72件中 61 - 70件表示
  • 三崎和雄

    三崎和雄から見た東京学館高等学校

    三崎 和雄(みさき かずお、1976年4月25日 - )は、日本の男性元総合格闘家。千葉県小見川町(現香取市)出身。KATORI DOJO主宰。柔道三段。ブラジリアン柔術黒帯。PRIDEウェルター級グランプリ2006王者。東京学館高等学校卒業。三崎和雄 フレッシュアイペディアより)

  • 三崎和雄

    三崎和雄から見たSRC14

    2010年8月22日、SRC14のSRCミドル級チャンピオンシップでジョルジ・サンチアゴと再戦し、5R残り30秒というところでパウンドによるタオル投入によりTKO負けを喫し王座獲得に失敗した。三崎和雄 フレッシュアイペディアより)

  • 三崎和雄

    三崎和雄から見たタイタンファイト

    2001年5月5日、ネオブラッド・トーナメント予選でパンクラスデビュー。第2回タイタンファイト3位の芹沢健一に判定勝ち。7月29日の本戦では1回戦で佐藤光留にチョークスリーパーで一本勝ちすると、そのまま準決勝の梁正基戦、決勝の長岡弘樹戦と勝ち上がり優勝を果たした。10月30日、「東京・横浜対抗戦」と銘打たれ行われたismとの5対5の対抗戦では先鋒出場。経験に勝る冨宅飛駈と対戦し、開始8秒右ストレートでKO勝ち。三崎和雄 フレッシュアイペディアより)

  • 三崎和雄

    三崎和雄から見た香取市

    三崎 和雄(みさき かずお、1976年4月25日 - )は、日本の男性元総合格闘家。千葉県小見川町(現香取市)出身。KATORI DOJO主宰。柔道三段。ブラジリアン柔術黒帯。PRIDEウェルター級グランプリ2006王者。東京学館高等学校卒業。三崎和雄 フレッシュアイペディアより)

  • 三崎和雄

    三崎和雄から見たPRIDE 武士道 -其の八-

    2005年7月17日、PRIDE 武士道 -其の八-でダニエル・アカーシオと対戦し、判定負け。同年開催のウェルター級グランプリ出場を逃した。三崎和雄 フレッシュアイペディアより)

  • 三崎和雄

    三崎和雄から見たStrikeforce

    2008年9月20日、初参戦となったStrikeforceでジョー・リッグスと対戦。2Rに左ストレートでダウンするも、直後に右ストレートでダウンさせパウンドでTKO勝ち。三崎和雄 フレッシュアイペディアより)

  • 三崎和雄

    三崎和雄から見た戦極 〜第九陣〜

    2009年8月2日、戦極 〜第九陣〜で中村和裕と対戦し、フロントチョークで一本勝ちを収めた。この試合は戦極ミドル級チャンピオンシップ挑戦者決定戦として当初発表されていたが、有罪判決を受けたことで8月3日以降の無期限出場停止および当試合のファイトマネーを全額没収という処分が下されたため、勝利を収めたものの王座挑戦権は与えられなかった。三崎和雄 フレッシュアイペディアより)

  • 三崎和雄

    三崎和雄から見たGRABAKA

    中学、高校と柔道を学び、高校卒業後、総合格闘家を目指し香取道場にてキックボクシングを習う。その後菊田早苗と出会い、菊田の率いる「GRABAKA」に入団した。三崎和雄 フレッシュアイペディアより)

  • 三崎和雄

    三崎和雄から見たPRIDE 武士道 -其の十二-

    2006年6月4日、PRIDE 武士道 -其の十一-のウェルター級グランプリ1回戦でフィル・バローニと対戦。打撃戦を制し、判定勝ち。8月26日、PRIDE 武士道 -其の十二-の2回戦でダン・ヘンダーソンと再戦。王者相手に攻め続け、日本人として初めてヘンダーソンに勝利した。三崎和雄 フレッシュアイペディアより)

  • 三崎和雄

    三崎和雄から見た千葉県

    三崎 和雄(みさき かずお、1976年4月25日 - )は、日本の男性元総合格闘家。千葉県小見川町(現香取市)出身。KATORI DOJO主宰。柔道三段。ブラジリアン柔術黒帯。PRIDEウェルター級グランプリ2006王者。東京学館高等学校卒業。三崎和雄 フレッシュアイペディアより)

72件中 61 - 70件表示

「三崎和雄」のニューストピックワード