99件中 41 - 50件表示
  • さとう宗幸

    さとう宗幸から見た三木谷浩史三木谷浩史

    東北楽天ゴールデンイーグルスの名誉ファンクラブ会員(会員No.4)として、創立1年目は応援歌「夢のつばさ」(作詞:さとう宗幸、作曲:元WANDSの木村真也、編曲:葉山たけし)も制作・発売するなど活動したが、田尾安志監督の1年での解任に激怒。「1年で何が分かるのか?」と独善的な発言が目立った三木谷浩史オーナーの態度に失望して名誉ファンクラブ会員を退会した。しかし、2006年(平成18年)3月28日の楽天-オリックス戦(ホーム開幕戦)で国歌独唱を担当したり、、2007年(平成19年)には「OH!バンデス」の企画で楽天の寮と2軍練習場を訪れ、選手を激励をするなど、楽天イーグルスの一ファンとしては変わらず応援している。2013年9月の楽天初優勝に際しては、喜びの言葉がマスコミで報じられている。同年の日本シリーズ第1戦では、試合開始前の国歌斉唱を担当し、「ファン冥利に尽きる」とコメントした。さとう宗幸 フレッシュアイペディアより)

  • 福武總一郎

    福武總一郎から見た三木谷浩史三木谷浩史

    2014年6月、原田泳幸に後事を託し、最高顧問に退いた。同年、フォーブスフォーブスの選ぶアジアの慈善事業家として日本人では3人、楽天の三木谷浩史及びVPLの花沢菊香とともに選ばれる。福武總一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 久保利英明

    久保利英明から見た三木谷浩史三木谷浩史

    三木谷浩史 - 楽天株式会社会長兼社長久保利英明 フレッシュアイペディアより)

  • 構造改革特別区域

    構造改革特別区域から見た三木谷浩史三木谷浩史

    なお、特区で行われた規制の全国展開にあたっては、総理大臣を本部長とする構造改革特区本部に下に設けられた評価委員会が、各規制所管省庁との議論を経て、内閣総理大臣に意見を提出する。初代評価委員長は、八代尚宏国際キリスト教大学客員教授。その他の委員には、白石真澄東洋大学助教授、市川眞一クレディ・スイス証券チーフ・ストラテジストなどがいた。なお、当初は、三木谷浩史楽天会長や、野中ともよ三洋電機会長、北川正恭早稲田大学大学院教授も委員を務めていた。例としては、認可第1号となった群馬県太田市(清水聖義市長)の外国語教育特区などがある。これは小学校から高校まで国語などを除き、すべて英語で授業を行うという構想である。構造改革特別区域 フレッシュアイペディアより)

  • 松尾泰一

    松尾泰一から見た三木谷浩史三木谷浩史

    楽天の三木谷浩史とは1997年と比較的早い時期に出会っている。松尾が楽天市場に出店したいと考えて楽天を訪問したときに、三木谷が直接相手をしたためである。松尾泰一 フレッシュアイペディアより)

  • 花輪俊哉

    花輪俊哉から見た三木谷浩史三木谷浩史

    小川英治一橋大名誉教授や小西大一橋大教授、三隅隆司一橋大教授、楽天の三木谷浩史社長は花輪ゼミ出身。花輪俊哉 フレッシュアイペディアより)

  • 官製不況

    官製不況から見た三木谷浩史三木谷浩史

    こういったことを受けて、舛添要一厚生労働大臣は検討会を開き、対策を協議することになった。検討会には楽天の三木谷浩史会長をはじめとする反対派も出席したが、結論は得られていない。官製不況 フレッシュアイペディアより)

  • 長野オリンピックスタジアム

    長野オリンピックスタジアムから見た三木谷浩史三木谷浩史

    この際、フランチャイズとしては、同社代表である三木谷浩史の出身地である兵庫県(神戸市=ヤフーBBスタジアム)を候補に挙げていたが、9月18日には楽天の役員を通じて長野市長・鷲澤正一に長野オリンピックスタジアムを本拠地にすることについて打診があったことが判明した。 これを受けて鷲澤や当時の長野県知事・田中康夫は「楽天側からの希望があれば支援したい」と表明している。打診内容は本拠地か、もしくは年間数カードを開催する準本拠地としてのものだったとされる。22日には鷲澤と田中が長野市役所内で協議し、県と市が協力して誘致活動を行っていく方針を確認した。長野オリンピックスタジアム フレッシュアイペディアより)

  • ヴァンフォーレ甲府経営危機問題

    ヴァンフォーレ甲府経営危機問題から見た三木谷浩史三木谷浩史

    ヴィッセル神戸:ダイエーの撤退などにより経営が悪化し、2003年に運営会社の「株式会社ヴィッセル神戸」が破綻。その後楽天の代表である三木谷浩史の関連会社「クリムゾングループ」が経営権を取得し、「株式会社クリムゾンフットボールクラブ」へ移管。ヴァンフォーレ甲府経営危機問題 フレッシュアイペディアより)

  • 上垣内猛

    上垣内猛から見た三木谷浩史三木谷浩史

    2012年から西友に移り、執行役員シニア・バイス・プレジデントとして、店舗運営本部、お客様相談室及びアセット・プロテクションを担当。2015年西友最高経営責任者(CEO)及びウォルマート・ジャパン・ホールディングス合同会社最高経営責任者就任。2016年日本スーパーマーケット協会理事。2017年から若菜代表取締役社長兼務。不採算店の整理やネットスーパー事業の強化を進め、2018年には、楽天とウォルマートの提携がなされ、三木谷浩史楽天会長らと開いた会見で、「楽天の会員スケールと技術とスピードに期待している」とした。上垣内猛 フレッシュアイペディアより)

99件中 41 - 50件表示

「三木谷浩史」のニューストピックワード