158件中 111 - 120件表示
  • バトルロボット烈伝

    バトルロボット烈伝から見た三枝成彰三枝成彰

    機動戦士ガンダム 逆襲のシャア - MAIN TITLE(作曲:三枝成彰) - SWAN(作曲:三枝成彰)バトルロボット烈伝 フレッシュアイペディアより)

  • NNNきょうの出来事

    NNNきょうの出来事から見た三枝成彰三枝成彰

    作曲:三枝成章、演奏:カシオペアNNNきょうの出来事 フレッシュアイペディアより)

  • チェロ協奏曲

    チェロ協奏曲から見た三枝成彰三枝成彰

    1942年 三枝成彰 - チェロ協奏曲 「王の挽歌」(1993)チェロ協奏曲 フレッシュアイペディアより)

  • こきりこ節

    こきりこ節から見た三枝成彰三枝成彰

    それから8年後の1981年(昭和56年)12月に、『こきりこの歌』と改題、「編曲:三枝成章(現在の三枝成彰)」、「歌:原田直之」バージョンでリメイクされた。この原田版は伊藤版よりも、ややテンポがスローになっている。こきりこ節 フレッシュアイペディアより)

  • 池辺晋一郎

    池辺晋一郎から見た三枝成彰三枝成彰

    幼少期は体が弱く、家にあったピアノで独学していた。1963年、東京都立新宿高等学校卒業。1967年、東京芸術大学音楽学部作曲科卒業。1971年、同大学院修了。中学・高校時代には、クラリネットを吹いていた経験もある。高校で合唱をしていた際、池田明良、そして3年次には宇野功芳(音楽評論家)が講師をしていた。大学では池内友次郎、矢代秋雄、三善晃、島岡譲に師事する。大学で1年先輩の三枝成彰と親交があり、共に当時の若手作曲家のホープとみなされていた。在学中に書いた室内楽曲「クレパ七章」で注目され、武満徹の目に留まり、一時期映画音楽のアシスタントを務めた。10曲の交響曲をはじめとする演奏会用作品の他、黒澤明や今村昌平の監督作品をはじめとする映画音楽、校歌、NHK大河ドラマやアニメ『未来少年コナン』などのテレビ番組の音楽も多く手がけている。音楽家として海外留学の経験がない世代の最初として、野田暉行らと並び称される。池辺晋一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木寛

    鈴木寛から見た三枝成彰三枝成彰

    なおこの選挙では、鈴木は三木谷浩史、藤田晋、田中良和など経済人、大前研一、三枝成彰、河村隆一など著名人、岡田武史、古田敦也、大野忍などアスリートの応援を受けてインターネット選挙を展開したが、民主党への逆風に加え、鈴木が民主党公認を得たのに対し、同じ民主党現職であった大河原雅子を菅直人が支持し「分裂選挙」となったことも影響し、次点で落選した。鈴木寛 フレッシュアイペディアより)

  • エフエム石川

    エフエム石川から見た三枝成彰三枝成彰

    三枝成彰「クラシックは怖くない」(日曜 9:30 - 9:55)三枝成彰エフエム石川 フレッシュアイペディアより)

  • 花の乱

    花の乱から見た三枝成彰三枝成彰

    それまでの大河ドラマは、冒頭から迫力ある音ではじまるテーマ音楽が一般的であったが、三枝成彰が作曲したこの作品のテーマ音楽は、静かにピアノの独奏から入り、次第に弦楽器が重なってラストにかけて盛り上がっていく、というものであった。また同時期には都はるみがこの楽曲に歌詞をつけた曲(作詞は、なかにし礼)を歌謡曲調にアレンジしたシングル「花の乱」をリリースしている。また後年、三枝は現代邦楽研究所からの委嘱を受ける形で、同曲の邦楽アレンジ版を発表している。花の乱 フレッシュアイペディアより)

  • ベースボールLive

    ベースボールLiveから見た三枝成彰三枝成彰

    オープニングテーマ曲は、東京12チャンネル時代から1983年頃までは、同局スポーツ中継共通テーマ曲として『Purple Pageant March』(紫のページェント行進曲)を使用。1984年頃から1994年頃までは、三枝成彰作曲の同局スポーツ中継共通テーマ曲『Let's try "0012"』が使用された。ベースボールLive フレッシュアイペディアより)

  • 鳴瀬喜博

    鳴瀬喜博から見た三枝成彰三枝成彰

    成蹊大学に進学した後の1971年、プロとしての音楽活動を開始する。レコードデビュー前のカルメン・マキ&OZなど幾つかのバンドを経て、バッドシーンに加入して一枚のシングル・レコードを残す。そしてバッドシーンに一緒に居た当時まだ高校生のcharたちとスモーキー・メディスンを結成して数ヶ月間ライブ活動していたもののバンド名義でのレコードデビューまでには至らなかった。その後、スモーキー・メディスンに居た金子マリらとソウルやファンクに傾倒したロックバンドの金子マリ&バックスバニーを結成。1976年にアルバムデビューを果たして、1970年代後半に合計4枚のアルバムを残す。この頃、スタジオ・ミュージシャンとしても活動しだすようになり、1977年には三枝成彰(当時・三枝成章)、その弟子であった堀井勝美らとも出会う。また同年、日本楽器製造(ヤマハ)東京支店主催のアマチュア・バンド・コンテスト「EastWest'77」準決勝大会に審査員として参加した際、出場バンドのカシオペアと初遭遇。鳴瀬はカシオペアを絶賛し、コンテストであるにもかかわらず彼らにアンコールを求めたエピソードは有名な話である。この頃、日本のロックシーンにも沸き立ったフュージョンに興味が惹かれて、金子マリ&バックスバニーと併行してインスト音楽を主体としたリーダー・ライブ“びっくりセッション”でソロ活動も開始(なお、この名義のライブには先述のバンド・コンテストで見付けたデビュー前のカシオペアから野呂一生がレギュラー参加している)。同時期、ギタリストの山岸潤史グループにも参加するなどフュージョンに傾倒していくことになった。鳴瀬喜博 フレッシュアイペディアより)

158件中 111 - 120件表示

「三枝成彰」のニューストピックワード