69件中 31 - 40件表示
  • 2009年最高裁判所裁判官国民審査

    2009年最高裁判所裁判官国民審査から見た三木谷浩史三木谷浩史

    国民審査の直前には『「一人一票」の実現のために最高裁裁判官に対する国民審査権を行使しよう!』との全面意見広告が主要新聞紙朝刊に掲載された。那須弘平と涌井紀夫が2007年最高裁判決において定数不均衡を合憲と判断したことを特に取り上げ、「一票の不平等に反対のあなたは、(中略)2人の裁判官に反対の×印を付ける国民審査権を持っています」とする。この意見広告を出した団体は「一人一票実現国民会議」であり、その発起人のなかに、櫻井よしこ、広中平祐、堀田力、宮内義彦、三木谷浩史、伊藤真、鷲尾悦也、長嶋一茂といった著名人に並び、泉徳治元最高裁判所裁判官の名前があったことが注目されている。2009年最高裁判所裁判官国民審査 フレッシュアイペディアより)

  • 島田亨

    島田亨から見た三木谷浩史三木谷浩史

    三木谷浩史が楽天本社の経営業務に専心するため、2008年1月1日付けで球団役員としては会長職に退き、その後任として島田自身が球団社長兼務で球団オーナーに就任した。島田亨 フレッシュアイペディアより)

  • コボ

    コボから見た三木谷浩史三木谷浩史

    2012年7月19日、「Kobo Touch」の発売と同時に開設した「koboイーブックストア」だが、サービス開始から不具合が多発した。その結果として同社の口コミサイトに不満のレビューが多く書き込まれたために、特例としてレビューを閉鎖した(ただし特設サイトの賞賛のコメントについては閉鎖なし)。レビューは内容を選んで掲載する処置をとると発表した。「充電できない不具合」、「充電できても楽天のサイトに接続してアクティベートできない不具合」、「Kobo Desktopがインストールできない不具合」、「Kobo Desktopがインストールできても楽天会員としてログインができない不具合」、「PCと同期できない不具合」、「自炊したデータを日本語認識できず英語のみ表示される不具合」などの発売後の不具合があった。それに加え、後述する日本語書籍の目標数と実際の点数がかけ離れていることも批判を招いた。なお、楽天の三木谷浩史社長はインタビューにおいて、これらの不具合は同年7月27日の時点で全て修正されたと語っている。また、koboイーブックストアの検索機能にバグが多く、非常に使いづらいことも指摘され続けており、同年8月2日付『日経産業新聞』電子版では小柳健彦編集委員に「β(ベータ)版よりかなり手前の段階にあるといわざるをえない。この状態で本番商用稼働させた楽天の勇気には驚くほかない。」と酷評されている。コボ フレッシュアイペディアより)

  • 石川遼スペシャル RESPECT 〜ゴルフを愛する人々へ〜

    石川遼スペシャル RESPECT 〜ゴルフを愛する人々へ〜から見た三木谷浩史三木谷浩史

    2010年11月14日〜12月5日 - 渡辺喜美(国会議員)、三木谷浩史(実業家)石川遼スペシャル RESPECT 〜ゴルフを愛する人々へ〜 フレッシュアイペディアより)

  • 三木谷良一

    三木谷良一から見た三木谷浩史三木谷浩史

    3人の子は、長男が東京大学のバイオ研究者、次男は「楽天」の創業者で実業家の三木谷浩史、長女は医師。三木谷良一 フレッシュアイペディアより)

  • 藤田晋

    藤田晋から見た三木谷浩史三木谷浩史

    藤田 晋(ふじた すすむ、1973年5月16日 - )は、日本の実業家。株式会社サイバーエージェント代表取締役社長。ほぼ同時期の起業で成功を収めたライブドアの堀江貴文や楽天の三木谷浩史と並ぶいわゆる『ヒルズ族』の筆頭格として語られてもきた。藤田晋 フレッシュアイペディアより)

  • プロ野球再編問題 (2004年)

    プロ野球再編問題 (2004年)から見た三木谷浩史三木谷浩史

    本拠地は同社の創業者で社長の三木谷浩史の出身地である兵庫県に置き、ヤフーBBスタジアムをフランチャイズにすること、地方主催は岡山県倉敷市の倉敷マスカットスタジアムなどを用いること、近鉄・オリックス両球団の合併後発足する新生オリックスの保有枠から漏れた選手らを中心に結成することなどを具体的に挙げており、またインターネット通販などを使ったグッズの直販などファン拡大にプラス作用することが考えられるといわれている。プロ野球再編問題 (2004年) フレッシュアイペディアより)

  • 小坂憲次

    小坂憲次から見た三木谷浩史三木谷浩史

    アマチュア無線家としても知られている。また楽天社長・三木谷浩史とは親交が深い。小坂憲次 フレッシュアイペディアより)

  • さとう 宗幸

    さとう宗幸から見た三木谷浩史三木谷浩史

    東北楽天ゴールデンイーグルスの名誉ファンクラブ会員(会員No.4)として、創立1年目は応援歌「夢のつばさ」(作詞:さとう宗幸、作曲:元WANDSの木村真也、編曲:葉山たけし)も制作・発売するなど活動したが、田尾安志監督の1年での解任に激怒。「1年で何が分かるのか?」と独善的な発言が目立った三木谷浩史オーナーの態度に失望してファンクラブも脱退。楽天と決別を宣言した。なお、2006年(平成18年)3月28日の楽天-オリックス戦(ホーム開幕戦)で国歌独唱をしたり、2007年(平成19年)には「OH!バンデス」の企画で楽天の寮と2軍練習場を訪れ、選手を激励をするなど、楽天イーグルスの一ファンとしては変わらず応援している。さとう宗幸 フレッシュアイペディアより)

  • 兵庫県立明石公園第一野球場

    兵庫県立明石公園第一野球場から見た三木谷浩史三木谷浩史

    開場以来、全国高等学校野球選手権兵庫大会や全国高等学校軟式野球選手権大会本大会などアマチュア野球の公式戦などが行われている他、プロ野球のオープン戦などが行われている。近年は宮城県を本拠地としている東北楽天ゴールデンイーグルス主管の試合(東北地方の気候条件と、楽天社長の三木谷浩史が兵庫県出身であるため)を年1回程度開催している。兵庫県立明石公園第一野球場 フレッシュアイペディアより)

69件中 31 - 40件表示

「三木谷浩史」のニューストピックワード

  • Touch Bar(タッチバー)

  • (中国を)意図的に挑発する手段だった

  • 台湾問題は米中関係の中で常に最も重要で、最もデリケートな問題だ