89件中 71 - 80件表示
  • 三木谷浩史

    三木谷浩史から見た経営大学院

    兵庫県神戸市出身。1983年兵庫県立明石高等学校を卒業、1988年一橋大学商学部を卒業し、日本興業銀行(現みずほコーポレート銀行)に入行。1993年にハーバード大学経営大学院を修了しMBAを取得、そして帰国。三木谷浩史 フレッシュアイペディアより)

  • 三木谷浩史

    三木谷浩史から見た第2次安倍内閣

    1月 内閣日本経済再生本部産業競争力会議メンバー(第2次安倍内閣三木谷浩史 フレッシュアイペディアより)

  • 三木谷浩史

    三木谷浩史から見た神戸セミナー

    高校時代はテニスのジュニア関西ベスト16。学校法人予備校神戸セミナー村上塾に在籍。高校卒業後は1年間の浪人生活を送った。三木谷浩史 フレッシュアイペディアより)

  • 三木谷浩史

    三木谷浩史から見た兵庫県立明石高等学校

    兵庫県神戸市出身。1983年兵庫県立明石高等学校を卒業、1988年一橋大学商学部を卒業し、日本興業銀行(現みずほコーポレート銀行)に入行。1993年にハーバード大学経営大学院を修了しMBAを取得、そして帰国。三木谷浩史 フレッシュアイペディアより)

  • 三木谷浩史

    三木谷浩史から見た博士 (農学)

    父は経済学者の三木谷良一(神戸大学名誉教授、元イェール大学客員教授、元日本金融学会会長)。母・節子は戦前に小学校時代をニューヨークで過ごした帰国子女で、神戸大学卒業後兼松江商に入社したキャリアウーマンの走り。3人兄弟で、姉・育子(現姓・松井)は医師(大阪大学医学博士)、兄・研一はバイオ研究者の大学教授(東京大学博士 \(農学\))。祖父は一橋大学を卒業して三菱商事に入社した商社マン。三木谷浩史 フレッシュアイペディアより)

  • 三木谷浩史

    三木谷浩史から見たノイローゼ

    その後、スパルタ教育のためノイローゼにかかり、2年生の6月に退学、実家に戻り近所の朝霧中学校へ転校する。三木谷浩史 フレッシュアイペディアより)

  • 三木谷浩史

    三木谷浩史から見たJリーグ

    新経済連盟代表理事、東北楽天ゴールデンイーグルス会長兼球団オーナー、Jリーグヴィッセル神戸オーナー、東京フィルハーモニー交響楽団理事長、楽天証券ホールディングス会長、フュージョン・コミュニケーションズ会長、ビットワレット会長等も務める。三木谷浩史 フレッシュアイペディアより)

  • 三木谷浩史

    三木谷浩史から見た博士 (医学)

    父は経済学者の三木谷良一(神戸大学名誉教授、元イェール大学客員教授、元日本金融学会会長)。母・節子は戦前に小学校時代をニューヨークで過ごした帰国子女で、神戸大学卒業後兼松江商に入社したキャリアウーマンの走り。3人兄弟で、姉・育子(現姓・松井)は医師(大阪大学医学博士)、兄・研一はバイオ研究者の大学教授(東京大学博士 (農学))。祖父は一橋大学を卒業して三菱商事に入社した商社マン。三木谷浩史 フレッシュアイペディアより)

  • 三木谷浩史

    三木谷浩史から見た株式買取請求権

    楽天が東京放送を実質的に買収しようとした問題については、三木谷はあくまでも株式買い増しを進め、自身のTBS役員就任を求める姿勢を崩していなかった。既にプロ野球団を保有している楽天がTBSを実質買収した場合、TBSがオーナーとなっている横浜ベイスターズをどうするかという問題が生じるが、三木谷は「その場合はTBSに横浜球団を売却させる」という姿勢を示していた。結局は東京放送が買収不可能な放送持株会社(あわせて東京放送ホールディングスに商号変更)に移行したために、楽天は「反対株主の株式買取請求権」を行使して全株式を売却することで決着している。三木谷浩史 フレッシュアイペディアより)

  • 三木谷浩史

    三木谷浩史から見た放送持株会社

    楽天が東京放送を実質的に買収しようとした問題については、三木谷はあくまでも株式買い増しを進め、自身のTBS役員就任を求める姿勢を崩していなかった。既にプロ野球団を保有している楽天がTBSを実質買収した場合、TBSがオーナーとなっている横浜ベイスターズをどうするかという問題が生じるが、三木谷は「その場合はTBSに横浜球団を売却させる」という姿勢を示していた。結局は東京放送が買収不可能な放送持株会社(あわせて東京放送ホールディングスに商号変更)に移行したために、楽天は「反対株主の株式買取請求権」を行使して全株式を売却することで決着している。三木谷浩史 フレッシュアイペディアより)

89件中 71 - 80件表示

「三木谷浩史」のニューストピックワード

  • Touch Bar(タッチバー)

  • (中国を)意図的に挑発する手段だった

  • 台湾問題は米中関係の中で常に最も重要で、最もデリケートな問題だ