター級グランプリ2006王者。三崎和雄 フレッシュアイペディアより)

66件中 51 - 60件表示